ショーン・タンは、オーストラリア出身のイラストレーターであり、絵本作家であり、映像作家です。2008年、文章をいっさい入れずに描かれた「アライバル」で、アングレーム国際コミックフェス最優秀作品賞を受賞。その後、数々の作品を発表し、京都ではえき美術館で個展が開かれました。

個人的にも大好きな作家で、独特の画調と世界観に魅了されています。文庫本サイズの「エリック」(新刊1100円) 、「ショーン・タンのスケッチブック」(新刊1980円)、「ショーン・タンの世界」(新刊2750円)、「セミ」(新刊1980円)、最新刊「いぬ」(1980円)を在庫しています。

「いぬ」については、今年8月、「犬と人間の愛情あふれるつながり。生と死。モノローグのような数少ない言葉と、シンプルな構成の画面だけで深い感動を与えてくれる絵本です。」と紹介しました。

また、ニンゲンに奴隷のように扱われながら勤続17年、退職の日を迎え、高いビルの屋上から脱皮して大空に向かって飛び出すセミの一生を描いた「セミ」は、生きることの哀しさを象徴的に描いた絵本でした。(こちらも2021年4月、ブログで紹介しました)

そのショーン・タンのカレンダー「エリック」(1430円)が入荷しました。「エリック」は、短編集「遠い町から来た話」に収録された、一風変わった留学生との交流を描いたものですが、2012年に、手のひらサイズの絵本として発売されました。このカレンダーは、絵本から可愛らしいエリックの12枚綴りで、使い終わったら裏側の点線に沿って切り離し、ポストカードとして使えます。ショーン・タンのファンの皆様には見逃せませんね。

 

 

 

 

☆大阪にある動物保護団体アニマル・レフユージュ・関西(ARK)のカレンダー入荷しています。卓上サイズ卓上サイズ1000円、壁掛けサイズ1200円です。なお、売上は、団体の活動費に充てられます。