連休明けのある日、中須俊治さん著の「Go to Togo」(烽火書房/1650円)を持って、出版社の嶋田翔伍さんが来られました。アフリカのトーゴ共和国へ向かった青年が、この国の織物の美しさに惹かれて、京都の伝統工芸の技と融合ささせようと奮闘したプロセスを描いた本です。著者も京都、版元も京都。う〜ん、これは置くしかないと店長が判断したそうです。

ちょうどギャラリーも空いているし、出版記念の展覧会の話がまとまりました。急遽決まったことでしたが、嶋田さん、著者の中須さん、お友達の協力で素敵な展示になりました。トーゴの街角のウキウキするような鮮やかな布地屋さんの写真が中央に飾られています。一方の京都の職人西田さんの写真は、窓から差し込む光の中で作業されている姿が渋くてかっこいい。

本の中で中須さんは、生まれたばかりの娘さんに「お父さん、それかっこいい」と言ってもらえるような仕事をしていきたいと述べていましたが、京都の職人さんもトーゴの女性の顔も輝いています。

中須さんは京都信用金庫に勤務しておられた経験から、若い情熱だけで無謀にもアフリカと京都をつなげる、と言った冒険ではなく、作り手の顔が見えるしっかりした商品を届けたいという思いで起業されました。そのプロセスが軽快な文章で綴られています。自分一人で乗り越えられない苦労も、仲間や先輩に支えられて一つ一つ解決していきます。それもただ夢のような話ではなく、人と人がつながるリアルな描写が心地よい本です。この気持ち良さは、きっと著者の人柄でしょう。

現在トーゴもロックダウンされていて、美しい布の展示はできませんでしたが、ブックカバー(3500円)、名刺入れ(4000円)、蝶ネクタイ(4000円)、ペンケース(3000円)、パスポートケース(4000円)、ミニマット(1000円)などの雑貨を展示販売しています。見たことのないトーゴという国を想像しながら手にとってみてください。

トーゴ共和国は、チョコレートで有名なガーナ共和国の隣で、周辺国に比べると経済資源の少ない世界最貧国の一つだそうですが、アフリカンプリントと呼ばれる布にはトーゴで生産されているものが多いのです。そしてその中でもケンテという布は王族に献上される一級品。そういう「ものづくり」をリスペクトし、京都の技術と融合させて新しい価値を生み出し「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ことを目指す取り組みにご注目いただけたら幸いです。

この本の仕様は変わっていて、日本での話は縦書きで、トーゴで起こる様々なことは横書きになっています。その度に読み手は本をひっくり返しながら読まなくてはなりません。面倒くさいな〜と、敬遠していたのですが、読み始めるとちょっとした気分転換という感じで面白く読み進むことができました。本の製作過程の展示パネルもありますので、ご覧ください。

前日の展覧会の準備は、仲間と一つのものを作り上げる楽しそうで、少し懐かしく羨ましく見ていました。人が繋がっていく輪の中に、本屋もちょっと入れてもらえたとしたらこんな嬉しいことはありません。(女房)

『中須俊治「Go to Togo 一着の服を旅してつくる」 アフリカ布と京都のものづくり展』は6/24(水)〜7/5(日) 13:00〜19:00   (6/29  6/30は休み)

 

 

 

 

 

 

梨木香歩の本は、ほぼ読んでいたと思っていたのですが、「ピスタチオ」(700円/古書)は未読でした。何かわからないけれども、それに導かれてアフリカに向かった女性ライター(ペンネームは棚という)の物語です。アフリカの伝統的医術を体得した呪術医に会うのが目的の旅、と書くと何だかおどろどろしそうな話みたいですが、そんなことはありません。

「ピスタチオ」は約300ページ程の小説なのですが、前半100ページほどが、主人公が飼っている老犬マースが病気になり、手術を受ける話です。私事ですが、今年老犬を見送ったばかりで、ちょっとこれにはまいりました。(でも、死にませんので愛犬家の方はご安心ください)

「小さい頃から気象の変化には興味があった上に、空の広いケニアに滞在して、大気の状況に自分の体がダイレクトに反応することに、文字通り他人事ではない興味を覚えたのだった。」

その記憶が、再び彼女をアフリカへと向かわせます。ケニアの奥地にあるウガンダに、呪術医のことを調査した人物がいると知った彼女は、病状の落ち着いたマースを日本に残して旅立ちます。しかし、片山というその男と、ガイドまでもが原因不明の死に方をしているのです……..。

ここから舞台はアフリカに移動します。緑、水、精霊…こうしたキーワードが物語の中心になり、それらが緩やかに回転を始めます。その輪は大きくなったり小さくなったりしながら、主人公を、見えない大きな何かに導いていきます。この作家の上手いのは、ファンタジックな世界どっぷりに描くことなく、リアルに主人公の旅を見つめているところです。 思わぬ出来事に遭遇するのですが、なぜ彼女だったのか、ということに明確な回答を用意していません。霊的なるものの存在だけでは語りきっていない、しかし100%の不思議さが残る物語でした。最後に主人公が書き上げた「ピスタチー死者の眠りのために」は、物語全体を総括すると同時に、見事に梨木の世界でした。さて、タイトルになった「ピスタチオ」の意味は? 最後で、あぁ〜そうだったのかと思って、ページを閉じることになります。
棚は「ピスタチオ ピスタチオ いい一生を生きた 安心してお休み」という言葉を最後に書いて、
「書き上げて、気づけば夜が明けようとしていた。棚は、いつものように散歩に出かけようとマースに声をかけた。月は白く高く上がっていた。風は優しく、木々の梢から、棚の耳元までやってきて、何か囁いて消えた。」
余韻溢れる幕切れです。

★年内は12月30日(日)まで営業いたします。年始は1月8日(火)より通常営業いたします。

★イベントのお知らせ「宮沢賢治 愛のうた 百年の謎解き」

2019年1月18日(金)19時より、「新叛宮沢賢治 愛のうた」を出された澤口たまみさんとベーシスト石澤由男さんをお迎えしてトーク&ライブを行います。予約受付中(1500円)レティシア書房075−212−1772

 

アフリカのポップスって、お聴ききになったことありますか?

余程、ワールドミュージックに興味のある方以外、ご存知ないかもしれません。しかし、家事のお供に、寒い日の外出などにも最適な音楽です。ヒョイ、ヒョイとカラダが動きだすサウンドは、やはりアフリカ大陸ならではのもの。もちろん、深く歌詞を読み込んでいけば、大陸に充満する貧困、差別、社会不安のリアルさを読み取ることもできるのですが、それは少し置いておいて、今日は怠いなぁ〜、とか腰が重いなぁ〜という気分の時に、ちょっくら踊りながらでかけませんか、という音楽をご紹介します。

先ずはセネガルのトップスター、ユッスー・ンドゥール。アルバム「ガイド」(700円)はのジャケは、踊っているンドゥールの後ろ姿。「踊るアホウに見るアホウ」の阿波踊りみたいなもんですね。一曲目から快調です。ほら、腕が上がり、足も上がってきますヨ。料理の最中なら、フライパン叩きながら、フンフンと夕食準備です。しかし、踊れそうな曲ばかりではありません。「7セコンズ」、これ、哀愁の演歌です。ネネ・チエリーという女性シンガーとデュエットしてますが、五木ひろしと石川さゆりにタップリと歌っていただきたいみたいな曲です。

もう一人、ザイールから世界へ、そのサウンドを広げたパパ・ウェンバ「エモーション」(700円)。哀愁を帯びたパパ・ウェンバの声とダンスビートが相まって、独特の世界を作り出していきます。アメリカのダンス音楽とは一線を画す音楽は、誰もが気楽に聴けます。アフリカの大地が叩き出すビートって、こういう音楽ですね。ご近所迷惑にならないボリュームで、寒い朝、洗濯物を干す時に鳴らしてください。洗濯物の彼方に、キリンやアフリカゾウが見えるかもしれません。どちらのCDも、日本語訳歌詞カードが付いています。

音楽に興味を持たれたら、雑誌Coyoteの「アフリカの南」(Switch/古書700円)、或は写真集”SAHARA”(洋書/中古1500円)を。CDは試聴できますので、聴きながらこれらの本を眺めれば、さらにアフリカが近づくかもしれません。(店内でのダンスはご遠慮くださいませ)全く知らない国の音楽を聴く楽しみをぜひ味わって下さい。

 

 ★お知らせ★

  レティシア書房 第5回「女子の古本市」2/21(水)〜3/4(日)

京都・大阪・兵庫・滋賀・岐阜・東京などから、出展者が女性という古本市です。お買い得の面白い本を見つけにお越しくださいませ。


 

私がアフリカに興味を持ったのは大学時代に観た、羽仁進監督、渥美清主演の「ブワナトシの歌」でした。ドキュメンタリーのような、ドラマのような映画でしたが、アフリカ的時間の流れが居心地よく過ごせました。

それから、多くのアフリカの音楽を聴いてきました。TVなどで紹介されるアフリカの音楽は楽しそうですが、いざ、CDを買うと、素人さんは大失敗します。もう、退屈で、単調なサウンド(実際は複雑に変化しているのですが)に散々、高い授業料を払ってきたので、断言します。

でも、Jenaguruの”Zimbabwe”(2000円)は、ぜひ聴いていただきたい音楽です。これ、ジンバブエ在住の高橋朋子さんからのご紹介です。彼女はレゲエミュージックを代表するボブ・マーリーが「ジンバブエ」というこの国の独立闘争を歌った歌に感銘を受け、なんとジンバブエに移住。92年に文化伝承の拠点「シャグナルアートセンター」を設立、コンサートに音楽教室、そして日本でのライブツアーと活躍中の女性です。ご縁があって、店に商品を設置させていただくことになりました。CDの売上げは、このセンターの活動資金として運営されます。(写真はCDを持つ高橋さん)

バンド名Jenaguruは日本語に直すと、「明るい月」です。その名のとおり明るい満月の星の下、穏やかな風の吹き抜ける草原で踊っているイメージです。彼等の音楽の優れているのは、土着の音楽の深い精神性に支えられながらも、全く違う文化圏の、例えば盆踊りや、演歌のリズムで育ってきた私たちが聴いても、いいと思うインターナショナルな感覚でしょう。真っ黒な身体に、鮮やかな色合いの民族衣裳を付けたこの国の人達のダイナミックな踊りの美しさが見えてくる様な曲もあれば、ふと、遠くから心地よい風が吹いてくる予感に捕われそうな曲も入っています。

私たちはアフリカについて全くと言っていい程無知です。でも、本を閉じて、ちょっと暗くした部屋でこのサウンドに身を委ねると、向うから、やぁ〜やぁ〜と人懐こい笑顔が現れそうに感じるから不思議です。

高橋さんは彼等の音楽をこう表現しています。「すべすべになった川底の石のよう」と。この言葉を聞いて、私は宮沢賢治の短篇「やまなし」を思いだしました。川底に住む二匹の蟹のお話ですが、透明感あふれ、太陽の光がキラキラ差し込む川底の美しさ。

朝、このCDを聴きながら、カーテンを開けて太陽の光を浴びたら、おっ、幸せ!と感じる音楽の持つ最大の魅力を味わえます。