アンソニー・ドーア著「すべて見えない光」(新潮社/古書2400円)という長編小説があります。物語の舞台は戦時下フランスの街サン・マロ。目の見えない少女マリーとドイツの若き兵士ヴェルナーの運命を描いた作品で、ピュリツァー賞の小説部門など数多くの文学賞を受賞しています。決して、読みやすい小説ではありませんが、時代の波に翻弄される二人の運命を詩情豊かに描いていきます。

この小説に感動して、舞台となったフランスの各地に出向き、その街の印象を写真と文章でまとめあげた小冊子を入荷しました。熊谷眞由美さんの「たどる『すべての見えない光』」(600円)です。2017年秋、彼女はこの地を訪れます。「本に出てきた場所を巡り、自分の五感を使ってもっと深くこの本の世界を味わってみたい…そう思って行きました」と書かれています。一冊の本を読んで、読者をヨーロッパまで向かわせるって、本の力って凄いですね。

舞台となったサン・マロは、花崗岩の岸壁と12世紀に建てられた城壁に囲まれた英仏海峡に面した街で、小説に登場した建物やストリートなどが今も残っています。マリーが住んでいた大叔父エティエンヌの家、マリーの父ダニエルの家の家政婦マネック夫人が、サン・マロのホームレスのウベールに連れていかれる秘密の場所などを、一つ一つ訪ねて写真に収めています。

さらに、著者は物語に出てくるヴェルヌの小説「海底二万マイル」の中で「サン・マロの教会で大ダコの絵を見た」という件を思い出し、サン・マロ歴史博物館で大ダコの描かれたタペストリを発見します。

う〜ん、凄い!この情熱!一冊の読書で、ここまでやるとは!

この冊子を読み、そう言えば「すべて見えない光」にはこんな人物も登場したなぁ、オーデュポンの「アメリカの鳥類」が出てたなぁ〜、とか思い出しました。

これから小説を読む方のために、登場人物の紹介と、彼らの年表まで用意されていますので、読書の助けになります。

著者の熊谷さんは、「ASHITA no HAKO BOOKS」という小さな出版レーベルを立ち上げておられています。そこから出された小冊子も販売中です。

 

★店主  FM京都に出演! 3月23日、30日「サニーサイド・バルコニー」という番組の中です(13時50分ぐらい)。暇な方は聞いてやってください。

熊本にある小さな書店、橙書店。店主の田尻久子さんは、文芸誌「アルテリ」(第5号1080円)を編集されています。この雑誌については、ブログで紹介しました。

つい最近、田尻さんのほぼ書き下ろしのエッセイ集「猫はしっぽでしゃべる」(ナナロク社/新刊1512円)が出ました。一度はお邪魔したい書店の店主の本なので、早速読みました。

田尻さんのお客様への、そして本への深い愛情に満ちあふれた文章を読んでしまうと、私のブログなんて、実にお粗末なものだということを痛感しました。

「涙腺は、ゆるくなるのではない。よく、年を取って涙もろくなったと老化現象のように言われるが、泣く筋力がついたのだと思いたい。本を読み映画を観る。誰かに会う。言葉を交わす。たとえひどい出来事を経験したとしても、人は必ず何かを得ている。経験は想像力を与えてくれ、泣くツボを日に日に増やしていくのだろう」

読み始めてすぐに、こんな文章にぶつかってしまいました。彼女が日々、真摯に生きてきた中から生まれてきたものです。

ポール・オースターの「冬の日誌」について、「本を読んでいても、行間で心が浮遊している。マンハッタンを彷徨いつつ、過去の自分の部屋に行く。これを旅と言ってもおかしくはないだろう。本と身ひとつ、他には何もいらない。私たちには、想像力という乗り物がある。身体移動しないで、旅をする。」と書かれています。単なる本の解説、紹介だけでなく読書の深い楽しみが伝わって来ます。

そして、書物への深い愛に溢れた作品を出版し続ける夏葉社の「さよならのあとで」(1404円)を、たった一つの詩が悲しみにくれる人の心を支えてくれる本だと書かれていました。彼女の店に、この本を二冊買いにきたお客様を見て、夏葉社の島田代表にこう伝えています。

「一冊は贈り物で。この人と、この人の大切な誰かに、かなしみが訪れたのだろうか。そんなことを考えながら、お包みした。そのとき、この本は突然に必要になるから、切らしてはいけない、と思った。」

「この本は突然に必要になるから、切らしてはいけない」これは、私も日々思っていることです。人生の様々な場面で、本が、映画が、あるいは音楽が、その人を支える時がある。だからこそ、その人のために本を揃えておく。本屋の心構えを再確認しました。

本の最後で、アンソニー・ドーアの傑作「すべて見えない光」(新潮社/古書2400円)が取り上げられています。ナチドイツの将校になった少年と、パリに住む盲目の少女の、一瞬の邂逅を描いた長編です。この中で、少女マリーがパリから避難する時に、大事な点字の本を置いていかざるを得ない状況になります。読んでいる最中の「海底二万里」を置き去りにするシーンを田尻さんはこう書いています。

「本はいつも、目の見えないマリーの世界を解放し、抱きしめ、勇気づけてきた。持っていけないことが、私も悲しかった。」

読書をすることが、血となり肉となった人にしか書けない文章ですね。

私ごときが、もうこれ以上グタグタ言うのはやめます。読書を愛する人なら、ぜひぜひ読んで下さい。