星野道夫の一枚の写真から、一冊の絵本が生まれました。「あるヘラジカの物語」(原案/星野道夫 絵と文/鈴木まもる 発行:あすなろ書房1650円)です。

あるヘラジカの群れに、見知らぬオスが侵入してきます。当然、リーダーであるオスは追い出そうと戦いを挑みます。激しい争いで二頭は傷つき、とうとうお互いのツノが絡まったまま動けなくなってしまいました。そのまま動けないヘラジカに、オオカミの一団がやって来て襲い掛かります。さらにはヒグマも匂いを嗅ぎつけてやって来ます。熊やオオカミといった生態系のトップにいる動物たちが去ると、今度はキツネやコヨーテがやって来て、ヘラジカに食らいつきます。さらに鳥たちが肉をつつき、骨だけになったヘラジカ。マイナス50度の冬のアラスカで、カンジキウサギが、その骨を噛みます。ウサギにとっては、真冬の大事な栄養源です。

やがて春が訪れます。巨大な二頭のヘラジカの頭の骨のみが残っています。そこにアメリカタヒバリがやって来て、骨の影に巣を作り卵を産みました。

アラスカに暮らす星野が、河原で、二頭の大きなヘラジカの角が絡み合ったままの頭蓋骨を発見します。それを撮影した作品に出会った鈴木まもるが、絵本を作ろうと思い立ち、出来上がったのがこの絵本です。生態系の中で、脈々と続く生と死の連鎖を描かれています。

「偶然ある日、星野道夫君と出会いました。年が同じということもあるし、アラスカと日本の山ではスケールが違いますが、ふたりとも自然の中で暮らし、動物が好きだということもあり。すぐ仲良くなりました。」

とあとがきに書かれています。鈴木は伊豆の山の中で暮らしながら、鳥の巣の研究、収集、巣の展覧会を続けています。

二人の出会いはとても素敵なものだったみたいです。ヘラジカに食らいつくヒグマの様子を描いた絵など、星野が生きていたら、きっと喜んだことでしょう。絵本の最後のページは「アメリカタヒバリのすのなかでは、4わのひながげんきにそだっている。」という素敵なシーンで終わっています。

アラスカの風を感じる絵本です。

 

Tagged with:
 

大半をアラスカで過ごし、オーロラやここに生きる動物たちを撮影している写真家、松本紀生著「極北のひかり」(Creuus/古書1300円)を読んでいて、不覚にも泣いてしまいました。なんて、この著者は幸せ者なんだろう。

それはアラスカの荒野でキャンプをしている時のことです。近くに狼の小さな群れが来ていることに気づいた著者は、彼らに語りかけようとして、遠吠えの真似をします。「ワオーーーー」と声を張り上げますが、無反応でした。ところが暫くして、「アウ〜〜〜〜〜」と応えたのです。

「鳥肌がたった。野生のオオカミが返事をしてくれたのである。どう贔屓目に聞いても狼のものではないニセの遠吠えに対して、人間を避けるようにして生きる孤高の野生動物が声を返してくれたのである。」

その後も、彼らは反応をしてくれました。「相手の遠吠えに対してこちらが吠える。するとそれに対してまた相手が吠える。そうすることで、あたかも野生動物と自分との間で会話が成立しているかのような錯覚を覚えたのである。」

この話には続きがあって、翌年、同じ場所にキャンプをした時、やはりその狼たちが、やってきたのです。そして、同じように彼の遠吠えに応えたのです。

「顎を反らして、耳を下げ、うっすらと目を閉じながら、腹を震わせるような野太い声を返してくれたのです。折しも昇り始めた太陽が、遠吠えで発せられた吐息を逆光で浮かび上がらせていた。」

彼が撮影した白オオカミの写真が載っています。この経験を生涯忘れることはないと著者は書いています。過酷な自然の中に身を置かないと経験できない至上の喜びが、この本にはあふれています。

その後も、この地に来ると遠吠えをしてみるのですが、反応はありません。

「それでもよかった。声を交わしあうことなどできなくても、彼らがどこか近くで暮らしていると想像するだけで、心が温かくなる気がした。オオカミが生きていけるだけの汚れのない自然がまだこの世には残っていると感じられるだけで、充分だった。」

自分の生き方を模索し、アラスカに出会い、極北の厳しい自然の中に身を置いてマイナス四十度の世界で見つけたもの。自分はどう生きるのかを探す彼の旅に参加してみませんか。

とても素敵な本でした。

野性の激しさと美しさを撮り続ける写真家、石川直樹のエッセイ集「極北へ」(毎日新聞社/古書1300円)を読みました。

17歳の頃、カヌーイストの野田知佑と知り合った石川は、彼の影響でカヌーを始めます。野田の著書には、何度かアラスカの原野のことが登場しますが、石川は大学一年の時、カナダとアラスカに跨がるユーコン川へと向います。その頃、石川は、もう一人強く影響を受けた人物、星野道夫を知りました。星野はもう亡くなっていたのですが、彼の著書を読み、「今まで漠然としか描かれていなかった自分の進むべき道が、先住民文化や人類の旅路をヒントに動きはじめていく。」と語っています。

「ぼくは高校生の頃に出会った野田さんや星野さんの著作によって極北へと導かれていった。それから、十年。毎年のように極北の大地に通い続けている。その原点は、ユーコン川下りであり、このデナリ登山である。あのとき内から沸き上がってきた生きる喜びを、今でも忘れることはない。終わりのない長い旅は、このときからはじまったのだ」

石川の長い旅を、この本を読むことで知ることができます。

「アラスカにいると、人は寡黙になり、冷静になる。自分がたった一人の人間であるということを多かれ少なかれ意識するからだと思う。」そう、彼に言わせる極北の大地アラスカ。そこで、彼は魅力的な人達に出会います。星野道夫の友人ボブ・サムに偶然出会って、星野の本を手渡すという体験もします。さらに、星野が居候していた小さなエスキモーの村シシュマレフの元村長クリフォードに巡り会うという幸福が訪れます。

アラスカに続いて、2004年彼はグリーンランドへと向かいます。グリーンランドは総面積218万平方メートルの世界最大の島でありながら、人口56000人という世界最低の人口密度という特殊な環境の国です。グリーンランドの厳しい自然と、そこに生きる人びとの暮らしが克明に描き出されています。殆どの日本人にとってはグリーンランドは全く知られていない国です。だから、この石川の記録は貴重です。この地に暮す、猟師は、移動手段にスノーモービルは使わず、犬ぞりです。それは、狩りにでたフィールドで、機械が壊れたら、生きて帰れないからです。

「極地で生き抜くための知恵には、それが受け継がれてきた明確な理由がある。グリーンランドの犬ゾリは郷愁に彩られた過去の残滓ではなく、現在にいたるまで優れて同時代的な移動手段なのだ。ぼくのカメラは凍って動かなくなることが何度もあったが、犬たちは白い息を吐きながらいつまでも走り続けてくれた。」

著者と共に、この国を旅して下さい。

写真家には、文章が上手い人が多いと思います。巧みな、あるいは凝った文章、というよりむしろ平易過ぎる文章です。でも、的確にその場の状況を把握しているのは、常にファインダーを見続けているからかもしれません。

昨夜7時から、上村知弘写真展「Nature Connections」のイベントとして、ご本人によるトークショー「極北カナダ・ユーコン&アラスカの旅と暮し」を開催しました。20名以上の方々に参加していただき、狭い店内は熱気に包まれました。

上村さんが暮らしているカナダ・ユーコン凖州は、日本の1.3倍の大きさに人口たった37000人。人より野生動物の数の方が遥かに多い大自然のひろがるところです。

スライドで極北の四季が映し出されていきました。先ずは冬。この地で冬と言えば、世界最大の犬ぞりレース「ユーコンクエスト」が有名です。動画も駆使して、このレースの姿を臨場感いっぱいに紹介していただきました。2006年から「ユーコンクエスト」に出場している日本人女性マッシャー、本多有香さんの事も、彼女の著書「犬と走る」(在庫あります 800円)を手に取りながら、お話されました。上村さん自身も、保護された犬たちと趣味で犬ぞりを楽しんでいるとのことで、犬たちに対する気持ちがこもっていました。

長い冬が終り、春がやってくると、多くの動物たちが躍動し始めます。道路をホイホイ歩く親子のグリズリー(灰色クマ)の後ろ姿に、思わずみんな笑ってしまいました。そして夏、激流を下ってゆくカヌーを巧みに操縦する上村さんと奥様のタミーさんには拍手喝采。トークショーの途中には、タミーさんのお父さんの自家製スモークサーモンの差し入れ。燻製の香りにそそられ、一口食べたら止まりません。美味しいアラスカ!

短い夏が終り、あっという間に秋が過ぎ去り、冬の使者オーロラがやって来ます。もちろん、その美しく、幻想的な姿も動画でみせていただきました。太陽から吹き付けられる太陽風が原因となるオーロラは、銀河の彼方からの手紙みたいです。地球も宇宙も、人間だけのものじゃないよ、という事を確認させてくれる現象だと思います。参加者の中には、すでに上村さんのツァーでオーロラ経験済みの方もいらっしゃいましたが、未経験者たちは、ため息をついて、遠くカナダの空に思いを馳せました。

厳しい自然とともに生活しておられる人のお話を伺う度に、都会で暮らす自分の脆弱さを思い知らされます。ともあれ、ステキな時間を過ごす事ができました。上村さん、ありがとうございました!そして、お越し下さった皆様、窮屈な所でしたが、最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。ちなみに、もし旅に出掛けたいと思われた方、上村さんとタミーさんのガイドでいかがですか?

素敵なオーロラの作品の入った来年のカレンダー(一枚もの)は、写真展最終日まで販売しています(1100円)

 

没後20周年「星野道夫の旅」展(京都高島屋10月10日まで)を観てきました。初日だったので、奥様の星野直子さんのギャラリートークも聞くことができました。

彼の本や、写真集で何度も観た作品が数多く展示されていますが、大きく引き延ばされたもので見ると、作品の彼方に広がるアラスカの大自然の微妙な色合いまで、手に取るようです。彼は「アラスカ光と風」の中で、この地をこう語っています。

「アラスカという地は来る者を拒まないかわりに、厳しい自然がその代償を求めてくる。ここでは型にはまった常識は存在せず、だれもがそれぞれのやり方で生きていくだけだ」

星野自身が考え、行動した(シャッターを押した)その瞬間が投影されています。

荒涼たる大地にたった一人で、いつ現れるかもしれないカリブーの群れを、あるいは夜空を舞うオーロラを捉えるまでの長い長い時間、彼は何を考えていたのでしょうか。そんな事を思いながら、作品を観ていました。

「一年に一度、名残惜しく過ぎてゆくもの、この世で何度めぐり合えるのか。その回数をかぞえるほど、人の一生の短さを知ることはないのかもしれません。」

と「旅をする木」で語っています。目前の、カリブー達に、熊たちにもう会うことはないのかもしれない。彼らが生き残る保障もないし、自分自身の人生にも終りがくる、その切なさと、生きていることの愛しさが、シャッターを押し続けさせたのかもしれません。

「短い一生で 心魅かれることに多くは出会わない もし 見つけたら 大切に……..大切に…… 」という文章を残した星野は、彼が心魅かれたアラスカを大切に、最大限にリスペクトを持って接してきました。その結果が、あらゆる生と死が盛り込まれた作品が生まれてきました。

極北の動物たちが、こちらに向ける眼差しをゆっくりと見つめていたいものです。

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショー 「極北 カナダ・ユーコン&アラスカの旅と暮し」(7時より)を予定しております

  (要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

Tagged with: