久々にCDのご紹介です。暑いからボサノヴァ!などという素人(?)選曲ではありません。

一つ目は、オランダの歌姫アン・バートンです。1966年から1988年までのラジオ局での録音を集めた「メモリアルアルバム1966-1988 」(国内プレス/1600円)。ジャズボーカルというと、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ボーン、あるいはビリー・ホリディの名前が上がりますが、このクソ暑い時期には聴く気分にはなりません。エラが、あの巨体でシャバダバ、シャバダバ♩で迫ってこられると、ちょっと遠慮させてくださいと言いたくなりません?

その点、アン・バートンは、ぐいぐいと迫ってくることはありません。地味で、大人しい音楽です。そこには静寂とある種の倦怠感のような落ち着きが漂っています。そして彼女のバラード曲に流れる哀愁。そっと寄り添ってくる大人な雰囲気。こんな音楽を、真夏の夜の友としたいものです。当店では、アン・バートンは人気のシンガーで、過去何度かCDを入荷しましたが、すべて売切れています。渋い趣味の方が多いみたいです。

次にご紹介するのは、グラディ・テイトの「風のささやき」(国内プレス/1700円)です。グラディ・テイトをご存知の方は、余程のジャズファンだと思います。元々はドラマーで、多くのジャズアルバムでドラムソロなんて滅多にやらずに、しっかりと音楽を支えて来たミュージシャンです。その彼がボーカリストとして吹き込んだのが本作です。夏の午睡には、これとビール、その二つさえあれば幸せになれるはず。

アルバムタイトルの「風のささやき」は、S・マックィーン主演の映画「華麗なる駆け」の主題歌として有名な曲です。ゆっくりと、囁くように歌い始め、ストリングスオーケストラが絡んでくるあたりで、ゆっくり昼寝ができそうです。黒人シンガーらしいシャウトする曲もあるのですが、ギラギラした感じがなく、汗をかくことはありません。ビタースィートな心地よさ、タイトなリズムでリスナーを包んでくれます。

 

★連休のご案内  8月5日(月))6日(火)は恒例「レティシア書房 夏の古本市」(8/7〜8/18 参加27店舗)の準備のためにお休みさせていただきます。