今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究者に決まりました。ブラックホールの中心にある特異点の解明が研究課題だとか新聞で読みました。特異点の存在については、クリストファー・ノーラン監督の傑作SF「インターステラー」に登場するのです。登場人物たちが、宇宙船の中で科学的、物理的問答を行うのですが、なんだか、ようわからんかった…….。

ノーラン監督って、厄介な監督です。一度見ただけでは「??…..」みたいな映画を作り、しかもそれが?のままでも想像以上に面白いので、映画館に通い、挙句にDVD を買って、何度も見るという羽目になります。「インターステラー」しかり、「ダンケルク」しかり、「インセプション」しかり。

そして、今公開中の「TENETテネット」も、最高に面白いのに、最高にわからん映画です。

オーケストラの指揮者が、コンサートホールで今まさに指揮棒を振り下ろした瞬間、会場をつんざく爆破音と咆哮するマシンガン。流れるようなカメラワークに、私たちは付いていきながら、どうなってんの?と不安が募るばかり。巧みな映像の処理と展開にワクワクドキドキ。映画ならではの楽しさです。

さて、主人公のCIA隊員は、「時間逆行装置」の存在を知り、恐ろしい陰謀があることを突き止めます。時間逆行装置には時間が順行する「赤の部屋」と、時間が逆行する「青の部屋」があります。それぞれの色の部屋では、それぞれの方向に時間が進む、または戻るのです。 時間を逆行させる装置には様々な独自のルールがあります。主人公は時間を行きつ戻りつして、陰謀をつきとめてゆくのですが、え?それどう意味?どう理解するの?という鑑賞者の気持ちなんぞ無視して、どんどん進んでいきます。それでも観入ってしまうのは、トリッキーな場面展開や、切れ味鋭いアクションシーンのオンパレードによるものです。

時間が逆行している世界では何もかもが逆行しています。カーチェイスシーンでは、みんな後ろ向きに走っているのです。これはすごい映画を体験している!と、ゾクゾクしてきます。もうノーランの魔術に巻き込まれてしまっているのです。

徹底的にデジタルに背を向けて、アナログフィルムのこだわるノーラン監督の演出だからこそ、画面に厚みがあります。そこが他の凡庸な監督と違うところです。「時間」という極めて難解なテーマを、あえて映像化しようと挑戦した監督に大拍手です。多分また、DVD買うな……..。