イスラエル映画「運命は踊る」(サミュエル・マオズ監督作品)を観て来ました。予告編で、国境警備所のゲートを一匹のラクダが、ゆっくりと通過するシーンを見て、これは面白いかも、と思ったのです。

高名な建築家が住むマンションに、イスラエル軍の兵士がやってきてこう伝えます。「あなたのご子息は戦死されました」と。悲嘆にくれる父と母、親戚の面々。母は悲しみのあまり倒れてしまいます。葬儀の準備が始まったその時、戦死の報告を言った兵士が再度訪れ、「あれは間違いでした。同姓同名の人物と間違えました」。こんな間違いなんて言語道断。烈火の如く怒りだした父親は、すぐに息子を戻せと兵士に詰め寄ります。

ここで、序章は終わります。場面変わって、予告編にも登場した国境警備所。と言っても、戦争の陰など全くない場所です、時々、ラクダがやってくるか、車に乗った一般市民が通過するぐらいのノンビリした警備所です。ボロボロの警備車両に、だんだん傾くオンボロ兵舎、不味そうな缶詰だけの粗末な食事。何も起こらない場所で、24時間交代の警備勤務をこなしている、その中の一人が、戦死と間違えられた兵士です。誰と、何のための戦争かもわからないまま、敵の影すら見えない警備所の生活は、生きる意欲も失せ、まるで生きる屍の如き毎日です。それでも、彼らはそれなりに暮らしていました。監督は悲惨な状況をことさらクローズアップでせずに、静謐な雰囲気で書彼らの毎日を淡々と描いていきます。しかし、ある日、彼らはとんでもない事件を引き起こします。この事件前後の描き方は極めてスタイリッシュです。何が起こったかは映画館でご覧ください。

そして、映画は、再び父と母が住んでいたマンションに戻ります。でも、何だか状況が変化しています。灯の消えたマンション。酒びたりの母。所在なげな父。何が起こったのでしょうか?息子は帰ってきたのでしょうか?この夫婦はどうなってしまったのか、うっすらと予想はできますが、衝撃的な答えが最後に用意されています。運命とは、こんなに残酷なものなのか。この夫婦の悲しみと苦しみ、人生のやるせなさの向こうに、少し見えてくる希望。ラスト、切ないピアノの旋律に合わせて、映画のオリジナルタイトル「フォックストロット」というステップの踊りを繰り広げる二人に涙しました。

母国イスラエルの保守派政治家からは、国の資金を使ってこんな映画を作るとは、と攻撃されたみたいですが、イスラエルのアカデミー賞的存在のオルフィー賞8部門獲得し、本家のアカデミー外国映画賞にもノミネートされました。予告編の面白さはホンモノでした!

 

★釧路ヒッコリーハウスオーナー安藤誠の「ネイチャートーク」が決定しました。10/27日(土)19時スタートです。参加費は2000円です(要予約)