1973年「アメリカングラフティ」という映画が封切られました。高校卒業の一夜の大騒ぎを描いた青春映画なのですが、ラスト、その高校生の一人の現在を伝えるテロップが流れます。「ベトナム戦争に出征して行方不明になった」と。

明るい未来が待っているはずが、ベトナム戦争で暗転してしまいます。それと同じような、いやもっと悲惨かもしれない10代の若者の姿を描いたのが「mid90sミッドナインティーズ」です。

舞台は1990年代のL.A。兄の突発的な暴力に恐れ、シングルマザーの母にも反発している十三歳のスティービーは、サーフボードショップにたむろする少年グループの仲間に入ります。大人への反抗的態度、酒やタバコの不良的な雰囲気にスティービーは憧れます。そしてリーダー格のレイのスケボーのテクニックを見て、スケボーに夢中になっていきます。彼にはそこだけが輝いていて、彼らといる時だけ生きている実感を味わえるのです。

けれど、この少年たちもそれぞれに深い事情を抱え込んでいます。映画は4人の少年グループとスティービーの、出口のない青春を描いていきます。90年代半ばに十三歳だったジョナ・ヒル監督は、16ミリフィルムを駆使して、あの時代の空気を巧みに作り上げていきます。

監督は暴力を振るう兄にも、心の中に傷を抱え込んでいて、決して弟が嫌悪だけの存在ではないことも描いています。交通事故を起こして入院したスティービーの元へ来た兄が、黙ってジュースを渡すシーンは、兄弟のお互いの感情が交差してゆく優れた場面です。

2001年、同時多発テロが起こり、その後アメリカの権力者は、狂ったように戦争にのめり込んでいきます。そして、また多くの若者が戦場に駆り出されます。お金もない、学歴もない、この映画に登場する少年たちも、やむなく戦場に行ったかもしれません。映画は彼らの未来に関しては一言もいいませんが、観終わった後、彼らの前にどんな人生が待ち受けているのかを考えると辛いです。それがこの大国のリアルな姿なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビートニクス」は、wikipediaではこう説明されています。

「ビート・ジェネレーションは、1955から1964年頃にかけて、アメリカ合衆国で異彩を放ったグループ、あるいはその活動の総称。ビートニクス(Beatnik)と呼ばれる事もある。生年でいうと、概ね1914年から1929年までの、第一次世界大戦から狂乱の20年代までに生まれた世代に相当する。

最盛期にはジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグそしてウィリアム・バロウズを初めとするビート・ジェネレーションの作家たちは多くの若者達、特にヒッピーから熱狂的な支持を受け、やがて世界中で広く知られるようになった。またポエトリーリーディングの活動も有名である。」

「ヒッピー」などという死語も出てきて、若い世代には理解できない部分もあるかもしれません。実は私も全然興味がありませんでした。しかし、アメリカ西海岸にいたとき、何人かの学生から、「お前ギンズバーグ知らへんの」だの、「アメリカンロック聴くのに、バロウズ読まへんの、おかしいで」とか言われて、慌ててケルアック「路上」を読んだ若き日のことを思い出しました。

本書「ビートニクス コヨーテ、荒地を往く 」(幻冬舎/古書1850円)は、日本のポピュラー音楽シーンを走り続けてきた佐野元春が、アメリカに行き、ビートニクスたちに会い、彼らのムーブメントが現在のポップカルチャーにどんな影響を与えたかをエッセイ的にまとめたものです。佐野の音楽は、個人的にあまり好きではありませんが、本書はとても面白い。特にベトナム戦争前後のアメリカの音楽、映画、文学などに影響を受けた方には、読み応えがあると思います。

「1994年日7月6日。再訪のニューヨークシティは気が狂わんばかりのアスファルト熱に包まれていた。」から彼のビートニクスをめぐる旅は始まります。

後半にはギンズバーグ等の対話が組まれていて、その中にゲイリー・スナイダーが登場します。彼は山尾三省とも親交があり、ご存じの方も多いと思います。ケルアックに仏教を教え、禅の修行のため長期にわたって京都に滞在していました。さらに宮沢賢治の「春と修羅」の英訳にも挑戦、エコロジー運動への参加、ネイティブアメリカンの神話の研究など多彩な活動をしています。

作品は人間と自然との関係をテーマにしたものが多く、ソローの作品を原点にした自然文学、つまり「ネイチャーライテォング」の系譜に位置づけられる人物です。

なお、本書にはDVD  が付属しています。これは佐野がケルアックのホームタウンを訪れた時の短編ドキュメンタリーです、ファンには見逃せません。

 

大阪の動物保護団体ARKの来年度カレンダー発売中です。

壁掛けタイプ1000円(残りわずか) 机上タイプ800円です。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。

レティシア書房は、年内28日(土)まで通常通り営業いたします。新年は1月7日(火)から営業いたします。


 

 

先日、マクドナルドの創業から、全米トップのバーガー店になるまでの描いた「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」という映画を観ました。マクドナルドの創業の話なんて面白い??と、これが今のアメリカを知る上でも役立つ、極めて面白い映画でした。

1950年代、ミルクシェイカーのセールスマンだったレイは、ディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>に出会います。流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトにビジネスチャンスを見つけたレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わします。アメリカのどんな町にも裁判所と教会はあるが、ここにマクドナルドも加えるという野望を達成すべく、全米へと進出していきます。

ここで、注目しなけらればならないのは、創業者のディック&マック兄弟は、地元で品質の良いバーガーが提供できれば満足で、会社を大きくする気などさらさらなかったことです。当然、低コストで利潤追求に突き進むレイとは、衝突してしまいます。そして遂にレイは、この兄弟を駆逐して、自らの帝国を築き上げるのです。これが、今日、全世界に広がるマクドナルドの原点です。

レイが、劇中で何度も、ビジネスで勝ち残る方法を語る男のレコードを聞いていました。ノーマン・ヴィンセント・ピールという元牧師が吹き込んだレコードで、『積極的思考の力(Power of Positive Thinking)』というものです。。今で言う自己啓発もの。ビジネスの勝者が人生の勝者だ!絶対に成功すると信じろ!みたいなことを力説します。ところで、このノーマンは、トランプ大統領が唯一尊敬している人物だと、映画評論家の町山智浩が指摘しています。弱肉強食のビジネス界をくぐり抜けて、アメリカンドリームを掴んだ!オレは強い!という正にトランプ的資質ですね。

「だからいま、この映画が作られたんですよ。ドナルド・トランプ的なアメリカというものは、もともとこのマクドナルドなんだということなんですよ」と町田は言います。

この映画は、トランプ的勝者を賞賛する映画ではありません。マクドナルドの全米進出と共に、同じようなスーパー、同じようなホテルがチェーン展開しようとする時代であり、まさにアメリカの均一化、それはやがて世界の均一化へと向かう切っ掛けが、マクドナルドにあったことを描いています。主人公レイを演じるのは、マイケル・キートン。最近「『バードマン」「スポットライト」といった傑作で優れた演技を残していますが、今回の野心丸だしの男も実にハマってました。

因みに、この映画、本家マクドナルド社の協力は一切受けていませんが、もうバンバン、マクドナルドのロゴや店舗を使っています。アメリカでは、表現活動のために著作権のあるもの(ここではロゴ等)を使用するのは構わないという法律があって、表現者は守られているのだそうです。日本では考えられないですね。

久しぶりにマクドナルドに行って、バーガーを齧りながらトランプ的なるものをかみしめてみるかな。

 

8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。


 

京都シネマにて上映中の「ドリームホーム」を観ていると、ここに登場するアメリカ人たちが、あのトランプ氏を応援するんだろうな、と気がしてきました。

映画は、住宅ローンを払えなくなり、銀行の差押え物件にされてしまうブルーワーカーの人々と、差し押さえる不動産屋を軸に展開していきます。離婚して、子どもと母親と三人で生活をしていた主人公は、建築業界の不況で職をなくし、家を差し押えられます。しかし、ひょんなきっかけで、彼は差し押さえた側の独裁者的不動産屋社長の元で働くことになります。搾取されていた人間が、搾取する側に回った時、どうなるかは想像がつきます。

罵声を浴びながら、自分の友人でさえも、その家から追い出す日々。手元には大金が集まり、豪邸を手に入れるのですが………..。

映画の中で、社長がこんな台詞を口にします。

「アメリカは勝利者の、勝利者による、勝利者のための国だ」

1%の勝利者と99%の敗者。政府も、銀行も、裁判所もすべて勝利者の御用機関になっていることに敗者

たちは怒りを限り無い怒りを持っています。多分、それは映画だけでなく、現在のアメリカの状況がそうなのでしょう。そこに、巧みにトランプ氏は食いついたのでしょう。日本では考えられない彼の人気ですが、ヒステリックに怒りとばす口調に敗者たちは心酔している、というのが現状なのではないでしょうか。彼なら、金持ちの味方ばかりする政府をぶちのめしてくれる、その希望が高い支持率になっているのかもしれません。

映画は、果てしなき欲望の泥沼と、個人のモラリティーが交錯するサスペンス。脚本はイラン出身のアミール・ナデリ、監督はやはり両親がイランからの移民のラミン・バラーニ、という外様だからこそ描ける世界かもしれません。蛇足ながら、主人公を演じた(上の写真)アンドリュー・ガーフィールドは、現在製作されている遠藤周作の「沈黙」のアメリカ版の主演に抜擢されたそうです。