和田誠は1959年から68年までの9年間、デザイン会社ライト・パブリシティに勤務していました。タウン誌の老舗「銀座百点」編集長から「和田さんがライト・パブリシティに務めていた60年代は、銀座がとても面白かった時期です。そこで、銀座の思い出を書いてくれませんか」と依頼を受け、執筆を開始。二年に渡った連載を一冊にまとめたのが「銀座界隈ドキドキの日々」(文藝春秋/古書1050円)です。

1959年、和田は23歳。広告デザイン会社の草分け的存在だったライト・パブリシティに入社します。ここで様々なデザインの仕事を通して、現在の和田誠ワールドを形成してゆくのですが、おどろくべきは、この会社在籍時代に作った交友関係です。業界内のお付き合いもさることながら、それ以外のところで、どんどんと広がっていきます。

例えば、ジャズが好きだった和田は、京都でのジャズコンサートの企画をやります。その時、司会を落語家にという案が持ち上がり、この企画にからんでいた作家の都筑道夫が一人の若手落語家を紹介します。それが柳家小えん。京都でのコンサートで、彼はソツのない司会をこなし、和田と大いに飲み語り、それから一年。和田のもとに彼から真打披露の案内状がきます。立川談志です。

61年、篠山紀信がライト・パブリシティに入社してきます。優れた写真テクニックを持っていたものの、超生意気な青年で、フツーはカメラマン助手からスタートするのに、オレはいやだ、最初から一本立ちすると主張して、社内でも軋轢を生んでいました。和田は、そんな彼と飲み、彼のユーモア抜群のセンスを気に入り、親交を深めて生涯の友となります。

ところで、方々で衝突する篠山のようなオトコを入社させたのは「お主、やるな」という篠山の気合いに惚れた会社の判断だったとか。今ならあり得ない採用ですね。

こんな風に、和田は多くの、才能溢れる人物たちとの知遇を得て、社内、社外で様々な仕事を引き受けていきます。彼がぐんぐん伸びてゆく様、青春時代を読むことができます。

こんなこともあったそうです。

ジャズピアニストであり作曲家、アレンジャーとしても活躍していた友人の八木 正生の家に行った時のこと。そこに高倉健がいました。しかも八木のピアノを伴奏にして歌をうたっていました。曲は「網走番外地」。八木はこの映画の音楽担当であり、主題歌のレコーディングのために、八木の家で練習していたところに、和田は遭遇したのです。

日本を代表するイラストレーターの、輝かしい若き日の軌跡をたどりながら、60年代の様々なカルチャーシーンの断片を浮き上がらせる本でもあります。