沢朱女さんの絵は、妖艶で、可愛らしく、孤独だけれどそれが哀しくなく、夢の中に漂っているような幸せな気分になります。

待望の沢朱女作品展は、2014年に続き2回目となりましたが、今回は銅版画とアクリル画で、どの作品も何かしら物語性があり奥行きを感じます。

入口の壁には、秋に相応しく「竜田姫」が飛翔している作品が掛かりました。梨木香歩著「家守綺譚」の、紅葉の項にあるお姫様が竹生島へ渡っていかれる姿のようです。他にも、宮沢賢治から「グスコーブドリの伝記」「オツベルと象」(写真左)をもとに沢さん独自の解釈で銅版画が出来上がりました。本屋のギャラリーでの展覧会ということで、特に考えて頂いたのかもしれません。とても嬉しい!

DMになった「月と少女」(写真上)の夜空を見上げる少女は、きっと作家自身だと思うのです。さえぎるもののない雪の荒野に、小さな女の子のくっきりとした影を作る月は、子ども時代に見上げた月にちがいないと。そう思うのは、沢さんが初めてのエッセイ「飯場と月」に書かれていたからです。「その夜、さえぎるもののない荒地に建つ小屋の上に月光は煌々と降りそそぎ、屋根の下ではさえざえとした明るさのなかで、息をのむ子供がいた。」

「飯場と月」(ヒャクジツコウ舎1350円)は、父である日本画家、沢宏靱(さわ こうじん)との山での暮らし、貧しいけれど愛にあふれた、うらやましいほど心豊かな家族との日々が描かれています。以前店長日誌でも紹介していますが、作品展でも販売していますので、ぜひ手に取って見て下さい。

そして、たくさんの美しいポストカードは、ずらーっとギャラリーの台の上に並んで壮観です。心ゆくまで沢朱女ワールドをお楽しみ下さい。 初秋にピッタリの作品展にお運び頂けたら幸いです。(女房)

 

沢朱女作品展 10月10日(火)〜22日(日) 月曜定休日 12時〜20時(最終日は18時まで)

 

 

 

★安藤誠ネイチャートークショー「安藤塾」今年も開催決定しました。

北海道のネイチャーガイドで、釧路ヒッコリー・ウインドオーナー安藤誠さん(写真右・愛犬キャンディと)のトークショーを10月25日(水)19時30分より開催します。(要・予約 レティシア書房までお願いします)