工藤正市は1929年青森に生まれました。生まれ育った青森の風景、人々の暮らしを撮り続けた写真家です。1950年代に写真雑誌に投稿したものの全く認められませんでした。2014年、84歳で世を去りましたが、その後、家族が膨大な量のネガを発見し、それをインスタに発表したところ大きな反響がありました。

青森出身の写真家といえば、工藤と同時代を生きた小島一郎がいます。以前、NHKの美術番組で小島の特集があり、作家性を前面に押し出した、暗く厳しい青森の荒々しい自然を捉えた写真を見ました。一方、工藤の作品は、青森に生きる人々の「日常」です。

今回みすず書房から「青森1950−1962」(新刊/3960円)が発行されました。全366点が収録されています。昭和の懐かしい情景が写し出されていますが、特に東北の貧しさを強調するというものではなく、直球ど真ん中で、人の営みを撮り続けています。

誰もがカメラを持ってパチパチとスナップ写真を撮ることができなかった時代、カメラを向けられることに抵抗を示す人も沢山いたはずです。でも、工藤の写真に登場する人たちの屈託のなさを見ると、距離感を保ちながらも笑顔をフレームの正面に持ってくる才能と技術を持っていた人物だったのでしょう。ゆっくりと、一枚一枚の作品を見ていると、被写体に向かって微笑んでしまいます。特に、子供と女性に向ける彼の視線には格別の優しさがあるように思えます。

本職が新聞社のカメラマンだったこともあるので、土門拳風のリアリズム写真もあります。でも、そこにも日常を生きる人々の逞しさとユーモアが感じました。

お!こんな写真もあるのかと驚いたのが、No230の作品です。日本を代表するブルースシンガー淡谷のり子のステージ写真です。確か青森出身でしたね。若き日の美しい彼女のステージ写真を初めて見ました。