いつだったか、大阪堂島にあった書店「本は人生のおやつです」の店主(現在は兵庫県朝来市で開店)に、きっとレティシアさんなら本を置いてくれるよと聞いて、「電気風呂」のミニプレスを持ってやってきたのが銭湯愛好家のけんちんさんでした。「私は電気風呂の専門家です」と自己紹介されて、京都の銭湯と電気風呂の関係などを熱く語ってくれました。その話があんまり面白かったので、けんちんさんの書かれた「電気風呂御案内200」と「蒐集 下足札」を販売することになりました。

その後もお風呂帰りに立ち寄って、話してくれる銭湯愛は尽きることがありません。写真や資料も沢山あるとの事だったので、じゃあ一度、その銭湯への思いをギャラリーで展示してみようか、よし!ということになりました。

そして、本日より「銭湯文化的大解剖展」(おしどり浴場組合)が始まりました。って、「銭湯文化的大解剖展」ってなに?おしどり浴場組合??

おしどり浴場組合は、銭湯をこよなく愛する七人のメンバーが2020年秋に結成したクラブみたいなもので、それぞれが、執筆、イラスト、撮影などを担当して「銭湯文化的大解剖!」という雑誌を作りました。(税込1980円)銭湯の「外観」「玄関」「脱衣場」「入浴券」そしてもちろん「浴室」など、細かすぎるこだわり。銭湯の歴史、電気風呂(これはもちろんけんちんさんの専門)、お風呂やさんのインタビュー、おしどり浴場組合員の推し銭湯など、読み応え充分です。

さて今回の展示は、大きな『ゆ』と染め上げられたのれんとメンバー紹介から始まって、①メンバーが撮った銭湯の外観や浴室の写真、②6月5日に惜しまれつつ閉店した京都の「錦湯」で最後まで使用されていた「料金表」や「湯ぶねに入るときの注意書き」「柳行李」「閉店挨拶文」など、③「電気風呂コーナー」、で構成されています。ちなみにけんちんさんによると、電気風呂は、昭和40〜50年代には京都のお風呂屋さんにフツーに設置されていた日本独自の文化だそうです。現在電気風呂を利用するのはお年寄りの方が多く、若い方には少し敬遠されているとか。けんちんさんが電気風呂を深掘りして広めたいと思うのは、このままでは大好きな電気風呂がなくなるかもしれないという危機感かもしれませんね。

そして、なんと今回の展示に合わせて作られたミニプレス「銭湯生活」第1号(2022年6月15日発行)が、「銭湯文化的大解剖!」とともに積み上げられています。ぜひ手にとってページをめくってみてください。「銭湯が好き!」で繋がったおしどり浴場組合員たちの銭湯愛が溢れ出てきますよ。オリジナルのマスキングテープ(715円)缶バッチ(550円)も販売しています。(女房)

「銭湯文化的大解剖展」(おしどり浴場組合)は6月15日(水)〜26日(日)

月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

”けんちん”という人をご存知の方の方が少ないかもしれませんが、彼の名刺にはこんな単語が並んでいます。「銭湯電気保養協会」、「電気風呂鑑定士」、「#電気風呂パワー」。

はい、この人は電気風呂の研究家です。もともとは団地研究家でした。

彼は団地愛好仲間と共に2014年、「団地ブックス」という本を発行します。0号を開くと全国各地の団地と共に、京都市内の「UR壬生坊城団地」の写真が載っています。団地愛好者たちが集まって作ったマニアっぽい雑誌だけあって内容は濃いです。

2&3号合併号には、当店の近所で、最近無くなってしまった「公団御池通市街地住宅」に再会しました。日本の住宅文化を支えた団地の存在が様々な角度から検証されていて、装丁、中身ともにしっかりした本になっています。

その後、けんちん氏の興味は「電気風呂」へと向かいます。2017年ごろから各地の銭湯を訪ね歩き、資料を集めて出来上がったのが「旅する電浴」(1100円)、「電気風呂ご案内200」(1100円)、さらには「銭湯下足札コレクション」(880円)、「下足札」(880円)なども作りました。

色々な銭湯の下足札ナンバー「42」番が撮影されています。この数字は「死に」という言葉を連想するためで、誰も使いたがらないので容易に撮ることができたのだそうです。

ところで、電気風呂って何?と、生まれた時から自宅にお風呂のある人は疑問に思われるはず。著者が作ってきたポップによれば、「電気風呂とは、浴槽の湯に微弱な電流を流す装置を指す。関西において盛んに普及している。低周波電流により、身体に刺激を与え、肩こりや腰痛に効果があるとされている。」ということです。

この電気風呂、政府に認可されたのは昭和8年の船岡温泉(京都市北区)が第一号で、戦前から京都には電気風呂が存在していて今も多くの銭湯にはあるそうです。因みに京都市上京区の銭湯は全て電気風呂を完備しているそうです。

「旅する電浴」は、電気風呂を求めて北から南へと旅した記録で、全て写真入りで紹介し、それぞれの電気風呂の効能が書き添えられています。電気風呂愛200%の読み物ですね。

松山市の「新開温泉」には「電気風呂2席あり。石彫りで電気湯表記。サウナ→水風呂→電気風呂の無限極楽ループ完成!さっぱりぽかぽか」だとか。

けんちん氏は普通のサラリーマンで、純粋に趣味、いや研究対象として電気風呂を追いかけています。ひたすら好きなものを追求している人の面白さが滲み出たミニプレスです。

●8/25(水)〜9/5(日)待賢ブックセンター主催「処暑の古本市」開催します。

なお、勝手ながら29日(日)は臨時休業させていただきます。


●北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約