ミア・ハンセン=ラブ監督、イザベル・ユベール主演の「未来よ、こんにちわ」は、のっけから驚かされるフランス映画でした。

ユベール演じる高校の哲学教師が学校に行くと、学生がストライキ中。フランスの労働政策への不満をぶつける学生達の間をすり抜けて先生が登校します。でも、学校側が学生たちを弾圧するでもなく、ましてや警察なんてどこにもいません。そんな事もありますね、みたいな感じで授業開始。とても、今の我が国では考えられません。

または、この教師の娘が父親と会話するシーン。喋りにくそうにしている娘にむかって、父親が「妊娠か?」と問いかけます。そうではない、と答える娘に「じゃあ何だ?」。娘は「お父さん、浮気しているでしょう。その女性かお母さんかどちらか選択して」とズバリ斬り込みます。

映画は、そんな事こんな事おかまいなく、テンポ良く進行していきます。哲学教師どうしの熟年離婚になってしまった女性は、夫の告白に唖然としながらも、淡々とした雰囲気で生活を続けます。別れ話を持ち出した後、夫が贈った花束を、何よこれ!と捨てるシーンにだけ、感情が爆発しますが。

老いて、少し認知症のある母親と主人公の確執だけでも、一本映画になりそうな展開なのですが、これまた、淡々と描いていきます。そういうことも、こういう事もあるのよね、と時の流れを受け入れて生きる一人の女性を描いていきます。ラストもフランス映画的なエンディング。出会いがあり、別れが来て、今日が終わり、明日が始まる、私の人生にも、アナタの人生にも。だから、頑張りましょうなんて野暮なことも言いません。名曲が彩りをそえてエンドマーク。

突き放すわけでもなく、べったり寄り添うわけでもなく、人が生きるのは、こんなもんよ、目の前の一つ一つを、その時々に、自分の頭で考え選んでいく。おひとりさまは自然な事、でも愛しい私だけの人生、をスケッチ風に描いた映画です。

社会学者の上野千鶴子は、この映画をこう評価していました。「ひとりの孤独と充実を内に、初老の女が草原に立ち尽くす風景は心に刻まれる」と。

 

監督のミア・ハンセン=ラブは81年パリ生まれ。両親共哲学の先生だったとか。多分に自伝的要素も入っているかもしれません。

★レティシア書房臨時休業のお知らせ 4月17日(月)18日(火)連休いたします。