人生は選択の連続です。この道を行くか、あちらの道か、電車にするか、バスにするか、から「死ぬべきか、生きるべきか」まで。

どういう仕事を自分の仕事とするか、誰と生きるか、何処で生きるかという選択の場面も何回も巡ってきます。その立場に立たされた人達へのインタビューを通して、なんで、何を思ってそっち選んだん?、ということを考える本がミシマ社から出ました。石井ゆかり著「選んだ理由」(1512円)です。

登場するのは、ほとんど京都の方々。河原町にある「エレファント・ファクトリーコーヒー」、合気道の篠原先生、フリーカメラマンの吉田さん、高校生の赤井結花さん等々七人が登場します。

新刊書店の平台でいばりちらしている自己啓発本やら、自分探しの本と、この本が、全く異なるのは、著者が全く相手のことを知らされずに、インタビューするという企画にあります。題して「闇鍋インタビュー」。その場を通して、その人だけが持っている選び方、選ぶべき拠り所が見えてきます。

「もし、本書を読んだ後に、読者がご自身の中にある、個性的な『選び方』『選ぶ理由』の存在に気づかれるようなことがあるとすれば、著者としてこれ以上の喜びはない。」と著者は書いていますが、個性的な方々の話に耳を傾けてはいかがでしょうか。

そして、実は、この本から浮かび上がってくるのが著者の生き方、考えかたなのです。例えばミシマ社の吉田さん相手のインタビューでは、こう書かれています。

「多くの人が『やりたいこと』を探す。『何がやりたいか解らない』と悩んでいる。でも、本当に見つめていなければならないのは、『やりたくないこと』なのかもしれない。自分の中の『NO』を知っていることが、羅針盤となることもある」

ところで、 後半登場する中川さんの肩書きが面白い。「イラストレーターと僧侶 中川学」であり「瑞泉寺 住職 中川龍学」。ご住職の名刺の下には「豊臣秀次ご一族の菩提寺」と書き込まれています。先日、大河ドラマ『真田丸』では、その悲しい末路が描かれていましたね。このインタビューがとてつもなく面白い。人生の岐路で、この道を選んだ時、あ〜あっちを選んでたら、と思うことって多々ありますが、中川さんは、そうじゃない。選ばれなかった選択肢などない、という驚くべき結論へと向かいます。詳しくは、本書をお読み下さい。