2004年、スマトラ沖で発生した大津波は、インド、タイ等の沿岸諸国に大惨事を招きました。それから5年。インドを本拠地とするタラブックスは、”TUNAMI”という絵本を出版しました。

インドには家から家へと渡り歩き、絵物語を見せながら、語り聴かせる語り部ボトゥアと呼ばれる人がいるのだそうです。二人のボトゥア、ジョイデブ&モエナ・チットコルは、津波による惨状を絵物語にして、亡くなった多くのひとたちを鎮魂しようと、絵を描き語り歩きました。そして2009年、この絵物語をタラブックスが、本として世に送り出しました。職人たちの手作業で、手漉きの紙に、一枚ずつプリントされた手製本は、被災した多くの人に手渡されました。

2011年、日本の沿岸が津波に襲われました。インドで起こったことと同じことが日本で起きたことから、日本語版の制作が始まり、今年三輪舎より「つなみ」(3780円/限定1500部)が発売されました。

蛇腹式の本を開けると、「さぁさぁ、みなさん聞いてくれ わたしの話を聞いとくれ これからうたう悲しいうたを すべてをさらった波のこと つなみ 命をのみ込む波の話を」という言葉と共に物語りは始まります。ジョイデブの描くダイナミックなデザインと原色に満ちた絵に、先ず目が奪われます。この物語を語るモエナの声を、なんとか日本語で伝えたいと翻訳したスラニー京子さんはこう語っています。

「腹の底から声をふりしぼるように、津波という痛ましい出来事を描くモエナの歌を訳したかった。彼女が津波について語るとき、そこにはどういった思いがあるのか、津波がインド洋を襲った時、モエナは何を見て、何を感じたのか。彼女の声にしっかりと耳を澄まして、どうすれば読者の方々に伝わるのかと考えた。」

絵巻全長180cm、波が滝のように流れ落ち、人々、動物、植物が押し流されてゆく様が描かれています。しかし、皆の表情は苦痛に歪んだリアルなものではなく、このお話を見て聞いておくれ、といっている様です。

語りにの最後に「それまで埋もれていた寺が もうひとつ となりにみつかった 波が砂をさらった そのあとに もうひとつ 寺があったのだ すべてが打ち砕かれた そのあとに 尊いものが たち現れた。」とありますが、これは事実だそうです。マハーバリプラムという観光地に、8世紀にまで遡る遺跡群がありましたが、津波が直撃した後、引潮と同時に、それまで砂に埋もれていた1300年程前の寺院が忽然と姿を表したのです。打ち拉がれた人々にとっては、大きな救いであったことでしょう。

可能ならば、広げた形で部屋に飾っておきたいところです。魂のこもった手作り本が、あなたを励ましてくれるかもわかりません。

 

★釧路ヒッコリーハウスオーナー安藤誠の「ネイチャートーク」が決定しました。10/27日(土)19時スタートです。

参加費は2000円です(要予約)


 

先日、東京から3人の若者が、新しく出版するミニプレス「THE WORLD YOUTH PRODUCTS」略して「WYP」の営業に来られました。大学が一緒で、今はそれぞれ違う職場で働きながらミニプレスを発行されることになったそうです。

タイトルは「WYPVol.0 働きながらインドを探る」(700円)。表紙を開いて先ず目に飛び込んでくるガンジス川(と思う?)に佇む人達の写真がとても気に入りましたので、店での販売開始決定。インドと言えば、デリーとかになりがちですが、彼らはグジャラート州ナヴサリという、日本人は誰も知らない田舎へと取材に向かい、そして、この農村に住む若者達に仕事や夢について尋ね歩きます。やはり、ここでも村の工場や、若者の写真が素敵です。

かつて沢木耕太郎は「深夜特急」でアジア、中近東を旅する魅惑を語り、それに影響を受けた多くの若者達がバックパッカーとなって海外へ飛び出しました。このミニプレスは、これからの時代を生き抜く若者たちが、異国の若者たちに「働く」ことを問いかけるために、飛び出した、その結果報告書です。「真摯に生きる」ことをテーマに雑誌を作るとこんな感じになります。

インドの取材後、日本で慶応大学武田教授に「インドのIT人材論」というタイトルで話を聞きに行っているのが、今を感じさせます。

WYPのHPには、こんな文章が載っています。

「共感してくれた友人二人と『THE WORLD YOUTH PRODUCTS』というフリーペーパーを作ることにしました。テーマは、「学べるフリーペーパー」です。

フリーペーパーというと圧倒的にカルチャー色が強いですが、このフリーペーパーでは、ごくごく真面目に経済の話だったり社会問題についてを取り扱っていきたいと思います。」

フリーペーパーからもう一歩、雑誌へと新しいステップを上がったWYPを応援しようと思います。

 

Tagged with: