店内で開催中のnakabanさんの「ことばの生まれる景色」原画展(14日まで)には、暑い中多くの方にご来店いただいております。

誠光社でも「nakabanの旅するブックシェルフ誠光社編〜もうひとつの『ことばの生まれる景色』」(15日まで)が開催中で、どちらも行かれている方が多いようです。どちらの書店にもnakabanさんデザインのスタンプを設置しておりますので、記念に栞に押していってください。

そんな折も折、ミシマ社から出来たばかりの新作絵本「ランベルコーヒー店」(2376円)が届きました。京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスター、オクノ修さんが詩を書き、nakabanさんが絵を付けたもので、コーヒー好きな方には持っていただきたい一冊です。

夜が明け、人々が眠りから覚めて、仕事に向かうとき、そこに一杯のコーヒーがある。変わらない毎日の小さな幸せが、短い詩と、絵で描かれています。表紙の絵から淹れたてのコーヒーの香りが、立ち上ります。どこか架空の街、ランベルマイユ。

「ランベルマイユの コーヒー屋さんから 朝の香りがたちこめて 夢みていた 人たちが 今日の仕事を 始めるとき 来る日も来る日も また次の日も おなじ香りの コーヒーいっ杯 夢みていた 人たちに ふかい香りの コーヒーいっ杯」

nakabanさんの温かな眼差しが、まだ暗い夜明けから、やがて明るい朝に人々が動き出す情景を静かに見つめます。静かな幸せ感。「おなじ香りの コーヒーいっ杯」という詩に、きっと何年もこの街で毎朝コーヒーを入れてきた喫茶店のマスターが登場します。美味しそうな香りの立ち込める中、人々の声や新聞をめくる音が聞こえてきそうです。

詩を書いたオクノ修さんさんはシンガーソングライターとしても、音楽好きの間では人気の方です。「ランベルマイユコーヒー店」は、ランベルマイユというオクノさんの心の中の街の、コーヒーの香る朝の風景を歌っています。この作品に絵をつけることに対してnakabanさんは、「ミシマ社の本屋さんショップ」でこう語っています。

「長い人生のうちで一日の始まりがつらい日も多い。でも一杯のコーヒーのその香りに包まれているうちに、いつの間にかそのつらさから救われてしまっている、ということはないだろうか。僕にはある。それに、どこかで同じようにコーヒーをすすっているひとがいると想像すれば、不思議と呼吸は深くゆっくりになる。きっとこの歌は、そのようなことを歌っている。オクノさんは謙遜するに決まっているけれど、世界中のかけがえのない朝に贈る、これはとても大切な歌なのだ。 絵本版の「ランベルマイユコーヒー店」はそのようなことを思いながら制作しました。 だれかの朝からだれかの朝への贈り物になったら嬉しいです。 」

「だれかの朝への贈り物」という言葉がグッときます。

 

★明日13日は、ライブイベントのため、18時にて閉店いたします。ご了承ください。レティシア書房店主