3年ぶりの『棚からうさもち展』で、本屋に春がやってきました。

棚からうさもちさんは、フェルトでウサギを作る作家さん。レティシア書房では、2015年3月に初めて個展をしていただき、今回の「ハーメルンの小さなうさぎ達」で5回目になります。

ふと立ち上がって顔を向けたグレーのウサギ(写真上)は、こちらに向かって語りかけているよう。その動きがリアルで驚きました。聞けば、ワイヤーの使い方を少しずつ変えて、さらに時間をかけて作っていらっしゃるのだとか。そういえばどのウサギ達も、じっとポーズをとっているというよりは、動きながら一瞬立ち止まった、という生き生きした感じが出ています。大好きなものがあること、そして作り続けることは素晴らしい!進化を遂げているウサギさんをぜひご覧ください。

フェルトの優しい手触りは、ウサギのモフモフ感と相性が抜群です。フェルトを作る時のスポンジに羊毛を刺す「サクサク」という音がウサギが草を食む音に似ていて、作りながら幸せに浸れるのだそうで、作家のウサギさんへの愛情は尽きることがありません。

初日からファンの方々がご来店、それぞれのウサギ愛にあふれたウサギ談義が店内で楽しそうに響きます。これも個展の楽しみです。毎年人気の「卵うさぎ」は完売しました。ポストカードも11種類並んでいます。春のグリーティングカードにいかがでしょうか。(女房)

 

✴️『棚からうさもち展 ハーメルンの小さなうさぎ達』は3月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00 最終日は17:00まで    月火定休(  3/21 ,22は休み)

 

 

春の暖かさにつられて出てきたウサギさん。フェルトで作られたウサギの愛らしい仕草に見惚れます。ギャラリーの壁の向こうの不思議の世界から出てきたみたいです!

今回で4回目となる「棚からうさもち」さんの個展が始まりました。初日から多くのうさもちさんのファンで、賑わっています。

ウサギさんたちは進化を遂げて、一昨年個展の時より心なしかピシッと立っているようです。うさもちさんは多くの展覧会を開かれて、作り方もどんどん研究を重ねておられるに違いありません。写真上の「穴があったら入りたい」の毎回人気のシリーズも、リアルでありながら可愛さがさらに輝いているように感じました。

うさもちさんは、愛してやまないウサギさんを作ることを心の底から楽しんでいらっしゃるのでしょう。そして、製作することに真摯に向き合う姿勢が、きっとファンの方々にもしっかり届いているのです。好きなものがあって、まっすぐにそれに向かえる幸せが、こちらに伝わってきます。ウサギさんファンの熱いおしゃべりが、いつまでも続いていました。

 

また、前回から挑戦されている「球体関節人形」が、そこだけシンとした静かな空気を漂わせています。人形とウサギさんの新たなコラボが楽しみです。それと、これも一昨年の個展で、兎の口と眼だけ額から見えている新しいバージョンの「穴があったら入りたい」シリーズは、可愛いいだけではないシュールな魅力があり、うさもちさんの新たな物語が、どう続いていくのかますます期待大の展覧会になりました。もちろんお馴染みのスクーターで爆走中のウサギさんもいっぱい並びました。

作品は一部を除いて販売しております。ポストカード(150円)は、10種類揃いました。レティシア書房に春の訪れを告げるウサギさんたちに、会いにきてくだされば嬉しいです。(女房)

 

⭐️棚からうさもち「小さなうさぎたち」展  

3月19日(火)〜31日(日))12時〜20時(最終日は18時まで)月曜定休日

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より、川久保貴代子さんのガラス展が始まりました。DMで使われているウサギの大きさについては、お店のお客様からもサイズは?というお問い合わせもあり、興味津々でした。で、木箱から出てきたウサギはワォ〜!!ガッツ石松!?でした。

今、カウンターからもその作品が見えています。作家は、その跳躍しようとする姿勢をイメージして製作されたんだと思いますが、私にはどう見ても、ボクサー兎です。ぐっと、前足を出した仕草は試合開始のカウントを待つ姿勢です。ガラス工芸には、今まであまりときめきませんでした、まぁ、はぁ〜?という感じでした。

しかし、この木箱から出てきた兎には、心動かされました。この兎を正面から眺めると、私の愛読していたボクシング漫画「はじめの一歩」の主人公が、左に右にと身体を揺らしながら、リングの隅に獲物を追い詰めるシーンを思い出します。今にも、この兎のスピィデーな動きでシュッシュッと近寄られてアッパーに鋭いパンチ浴びせられそうです。(大きさ30cm高さ30cm)ぜひ、正面からご覧いただいて、彼(彼女)の素早い攻撃をかわせるかどうか。お試し下さい。

 

このボクシングする兎の横には。同じサイズの「Refuse」という作品名の兎がいます。こちらは、台の上に座ったポーズで、その前足の微妙な上がり方が気になる作品です。ちょい、左の前足を上げた感じが面白く、「てめぇの下らん話なんざ、聞きたくねぇ、顔洗って出直しな!」と江戸前で啖呵きられそうな、ちょっと粋な感じもあります。顔の上げ方が、歌舞伎の花道で、つんと顔を上げた女役めいていたりして、見ていて飽きません。30日まで開催です。扉を開けると、「よぉっ!」という風情のペンギンが出迎えてくれます。

動物シリーズ他にも色々あります。淡い色彩に彩られた動物達を見ていると、なんだか透き通った気分になります。

 

動物だけじゃなく、こんな可愛い作品も販売しています。クリスマス、お正月用にいかがでしょうか

 

★年内は30日(日)まで、新年は5日(土)から営業いたします。どうなるんか、と思いましたがおかげさまで無事年を越せそうです。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Tagged with: