先日、新聞に写真家鬼海弘雄の死亡記事が載っていました。

鬼海は山形県生まれ。高校を卒業後、山形県職員となりますが、一年で退職し上京。法政大に入り哲学を専攻します。大学卒業後、トラックの運転手や遠洋マグロ漁船などさまざまな職場で働きながら写真を撮り始めます。

浅草寺を舞台に、無名の人々を数十年間撮ってきました。カメラ片手に朝から日没まで境内に立ち、写真家の感性に何かをを感じさせる人物が通るのを待ち、シャッターを切り続けてきました。その数ざっと1000人。そこから166人をピックアップして「PERSON A」というタイトルで2003年に写真集が発行されました。

性別も職業もバラバラの人々のポートレイトが並んでいます。たった一枚の写真から、その人生や暮らしの匂いが感じられる作品集でした。初めてこの写真集を見たときは、おっ!凄いものが出たと驚きました。その後も、彼は市井の人々の内面を浮き彫りにするようなモノクロ写真を撮り続けました。

この人は、文章も素敵です。今、店には「誰をも少し好きになる日」(文藝春秋/古書1500円)、「靴底の減り方」(筑摩書房/古書1300円)、「目と風の記憶」(岩波書店/古書1800円)の3冊のフォト&エッセイ集があります。

写真家らしい観察眼で一人の男性を描いた「スティーブ・マックィーンの佇む路地裏」(「靴底の減り方」に収録)。完全に少女趣味溢れる服装で帽子を被っているので判別できないが、年配の男性らしい人を電車内で見つけ、興味を惹かれたエッセイです。(マックィーンは最後にちょっと登場)

「すべてが『少女趣味』で横溢している。それなのに、深く被った毛糸の帽子からはみ出した髪には白髪が混じっていた。リズムを刻む手の甲には幾つかのシミがあり、年配の人だと教えていた。

あまりにも完全な少女趣味に準じているので、まったく顔を見ていないのだが、きっと女の人ではなく年配の男の人に違いないと確信した。」

車内でなければ、きっとカメラを向けていたはずです。「ますます均一化が進む世の中で、謂れのない不当な扱いを受けていなければいいのだが、と人ごとながら思った。」と書いています。

人を見つめるのが大好きで、それを自分の芸術にした写真家だったと思います。10月19日リンパ腫のため死去、75歳でした。

 

★町田尚子さんのおなじみ猫のチャリティーカレンダーを、販売しています。価格は550円(税込)。今年のテーマは日本映画です。なお、カレンダーの売り上げの一部は動物愛護活動の寄付になります。

★ARKの犬猫カレンダーも販売中!(大・1000円 小・800円 税込)こちらは売り上げをARKに寄付いたします。

 

 

 

 

鬼海弘雄という写真家をご存知だろうか。TV番組「情熱大陸」に登場されたので、知ってる方も多いかもしれません。1973年から30年間、浅草で人物写真を撮り続けています。被写体となるのは、そこで初めて出会った無名の人々。声をかけて、浅草寺の朱塗りの塀の前で写真を撮っています。

そのポートレイトも面白いのですが、「東京夢譚」(草思社/古書3300円)がオススメです。

「気ままに東京の風景を撮っている。その日の行き先は、何となく駅まで歩きながら決めることが多い。ただ漫然とひとの住む場所としての町、暮らすひとびとの日々の営為の影や匂いをとおして『場所の肖像』のようなものを撮れないものかと、続けている。訪ねる町はとりあえず何処でもいいわけだ。」

と、この本に書かれてます。全く人影のいない街角、古くから住んでいる匂いのする古びたアパート、木造平屋のタバコ屋、静まり返った住宅街等々。まさしく「場所の肖像」という作品であふれています。寂しさ、孤独といった感傷と同時に、そこに生きる人たちの息遣いやありふれた生活のワンシーンを想像させてくれます。どんな喜びと悲しみを抱えて生きているんだろうと写真を凝視してしまいました。

エッセイも巧みで、店には、「誰をも少し好きになる日」(文藝春秋/古書1500円)、「眼と風の記憶」(岩波書店/古書1800円)、「靴底の減りかた」(筑摩書房/1300円)の3冊があります。どの著書もエッセイと写真を組み合わせてあります。

「誰をも少し好きになる日」最後に収録されている「一番多く写真を撮らせてもらったひと」は、浅草で毎日服を着替えて街角に立っている老女が主人公です。元々は、街角で男を引っ掛ける通称「たちんぼ」をしていたお姐さんです。何処に住んでいるのかもわからない彼女を、愛情を込めてシャッターを切ります。彼女を捉えた作品が10枚載っています。ある日、そのお姐さん死去の報が届きます。

「最後に会った十一月の三十日には、脱いだ靴を枕に地べたに横になって眠り込んでいた。肩を揺すってカイロがわりにと熱いコーヒーを二本渡した。

ホームレスだったのかもしれません。でも、彼女がいつもいた場所には、花束が数多く置かれていました。名前も住まいもわからない女性でしたが、この町は見捨てなかったのです。

「周りの人たちはお姐さんを排除もせずに見守っていた様だ。やはり浅草には他人の哀しみを自分の哀しみとして感受する自然なぬくもりが、まだ伝統としてのこっているのだろう」

そんな文章の横に、2013年3月12日に撮られた彼女のポートレイトが配置されています。いい写真です。