女優オリヴィア・ワイルド初監督作品「ブックスマート」(MOVIX京都で上映中)は、アメリカの二人の女子高校生が主人公の、文句なしに楽しい映画です。

ひたすら勉強して一流大学入学が決まったモリーとエイミー。遊んでばかりいた連中とは、私たちは違うもんね、と見下していたのですが、ヘラヘラしていた同級生も実は、それぞれ一流校に入ったことを知り、勉強ばかりしてバカみたいと思った二人は、最後に思いっきり羽目を外そうと、卒業パーティーに突入します。

なんだ、女子高校生の学園モノか、とバカにしたら素敵な映画を見逃しますよ。この映画は学園モノの王道の”ボーイ・ミーツ・ガール”ではありません。最後まで、二人の高校生の友情のお話です。二人の会話が、もう刺激的、刺激的です。下半身ネタやら、言いたいことをバンバン言い合います。そして、卒業を前に、エイミーは自分が同性愛者だとカミングアウトします。際どい会話、本音トークが炸裂します。

でも、ただワイワイやってるだけではありません。パーティーでお互いの魅力に惹かれて、エイミーと抱き合ったホープという女の子が、卒業式の後、エイミーの家にやってきます。

ホープが「私はバックパック背負って半年ほど旅に出る」と言うと、エイミーは「私は一年間アフリカに行ってくる」と答えます。じゃあ、またねと別れる二人。世界での自分の立ち位置を見定めて、社会へと飛び出してゆく二人の笑顔が素敵です。

アフリカへと旅立つエイミーを見送るモリー。ちょっとセンチな気分になっているのですが、お互いの夢を認め合い、最後までやっぱり弾ける笑顔に、オリヴィア・ワイルドのセンスが光ります。魅力的な女子たちが、これからの世界を引っ張っていってくれる予感がします。昨日紹介した「女の答えはピッチにある」同様「どんとこい、人生」的な元気を与えてくれます。(写真は監督です)

因みに、「ブックスマート」は、試験に合格したり有名大学を卒業することでスマートとみなされる人達のことらしい。皮肉として、実践に乏しい人という意味もあるとか。