たがわさんのスケッチ展は今回で4回目。2015年はイタリアの、2017年2回目は南フランスの、という風にいずれも旅先で描かれた風景画でした。4回目のタイトルは「夏 旅したい。ー旅の記憶ー」展。このコロナ禍で大好きな旅行ができない今、描きためていた絵から旅の記憶を心に呼び戻すような展示になりました。

リヨン、パリ、アビニヨン、ローマ、アッシジ、フィレンツェなど、絵に添えられた地名を見ていると、このところ移動を極端に制限しなくてはならなかった窮屈さがあったせいか、楽しかった彼の地の時間を分けてもらっているような軽やかな気分になります。

学生時代にはクラブで油絵を描いていましたが、退職した後は毎日水彩画のスケッチを楽しんでいる、と初めての個展の時に話しておられました。旅先で急に風景を描こうとしても、どこから描き出したらいいものやら迷います。やはり、日々描くことで身についた技術が、その時々の想いを形にしていくに違いありません。

といっても、たがわさんの絵には気負いがなく、記憶を留めておきたい素直な想いが、見ている側にも伝わってきてほっこりします。「ローマ劇場跡のきのこ」は、遺跡の前に突然ニョキッと生えた大きなキノコが描かれています。アレ?と思ったままの印象が楽しい。旅のお土産など、身近にあるグッズのスケッチも、目の前のものをじっと見つめて手を動かす充実した時間を感じます。

清涼感のある水彩画で、ほっこりしたり、旅に思いを馳せたり…….。ジメジメした日が続いていますが、お時間があればぜひご覧くださいませ。(女房)

⭐️『夏 旅したい。〜旅の記憶〜』たがわゆきお展は、

7月7日(水)〜18日(日)

13:00〜19:00   月火定休日

 

当店での個展が3回目となる、たがわゆきおさんの個展「夏を旅する」展が始まりました。サブタイトルに「水彩で描く南欧の風景」とあるように、2015年〜2017年にかけて旅したイタリア、フランス、スペインの各地を水彩で描いた作品が展示されています。

イタリア北部、ミラノ付近に位置するコモという町にある、コモ湖はスイスと国境を接したリゾート地です。湖畔の町レンノでサマーバケーションを楽しむ人たち、街角の静かな風景を描いた作品など、ゆったりとした時間が流れます。

また、パリ近郊の港町オンフルールを描いた一枚は、帆船とその向こうに広がる街並み、そして夏空が描かれています。プロヴァンスにある、エクサンプロヴァンスという街角にあるカフェを描いた一枚。午前中のカフェの雰囲気が素敵です。このカフェの前の道はセザンヌのアトリエへとつながっていて、その向こうに広がるレ・ローブの丘をたがわさんは描いています。杉木立の彼方には、サン・ヴィクトワール山が見えています。ご存知のようにセザンヌも、この山を何度も描いています。

古代ローマ時代に整備されたアッピア街道(写真左)は、古代ローマの歴史好き、遺跡好きには欠かせない軍事街道です。大きな松の木の向こうに遺跡が見えていて、イタリアの暑い夏を吹き抜ける風の音が聞こえてきそうですが、本当に暑い場所だそうです。

イタリア中部の町アッシジにある城壁と、仕事帰りのライトバンに乗せた犬を描いた作品には、夕暮れ時のほのぼのとした風情が漂っています。

ヨーロッパの街角が見せる、様々な表情をお楽しみください。

 

★「夏を旅する。展」水彩で描く南欧の風景は19日(日)まで開催中。

12時〜20時(最終日は18時まで)月曜日定休