あかしのぶこさんは京都生まれ京都育ち。二十年以上前に北海道に渡り、現在は知床の斜里町在住で、福音館書店「こどものとも」「ちいさなかがくのとも」などの絵本を描いていらっしゃいます。レティシア書房では2回目の個展になりました。

新作「ふぶきがやんだら」を見せていただいた時、これは北海道の厳しい寒さを知っている人だからこそ出来上がった絵本だと思いました。吹雪の間、人も動物も動き回らずに風雪をしのぎます。あかしさんは絵本の折り込みで、「この吹雪をどうにかやり過ごそうとしている森の動物たちも、私も、吹雪の前では同じ一匹の生き物なのだ」と書かれています。京都に住む私には想像しても追いつかないような自然の厳しさを、あかしさんの絵から感じます。そして嵐が止むと、みんなほっとして大喜びで出てくるのですが、その幸せが、また絵本から溢れます。

「じーっとじっと」という絵本は、お母さんウサギが出かけている間、じっと待っているウサギのきょうだいのお話。その草むらの生き生きとした植物や動物や子供達の表情などが、優しく暖かなタッチで描かれています。

原画は他に「もりのみんなのやまぶどう」「ねむたいねむたいももんがたち」が並んでいます。どれもあかしさんの身近な世界が、素朴で、可愛く力強い絵で表現されています。絵本もいくつか販売していますので手にとってみてください。他にポストカード(100円)エコバッグ(550円)などもあります。初日は知床のパン屋さん「メーメーベーカリー」からパンとシュトーレンが届きました。

あかしさんは、絵本の原画展としては北海道の図書館などで行われていたようですが、京都で彼女の原画を見る機会はあまりないと思いますので、ぜひこの機会にご覧いただきたいと思います。レティシア書房の今年最後のギャラリー企画展になります。(女房)

あかしのぶこ「えほんのえ展」は、12月11日(水)〜28日(土)12:00〜20:00月曜定休日

レティシア書房は、28日が今年最後の営業日です。

Tagged with:
 

写真家・冒険家の石川直樹は、1977年東京生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学や民俗学にも関心をもち、世界各地を旅しながら作品を発表しています。蛇足ながら、作家石川淳の孫にあたります。

石川の「知床半島」(北海道新聞社/古書1900円)は、とても力強い、そして優しい写真集です。

知床連山縦走路から撮影された山々の荒涼たる岩肌、斜里川河口に打ち上げられたザトウクジラの子の死体、「知床ブルー」と呼ばれる流れ着いた流氷と海、幻想的な美しさを醸し出すオホーツク海、ウトロ幌別海岸に放置されたバス、雪に覆われた斜里の町等々、厳しく過酷な自然に晒された知床が、見事に捉えらています。その一方、この町で生きる人々の姿を、優しい眼差しで見つめています。北見柏陽高校、斜里高校の生徒たちの健やかな表情や、夜に斜里中学校スケートリングで練習するスケーターたちのシャープな写真など、知床に暮らしている人たちが登場します。

その中に、絵本作家のあかしのぶこさんが、アイヌ犬の愛犬ゴンと登場。彼女の屈託のない笑顔がとても素敵です。あかしさんには、2016年に当店で絵本原画展をしていただき、その際、知床の自然を語るトークショーも開催しました。今年2019年12月11日から、2回目の個展を開催しますが、知床で生活している人ならではの可愛い絵本を、たくさん作っておられるので今から楽しみです。写真集の最後を飾るのは、羅臼岳中腹の雪渓で遊ぶ、アイヌ犬チャイ。雪の中は楽しいぜ!と言ってる顔ですね。

 

今回この写真集以外にも、「最後の冒険家」(集英社/古書850円)、中高生向けに書かれた「いま生きているという冒険」(理論社/古書1550円)、そして「世界を見に行く」(リトルモア/古書1550円)を入荷しました。「世界を見に行く」は、石川が世界を旅して、シャッターを切ったものを作品集にしたものですが、全て切り離してハガキとして使用できます。全52枚。51枚目を飾るのは、彼の愛犬レオ。長期の取材から帰って来たご主人を迎える顔が素敵です。

因みに、「最後の冒険家」は、冒険家神田道夫に動行して、2004年熱気球による太平洋横断にチャレンジ。日本から1600キロ離れた地点で飛行を断念、着水しました。その遠征の詳細を描いたのが本作です。神田は2004年以降三度挑戦しますが、失敗。三度目のトライで行方不明になり、死亡したものと推測されています。

 

「ぼくらは知床(ココ)に暮らしている。あかしのぶこ 動物たちの肖像画展」(17日まで)には、関西出身のあかしさんの京都での初個展ということで、連日お知り合いの方々が、見に来て下さっています。

京都在住Yさんは、1年半前に南から北まで日本縦断旅をして、網走で出会った「はぜや珈琲」さんの所から、あかしさんのDMを送ってもらったのだそうです。親切にしてもらった北海道の人達との思い出、旅はとても楽しくて、そこで仲良くなったお店からの紹介なんて、それこそご縁ですね〜、と色々お話してしまいました。京都だから行ってみてあげて、ということだったのでしょうが、15日、在廊していたあかしさんと初めて会われて、北海道のことや制作についての話で盛り上がっていました。北海道はぜや珈琲さんのコーヒーはどうも絶品らしい。ぜひお訪ねしたいです。

そしてもうお一人は、今回の個展に一緒に出店してくれた「メーメーベーカリー」さんのパンを買いに来られたNさん。メーメーさんのパンは初日に完売してしまい、もう一度送ってもらったのですが、13日に着くや否や予約でまた完売してしましました。Nさんからは「なんでもいいから取っておいてください!!」と前日にお電話頂きました。「お知り合いですか?」と聞いたら、なんと昨年、旅先の斜里町のメーメーさんまでパンを買いに行ったのに売切で涙をのんだというのです。そうしたら、メーメーさんのTwitterで、今回京都で買えるのがわかり来ました、ということ。やっと会えた!!って感じで、なんかこちらまで嬉しくなりました。

昨日の夜、店内であかしのぶこさんのトークショーを開催しました。京都で生まれ、育った彼女が何故、知床に魅了されたのかというお話から始まって、絵本を書き出した時のこと、知床で知り合った自然財団にお勤めのご主人との生活、絵本への思いなどを参加された十数名の方に向かって、i-padを左手に、絵本を右手に1時間程お話いただきました。

中でも知床の流氷にまつわるお話は、興味深いものでした。シャチの一団が流氷に囲まれて身動きが取れなくなって、死んでいった後、解剖のため陸上げした写真で、その大きさに圧倒されました。海の王者の貫禄です。或は、流氷の上にいたオットセイが、どういう訳か、海に向かわず、山の方へ向かって動きだし、そのままでは死んでしまうので捕獲して、海に戻した話とか、北の大地で繰り広げられる自然の営みの不思議さに引込まれた楽しい時間でした。

この地方では、昔、アザラシが山を越えていったという伝説があるそうです。何を思って1700メートルの険しい山を越えたのでしょうか?ヘミングウェイの「キリマンジャロの雪」に、その頂き近くで、力尽きて死んだ豹の亡骸があるというストーリーだ登場します。豹が何を求めて頂上を目指したのか、誰も知りません。同じように、知床山系の険しい山の頂上に、アザラシの亡骸があったという空想の世界を楽しんでみたいものです。

北海道知床、って京都から随分遠いと思うのですが、つながっているな、と感じます。あかしさんの個展のきっかけは「シリエトクノート」というミニプレスだということは、前にも書きましたが、面白い出会いをたくさん頂き改めて感謝です。

そして、今度はあかしさんの紹介で、版画家、冨田美穂さんから、レティシアで個展をしていただけそうなメールが届きました。彼女は等身大の牛を木版で制作されていて、「シリエトクノート」に載っていた時、一度見てみたい!と思っていました。大きな牛が果たして本屋の壁を飾ってくれるのかどうか、定かではありませんが、念ずれば通ず。というわけで、まだまだ、北国とのお付き合いは広がりそうです。(店長&女房)

 

明けましておめでとうございます。今年も又、面白そうな本を探してまいりますのでよろしくお願いします。さて、2016年のギャラリーは「あかしのぶこ動物たちの肖像画展 ぼくらは知床に暮らしている。」で幕開けしました。

あかしさんの絵に初めて出会ったのは、知床発のミニプレス「シリエトクノート7号」の表紙でした。じっとこちらを見つめているクマの顔がユーモラスで温かく、魅かれました。(今から思うと、どこかご本人に似てるような気が。)北の大地に生きるクマや鹿、キタキツネ等を描いた作品を多くの方に知ってもらいたいと思い、個展をお願いしました。知床の自然の中で生きる動物達をみつめながら描く絵は、その地に対する愛があふれています。

冬眠に入るクマの親子を見つめた「冬眠穴の親子」に注がれる深い優しさに満ちた視線。鹿とアイヌの子供たち、キタキツネ、そしてクマの親子が一つの画面の中に納まり、自然の恵みを収穫している様を描いた「森のシカのものがたり」。深い森の中、ふわっと飛翔するももんがを描いた「ねむたいねむたいももんがたち」等の作品が並びました。(原画はすべて非売品)そして、木製の額はあかしさんの手づくりです。

今回、彼女が描いた絵本をできるかぎり持って来て頂きました。(一部を覗いて販売しております)「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナ」は、クマと人間の悲しい現状を描いていて、彼らの生活圏に入ってしまった我々人間の身勝手さに心傷む作品です(知床財団発行1500円)。また、原画も展示中の「森とシカのものがたり」はシカの住む森を描きながら、やはりそこに踏み込んでしまった我々との共生を、未来にどうつなげてゆくのかが書かれています。(野生動物教育研究室WEL1200円)

あかしさんと出会うきっかけになったクマが表紙の「シリエトクノート」は、残念ながら絶版ですが、ポストカードはあります。なお、「シリエトクノート」8号、9号、10号は販売しております。是非この機会に手に取って観て下さい。

あかしさんは1月14日(水)、15日(木)は、在廊される予定ですので遊びに来てください。また、15日(木)の夜19時30分から店内にて、知床の動物達についてのトークショーを行います。お時間のある方はお越しくださいませ(要予約)

今回は、作品の他に、斜里町のパン屋さんメーメーベーカリーさんから、パンと焼き菓子を販売していただいております。(届いたばかりですが、開店直後から売れています!!!お早めに)(女房)

あかしのぶこ 動物たちの肖像画展 「ぼくらは知床に暮らしている。」

1月17日(日)まで  月曜日定休

 

 

 

Tagged with:
 

今年も一年間、大変お世話になりました。毎日更新してきた「店長日誌」の感想を頂くことも多くなり、また一年頑張ることができました。

そして、ギャラリーには素敵な作家の方々に作品を飾って頂きました。

◉むらかみひろこ新作絵本と雑貨デザイン展 (読み聞かせも)◉かくたみほ個展(写真)◉torio食堂だいどこしごと展 ◉茶路めん羊牧場展 ◉棚からうさもち展「うさぎがたり」 ◉古河郁「風景のある図鑑」展 ◉古書善行堂ワンコイン古書市 ◉江川智洋小作品展「絵きごう」 ◉ハセガワアキコ版画展「バベルの書室」 ◉もじゃハウスプロダクツ製作ノート展「おいでよ!もじゃハウス」 ◉木村ぼう写真展「モノローグ 静かなモノの物語」 ◉たがわゆきお展「旅する。」 ◉上仲竜太「小さな絵本」展 ◉土本照代藍染め作品展「あいぞめのゆめ」 ◉ARK写真展「犬生、猫生、人生。」 ◉レティシア書房「夏の一箱古本市4」 ◉朝野ペコ・楠木雪野「荒野の二人展」 ◉momoko個展 絵本「はなとうめのしあわせカフェ」◉中西敦浩作品展 ◉たかせちなつ「まいにちいろいろ展」 ◉梶間千草「はなとメルヘン」展 ◉安藤誠写真展 (安藤誠トークショーも)◉kotohanaペーパークイリング作品展「空即是色」 ◉豊原エス・足田メロウ 「日々のかけら」展◉6人の銅版画展「レティシア書房で贈り物」展

また、世田谷ピンポンズさんには、秋の夜、素敵なライブをしていただきました。そして、恒例となりましたネイチャーガイドの安藤誠さんトークショー「安藤塾」は来年もやります。お楽しみに!

ブログでは多くの本、音楽、映画を紹介させていただきましたが、特に印象深かったのは、

◉本  鹿子裕文「へろへろ」これほど笑わせて、前向きにさせてくれる本も久々です。石川梵「時の海、人の大地」辺境で生きる人びとを捉えて、どんな場所でも人は生きることを教えてくれる。松家仁之「沈むフランシス」小説ってこんなに面白い!!

◉音楽 キース・リチャード「クロスアイド・ハート」老いてこそのロックンロール!と喝が入りました。ピチカートワン「わたしの二十世紀」私小説を音楽で表現した傑作。シュガーベイブ「ソングス」発売49周年を記念した特別編集版。今聴いても色褪せない音楽。

◉映画 洋画:「皆殺しのバラッド」えぐり出されるメキシコの犯罪地獄を見つめたドキュメント。「アメリカンスナイパー」主人公を英雄視しないラストの沈黙にイーストウッドの矜持を見ました。「さよなら人類」わけのわからん映画なんですが、なんか人生って切ないよねよホロリとさせる不思議に魅力的な映画でした。   

◉邦画「恋人たち」ほとんど絶望に人生に果に見つけた僅かの希望。ラストの青空に号泣しました。「海街diary」女性達の人生模様を軽やかに描いていました

レティシア書房もおかげさまで来年3月で満4年となります。ということは、開店直後に我が家にやってきた猫のBB(べべ)も、もうすぐ4歳。大食いのせいか、はかなげな子ねこだった時の面影はどこへやら、この面構えです。ヒタヒタと押し寄せる不穏な政治の動向が気になりますが、どうか皆様よいお年をお迎えくださいませ。2016年は、1月5日から営業いたします。ギャラリーは、あかしのぶこ動物たちの肖像画展「ぼくらは知床(ここ)に暮らしている。」で幕開けです。どうぞよろしくお願いします。(店長&女房)

 

 

 

「ぼくらは知床(ここ)に暮らしている。」あかしのぶこ動物たちの肖像画展は1月5日(火)〜17日(日)

 1月15日(金)19時半より あかしさんによる知床の動物たちのお話会があります。

予約は1月5日から受け付けいたします。お電話またはメールでお申し込み下さい。

 

 

 

Tagged with:
 

瀬戸内海の島々を中心に、暮らしと仕事を見つめる雑誌「せとうち暮らし」最新号(990円)が入荷しました。特集は「パンを焼き、生きる人たち」。パンの消費量日本一の京都人なら、この特集は見逃せません。

先ずは、豊島美術館のある豊島で、美術家、安岐理加さんがされている「てしまのまど」です。彼女が焼くパンと自家焙煎のコーヒー、島の食材を使ったランチなど、フツーのカフェのようですが、彼女は、2014年から「てしまのパン祭り」をスタートさせます。島のいろいろな場所でパンが買えたり、食べられたり、ワークショップがあるなんて、パン好きの人ならちょっと行ってみたくなりませんか。

このお店の本棚の写真が掲載されていましたが、中々渋い本が並んでいて、コーヒータイムを過ごす為に豊島に行ってみたい気になります。

この島にはかつて、キリスト教の信仰と立体農業(循環型農業)を学ぶ学校が存在しました。その学校自体はもう営まれていませんが、創設者の家族達が、今でもパン作りをしていて、その様子が写真に収められています。その食パンが、これ以上美味しいものはない程に上手そうなのです。そして、パンを作っているおばあちゃんの幸せそうな笑顔の素敵なこと!

特集は島同士の交流から、新しいパンが出来るまでを追いかけた「せとうち島パンラボ」へと続いていきます。愛媛県の大三島と広島県の宮島のコラボの、スタートから完成までを追いかけていきます。「宮島×大三島 まるごと柑橘シュトレーンセット」なんてどんな味なのかな〜と、あれこれ思ったり。

その他、高松、小豆島を往復する小豆島フェリーの売店では、懐かしいパッケージのパンが売られているという、小ネタまで満載のパン特集で飽きることの無い一冊です。表紙の素敵なイラスト(これだけでも部屋に飾っておきたい!)は、人気の漫画家nakabanさんです。

ところで、来年1月5日(火)より当店ギャラリーで開催する「ぼくらは知床に暮らしている」という絵本作家あかしのぶこさんの個展に、ご当地知床のパン屋さん、カフェも参加されるということです。さて、何を販売されるのか今から楽しみです。

 

 

たった一枚のクマの絵ですが、こちらの心の中まで見通されているような雰囲気に、いい作品だな!と思ったのは、もう半年前です。その絵を書いたのは、北海道、知床半島の斜里町にお住まいの絵本作家あかしのぶこさん。この町から発信されているミニプレス「シリエトクノート7号」の表紙です。

昨日、あかしさん本人が、京都のご実家に里帰り中とのことで、来て下さいました。彼女は、知床を中心にした生き物と人々の交流を中心にした絵本作家で、福音館書店発行の、「ちいさなかがくのとも」シリーズの「どろんこ どろんこ はるのみち」、同書店発行の「たくさんのふしぎ」シリーズ「わが家は、野生動物診療所」などが新刊で発売されています。また、知床国立公園50周年 世界遺産10周年の記念ポスターも描かれています。

今回、ご主人が勤務されている「知床自然センター」にて展示、販売されている「しれとこのきょうだいヒグマ ヌプとカナのおはなし」という絵本をいただきました。ページをめくると、そこには、威厳と優しさのあるクマのお母さんが描かれていました。

この本について、こう述べてあります。

知床財団がAIRDO(北海道国際航空)の支援を受けて進めている、知床キムンカムイ・プロジェクトの一環として作られました。キムンカムイとは、アイヌ語でヒグマのことです。2006年にはじまったこのプロジェクトでは、ヒグマの生態の調査研究や普及啓発活動を行い、ヒグマも人も安心して暮らせる知床を実現することを目指しています。
人とヒグマがともに生きる道はあるはず。そのためにはまずヒグマを知ってほしい。その思いを、ある出来事をきっかけに全く違う運命をたどることになる双児のヒグマのお話に託しました。巻末の解説ページでは、ヒグマの生態豆知識や、知床で行われている共生への取り組みを紹介しています。全頁ふりがな付きで、小学校低学年以上のお子様向けですが、知床の森の四季折々の風景を切り取ったあかしさんの絵本の世界は、大人の方でも十分楽しんでいただけるものになっています。」

野生と人間の境界線が、こうぐちゃぐちゃになった現状では、クマとの共生は、そう簡単ではありません。しかし、あるべき姿にどうやって舵をきってゆくか、知床でどういう取り組みが行われているかが理解できる絵本です。

ご希望の方は知床財団HPからご注文下さい。ネットショップ知床財団コムヌプリには、他にも楽しいグッズが一杯です。

〒099-4356
北海道斜里郡斜里町岩宇別531番地 知床自然センター内 公益財団法人 知床財団
電話:0152-24-2114  FAX:0152-24-2115
メール:info@shiretoko.or.jp

なお「シリエトクノート」は最新9号(450円)が入荷しています。特集は「知床エゾシカ猟の記録」です。斜里の猟友会の座談会がお薦めです。