「『おやつ』とはなんだろう。小腹を満たす食べ物?友達と話しながらスイーツ?家族の団欒の時間?それとも仕事の合間のささやかな休憩?こっそりひとりで食べる贅沢?そう、人の数だけおやつの姿があるんです。そんなおやつにまつわるあれこれを、食や暮らし、文化、歴史、旅、科学といった、さまざまなテーマで追っていくのが、この『おやつマガジン』です」(1980円)

と創刊の言葉が書かれています。各地のおやつ紹介だとか、名店案内の情報誌ではなく、私たちが何気なく食べている「おやつ」をより深く考えていこうという知的探究心に満ちた雑誌です。創刊号だけに、著名な作家が寄稿していて、巻頭原稿は角田光代が「夢のおやつ」というタイトルでエッセイを書いていますが、角田さんはおやつを楽しむ生活とは無縁なのです。そこが面白い。

写真家の若木信吾は、本来甘いものが苦手だったのに、アメリカの留学先で「ブラウニー」というお菓子に出会って、甘党に転化しました。「おそらくこれまで食べたものの中で一番甘い食べ物だったと思う。しかも甘すぎた。その甘すぎたのが点火装置だったのかもしれない。」と、周囲のそんな甘いものよく食べるなぁ〜という声にもめげずに食べていると告白しています。アメリカのスーパーなら、どこでも売っている「ブラウニー」。どんだけ甘ったるいのか、興味あります。

「ホーチミンのおやつを追いかけて」という特集では、現地取材で、みんながどんなおやつを食べているかをドキュメントしています。屋台があるせいか、外で食べている人の写真が多く、おやつを口にする人たちの表情が生き生きとしてとても幸せそうです。

岡山と鳥取の県境で自然栽培の米農家を営む高谷絵里香さんが、「がんばって手に入れたり無理して背伸びしたるすることにも喜びや達成感があるかもしれないけど、当たり前のようにそばにあるものにこそ、幸福が宿っている気がする。おむすびや蒸したお芋のような、何気ない日々のおやつにように」と語っていますが、ホーチミンの人々の笑顔は、それを物語っています。

★店主  FM京都に出演! 3月23日、30日「サニーサイド・バルコニー」という番組の中です(13時50分ぐらい)。暇な方は聞いてやってください。