白崎和雄さんの「ネイルカラーで描いたミニガラス絵展」が本日から始まりました。2016年から、今年で3回目の素敵な個展です。

絵画の宝石とも呼ばれて、濡れたような絵肌が魅力的な「ガラス絵」。ガラスに直接描いていくのですが、白崎さんはネイルカラーを使っています。そう、爪を彩るあのマニュキアです。透明のガラスに裏から描いていくので、出来上がった時に一番上にある色を最初に置きますが、マニュキアは速乾性があるので、スピードを求められます。油絵を描いて来られた腕が、切り取った5〜6センチの小さなガラスに凝縮されています。

この速乾性にはまって、対象をササッととらえるので、白崎さんのガラス絵には新鮮さがあるような気がします。サクランボ(写真右)のガラス絵ならではの瑞々しさをぜひご覧下さい。まだ青い松ぼっくり(写真左)は、ある朝思い立って奈良に行った時に拾ったもので、その緑の美しさを素早く描き取ってあります。翌日には緑色は消えて茶色くなったとか。

絵の題材は、いずれも身近にあるものばかり。自宅の庭で咲く薔薇は大好きな花で、必ず毎年描かれます。今年、思わず見入ってしまったのは「生卵」(写真上)です。ツルンとした卵が、小さな額の中で輝いています。卵と重厚な趣きの額がとても似合っています。

白崎さんのガラス絵は、まず絵を縁取る額を手に入れて、それに合わせて描かれます。良い額は、絵を引き立てるだけでなく、発想の素にもなるのですね。例えばペロペロキャンディ(写真左)が、こんな額に収まるとまるで抽象絵画のよう。取り合わせの妙が、最大の魅力だと思います。並べているガラス絵はすべて販売しております。(9800円)

お彼岸が過ぎて、過ごしやすくなってきました。ギャラリー巡りなど、ぶらぶら街歩きにピッタリの季節です。宝石の様なガラス絵に会いにお越し下さいませ。(女房)

 

 

白崎和雄「ネイルカラーで描いたミニガラス絵展」は9月25日(火)〜10月7日(日)まで 12時〜20時(最終日は18時まで)月曜日定休

なお「第7回湫画展」(白崎和雄ほか)が9月25日〜30日まで、ギャラリーヒルゲートで開催中です。

 

毎年人気の「ARKカレンダー2019」 入荷しました!! 

大/1080円 小/864円

売上げはARKに寄付いたします。よろしくお願いします。(写真展は23日まででしたが、カレンダーは在庫が無くなるまで販売します)

カレンダーの犬や猫たちついては、撮影者の児玉さんのブログにも書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさはハガキ大くらいの小さな絵なのですが(写真上)新鮮なタケノコの、土の薫りが漂う絵にどっしりした額がよく似合っています。

白崎和雄さんの、ネイルカラーで描くミニガラス絵展は、昨年に続き2回目の開催となりました。

学生時代は油絵を専攻されていたのですが、小さなガラス絵の魅力にはまって3年。キラキラとみずみずしい小さな宝石のような作品が並びました。ガラス絵は裏から描いていくので、出来上がった時に一番上にある色を最初に置くのです。しかも、ネイルカラー(マニュキア)は、速乾性なのでスピーディーに描かなければなりません。慣れるまでは難しそうですが、きっとこの速さが魅力なのでしょう。約30年のサラリーマン生活を経て、再び絵に取り組まれ、花、果物、野菜、瓶、置物など、ご自身の身の回りの愛着のあるものたちを、眺めて絵を描く豊かな時間を感じます。

絵を入れた額が、またとても個性的です。インターネットで探して、手に入れた額に触発されて描くことが多いとか。だから、まず気に入った額と出会う事が、ガラス絵の出来映えを左右するというくらい大切なのだそうです。そして、絵と額がピッタリ合ったときの喜びが、次のエネルギーになるのでしょう。

半分に切ったトマト、ガラス絵の透明感と合って美味しそうですね。(写真左上)割れたランプシェードのガラスの形が面白くて描いたという「割れたシェード」も、額のデザインとピッタリです。小さな額絵は場所を選ばないので、部屋や、廊下、洗面所のちょっとしたスペースにも掛けられて、プレゼントにもお薦めです。作品は全て販売しております。(税込み9800円)

絶対的に好きなものをみつけて、好きな絵を作っていく幸せが、観ている者をまた幸せな気持ちにしてもらえるのだと思います。(女房)

ネイルカラーで描いたミニガラス絵展 9月26日(火)〜10月8日(日)まで

 なお、愛知県立芸術大学卒4人による「第6回湫画会展 西野理・曽根孝子・田中孝・白崎和雄 洋画展」がギャラリーヒルゲートで開催中です。(10月1日まで)

 

 

小さな額絵がずらーっとギャラリーの壁に並びました。宝石のようにキラキラして、なんとも可愛い作品展。

白崎和雄さんは、もともと油絵を描かれていたのですが、2年程まえから小さなガラス絵の世界に魅了されたということです。なんでも息子さんの奥様がネイルアートが得意で、それを見ているうちに、ガラスに絵を描こうと思いつかれたとか。ネイルカラーは、速乾性があるので、その時の勢いで描けるのがとても面白く、上手くいったときの爽快感は格別。対象と向き合って、サッと描く。バラの花も、アスパラガスも、みずみずしい感じがそのまま絵になり、潔くて逡巡がありません。コツコツ時間をかけ、深く掘り下げるものではなく、どちらかというと、白い紙に一気に筆を走らせる書のような感覚かもしれない、と思いました。

「タンポポの綿毛」(写真下)は可愛くて、このまま部屋に飾っておきたいと思ってしまいました。ホント、愛らしい!スピードが勝負といっても繊細でやさしげ。これらのガラス絵は、裏側から描いていき出来上がると裏返すので、一番前になるものから先に描くと解説していただきました。速く、瑞々しく表現する技を2年で習得されたのはすごいことです。

店長が「懐かしい!これ好きやな・・・」と、呟いたのが、「ビー玉」(写真右)でした。つるんとした艶は、ネイルカラーの特性とよく合っています。それと、白崎さんの絵が入っている額が、とても素敵です。小さないい額があると買っておいて、絵を合わせるのが面白いのにちがいありません。そういう楽しみが、小さな作品にいっぱいつまっています。

ここ2年間で描かれた50点ほど、一堂に並べていただきました。お宅の庭の花、野菜や置物など、身の回りにある好きなものを、すぐに描くことが楽しくてたまらないって感じが伝わってきます。(女房)

白崎和雄「ネイルカラーで描くガラス絵展」は6月26日まで。作品はすべて販売しております。