今年4月、東京立川にオープンする美術館の開館記念展が「エリック・カール 遊ぶための本」です。その記念図録がブルーシープ社から発売されました(新刊/2200円)。

図録の帯に記載されていますが、これはエリック・カールの全てがわかる立派な書籍です。カールといえば、「はらぺこあおむし」が有名な、色彩を巧みに操る魔術師みたいな絵本作家。

本書で序文を書いている、今人気の絵本作家tupera tuperaは、カールの世界をこう表現しています。 「画面を隅々まで眺めてから、今度は、顕微鏡でも覗くかのように、ぐっと絵に顔を近づける。すると、まるで色鮮やかな銀河や惑星をみているような光景が目の前に広がる。エリック・カールによって生み出された紙の宇宙だ。」

カールの作品では、アメリカの童歌を元に、カールが描いた動物たちが登場する「月ようびはなにたべる?アメリカのわらべうた」(1993)が大好きです。ここに登場するヤマアラシの美しい姿に目を奪われました。「ごきげんななめのてんとうむし」(1977)に登場するサイや、「えをかくかくかく」(2011)に出てくる馬なども、今にも画面を蹴破って飛び出しそうです。

そんな楽しい本と遊ぶ子供達を、人気の写真家長島有里枝が撮影して、子供達の素敵な表情が収録されています。さらに マサチューセッツにあるカールのアトリエや、カール美術館の訪問記や、カールのこれまでの歴史、そして書影入りの作品リストが網羅されています。グラフイックデザイナー時代の作品を初めて見ることができました。永久保存版として持っておいても損はないと思います。