極地探検で知られる写真家石川直樹が文を書き、イラストレーターの梨木羊が絵を書いた絵本「シェルパのポルパ エベレストにのぼる」(岩波書店/新刊1800円)。

ヒマラヤの麓で生まれた少年ポルパが、シェルパへと成長する姿を描いています。標高5300メートルのところにベースキャンプを置き、そこから四つのキャンプを設置して、8749メートルの頂上を目指す登坂ルートも、書き込まれています。

「エベレストの麓に広がるクンブー地方は、山岳民族であるシェルパたちの生活の場です。彼らはチベットからヒラヤマ山脈を超えてやってきた人々の末裔で、田畑を耕し、ヤクなどの家畜を飼育し、春と秋の登山シーズンには、観光客を受け入れて生活しています。」

と、後書きで石川は解説しています。石川自身、ヒマラヤで多くのシェルパの友人を作ったので、彼らのことを知って欲しくて絵本を製作したようです。

シェルパを目指す少年ポルパは、ベテランのテンジンおじさんに連れられて初の登山に挑戦します。その途中でポルパが見たもの、経験したものが描かれています。山頂近くで、ポルパは鳥の大群に出会います。

「あれはなに?」

「かぜのとりさ。かぜにさからうのではなく、かぜといっしょにとんでいる。チベットから、ヒマラヤのやまをこえて、あたたかいインドでふゆをこすんだ。」

厳冬の時期にエベレストを越えてゆく鳥がいるんだ、と語るクライマーの小説を以前読んだ記憶があります。見開きページ一杯に描かれた、頂上を極めた瞬間のポルパの顔が実にいいですね。

石川直樹の写真集「POLAR」(古書絶版/2600円)も入荷しました。

石川がほぼ10年にもわたって旅してきた北極圏の、今の姿を捉えた写真集です。この地に生きる人々の表情、暮らしを取り込み、北極の真っ白な世界のイメージを覆すような作品がならんでいます。素顔の北極圏が見えてきます。