今日からギャラリーは、小倉ミルトンさんの楽しい絵に占領されました。

挨拶文に「友人は私が火星から来たのではないかと言います。私も時々そんな気がします。子供の頃の夢の世界 もしかしたら本当にあったのかもしれません」と書かれています。

ミルトンさんは、音楽を聴いているとき、お酒を飲んでいるとき、電車に乗っているときなどに、浮かんだ形をメモしておいて、その上をなんどもなんども自分の線になるまで描くのだそうです。そして下絵をパネルのサイズに合わせて拡大し、マスキングをして色を置き、気に入ったテクスチャーを作っていく。自由な線と、鮮やかな色の作品群は、見ている私を知らない星に運んでくれそうです。何もない画面からイメージを立ち上げていく、モノを作る人が持つことのできるワクワクする時間が、そのまま生きている時間に重なるような幸せな感じがします

 

生きることを肯定してくれるような、「なんかええことあるかもな」と肩を叩いてくるような、 ハッピーになれること請け合いです。コロナ禍の不安も和らげてくれる「Milton Loves Miltons」と題したワクワク・ウキウキの絵画展へどうぞお越しください。(女房)

Milton’s art exhibition「Milton Loves Miltons」は9月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00(9/21・22は定休日)

 

Tagged with:
 

京都の出版社エディションエフより発行された、清水哲男写真集「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」(2420円)刊行を記念して、写真展が本日より始まりました。

エディションエフさんとは、2015年くらいからのお付き合いになります。確か、山川三多著「昼のビール」を持ってこられたのが最初だと思います。(ブログにも掲載しました)

清水哲男さんは、京都出身、現在は鹿児島県に住んでおられます。世界を放浪し、本もたくさん書いて来られました。今回の写真集「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」は、京都の年老いたご両親の姿を、一番身近な人であるがこそ、ある距離を保ちつつ、しかしまた息子であるが故に捉えられたショットの数々が鮮やかで胸を打ちます。

父親の良一さんは、代々続く指物師の六代目。その道を著者は継ぐことはありませんでした。母親の千鶴さんは、大正13年京都生まれの歌人です。旧制女学校時代、石川啄木の歌に触れ、短歌を詠み始めた、と書かれています。「うちの歌なんか誰も読まんやろ」と、歌集の出版を拒み続けてきました。千鶴さんは、どの社中にも与せず一人で歌を詠んでこられましたが、八十九歳になった2012年、お父さんがどうしも出してくれと、ということで、2014年に歌集「日々訥々 清水千鶴の一日一首」を出されました。今回、その素敵な歌集も販売しています。(2200円)

「父と母は、朝起きて夜寝るまでの一日の大半を食卓を置いた二畳の間で過ごす。ここが二人の世界だ。手をのばせば必要なものはなんでもある。」お年寄りの居間というのは、あまり動かなくても手が届くように、たいていこんな風にゴチャゴチャと物が詰まっています。私の父が座っていた周りもそうだったと思い出しました。夫婦は、機嫌よくそんな住み慣れた空間に暮らして来られました。

「この時、母九十一歳、父八十六歳。間違いなく夫婦は『死にゆく自分』と『生きていく自分』の間を揺れながら歩いていた。」その一年後2015年、父親が末期ガンとわかり、そこからまた、夫婦、息子と父親、母親と息子、様々に揺れる様子がカメラに収められ、正直な言葉で丁寧に綴られていきます。この写真集は、老夫婦の最期の日々を綴った記録であり、死にゆく父親に寄り添う著者の深い思いが綴られ、そして長年の道連れを亡くした母親の生死観が書かれた本です。

私は「あとがきにかえて」で書かれた著者の文章に泣きそうになりました。家業を継がなかったご本人の思いや、その時のご両親の気持ちが、歳を重ねると心に沁みます。

「桐箱をつくり継ぐ子もなき幸せとひかる刃物を灯にかざす夫」これは家を手放すにあたり、200年の歴史を刻んだ仕事場を父子で片付けたあと、息子を見送った時に、お母さんが詠んだ歌です。

清水さんのこの写真展を、一人でも多くの方に見ていただければと思います。(女房)

 

 

「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」清水哲夫出版記念写真展は、9月2日(水)〜13日(日)  13時〜19時 月火定休

 

 

 

 

 

 

 

 

山尾三省、1938年東京生まれの詩人。60年代の後半に社会変革を志すコミューン活動「部族」を開始。73年には家族と、インド、ネパールへ1年間の巡礼の旅に出かけます。帰国後、77年に屋久島の廃村に一家で移住し、田畑を耕し、詩の創作を中心とする執筆活動の日々を屋久島で送りました。2001年63歳で亡くなりました。

私が、山尾の作品を最初に読んだのは、琉球大学で五日間に渡って行われた講演を収録した「アニミズムという希望」(新泉社/新刊2750円)でした。そこから、彼の島での暮らしをテーマにした詩集を読んだのです。

今回、1987年に発表された詩集「びろう葉帽子の下で」(新泉社/新刊2860円)新装版発売記念企画として、直筆原稿、アメリカの詩人ゲーリー・スナイダー氏との対談時に写真家高野建三氏が撮影した写真などを展示します。出版社からはかつて発行された珍しい本お借りできました。(こちらは展示のみです)

また詩人の生誕90年記念出版として刊行された詩文集『火を焚きなさい』『五月の風』、そして詩集『新版 びろう葉帽子の下で』の装画を担当した画家nakabanさんの作品原画をしていますので、ぜひご覧ください。(一部販売もしています。)

「びろう葉帽子の下で」の中に「ことばー斎藤正子さんに」という詩があります。その後半をご紹介します。

「あなたはあなたで わたくしはわたくしで もろともに 本当に心から好きなことばを見つけて

そのことばを大切にし そのことばを生きてゆくのが人間であり 人間社会であると わたしは思います。

あなたはどんなことばが好きですか。」

ことばを大切に扱うことが、人間の基本だという詩人の考えが伝わる作品だと思いました。 

 

詩人・山尾三省 展は、8月5日(水)〜16日(日)13:00〜19:00 (10日・11日は定休日)


									

数年前、くぼやまさとるさんの「ニセ蟲図鑑」(1800円)という本が持ち込まれました。全ページ精密な虫の絵で、「フグアブ科」」「エビスコガネ科」「カメダマシ科」と、それぞれ科目別に整理されています。「ニセ蟲」のタイトルにひっかりながらも、美しい水彩画に誘われてページを繰ると、さらに、各々の虫に詳しい解説が付いていました。

「雨上がりの夕方に、虹とともに現れ、虹とともに姿を消す」というのはニジオビウカビテントウ。

そう、この本に描かれている虫は、「惑星キムネジネ」という架空の星に暮らしている想像上の虫の図鑑で、当然その名前も、解説も著者の作り話。全100ページ!その詳細な楽しい解説と、透明感のある美しい虫たちの姿は見応えがあります。

「オトアツメ科」の虫たちは卵の孵化や蛹の羽化が音によって促進されるとかで、「タマヒゲオトスキ」は、沿岸部に生息して夕凪の音を集めて聴くし、「アカヒゲオトアツメ」は焚き火のパチパチ音が受精を促進する。想像がどんどん膨らんでいく感じでしょ。「チリヂリス」だの、「ヒゲカゲロウ」だの、聞いたことがあるような無いような虫がいっぱい、カラフル模様の背中を見せて並んでいます。

くぼやまさんのポストカードは店にも置いていましたが、いつか原画を見たいと思っていました。不思議の星に生息するニセ虫たちは、思っていたよりも繊細で、かわいい奴らでした。政治家の嘘にはうんざりですが、こんなキュートな嘘なら騙されても笑えます。

今回は、原画(3300円〜52000円)を始め、ブローチ(2000円)、陶器(2500円)、手ぬぐい(1800円)などのグッズも販売しております。(女房)

★くぼやまさとる水彩画展「星の虫ワールド」は7/8(水)〜19(日)13:00〜19:00 月・火定休

 

 

連休明けのある日、中須俊治さん著の「Go to Togo」(烽火書房/1650円)を持って、出版社の嶋田翔伍さんが来られました。アフリカのトーゴ共和国へ向かった青年が、この国の織物の美しさに惹かれて、京都の伝統工芸の技と融合ささせようと奮闘したプロセスを描いた本です。著者も京都、版元も京都。う〜ん、これは置くしかないと店長が判断したそうです。

ちょうどギャラリーも空いているし、出版記念の展覧会の話がまとまりました。急遽決まったことでしたが、嶋田さん、著者の中須さん、お友達の協力で素敵な展示になりました。トーゴの街角のウキウキするような鮮やかな布地屋さんの写真が中央に飾られています。一方の京都の職人西田さんの写真は、窓から差し込む光の中で作業されている姿が渋くてかっこいい。

本の中で中須さんは、生まれたばかりの娘さんに「お父さん、それかっこいい」と言ってもらえるような仕事をしていきたいと述べていましたが、京都の職人さんもトーゴの女性の顔も輝いています。

中須さんは京都信用金庫に勤務しておられた経験から、若い情熱だけで無謀にもアフリカと京都をつなげる、と言った冒険ではなく、作り手の顔が見えるしっかりした商品を届けたいという思いで起業されました。そのプロセスが軽快な文章で綴られています。自分一人で乗り越えられない苦労も、仲間や先輩に支えられて一つ一つ解決していきます。それもただ夢のような話ではなく、人と人がつながるリアルな描写が心地よい本です。この気持ち良さは、きっと著者の人柄でしょう。

現在トーゴもロックダウンされていて、美しい布の展示はできませんでしたが、ブックカバー(3500円)、名刺入れ(4000円)、蝶ネクタイ(4000円)、ペンケース(3000円)、パスポートケース(4000円)、ミニマット(1000円)などの雑貨を展示販売しています。見たことのないトーゴという国を想像しながら手にとってみてください。

トーゴ共和国は、チョコレートで有名なガーナ共和国の隣で、周辺国に比べると経済資源の少ない世界最貧国の一つだそうですが、アフリカンプリントと呼ばれる布にはトーゴで生産されているものが多いのです。そしてその中でもケンテという布は王族に献上される一級品。そういう「ものづくり」をリスペクトし、京都の技術と融合させて新しい価値を生み出し「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ことを目指す取り組みにご注目いただけたら幸いです。

この本の仕様は変わっていて、日本での話は縦書きで、トーゴで起こる様々なことは横書きになっています。その度に読み手は本をひっくり返しながら読まなくてはなりません。面倒くさいな〜と、敬遠していたのですが、読み始めるとちょっとした気分転換という感じで面白く読み進むことができました。本の製作過程の展示パネルもありますので、ご覧ください。

前日の展覧会の準備は、仲間と一つのものを作り上げる楽しそうで、少し懐かしく羨ましく見ていました。人が繋がっていく輪の中に、本屋もちょっと入れてもらえたとしたらこんな嬉しいことはありません。(女房)

『中須俊治「Go to Togo 一着の服を旅してつくる」 アフリカ布と京都のものづくり展』は6/24(水)〜7/5(日) 13:00〜19:00   (6/29  6/30は休み)

 

 

 

 

 

 

東京で活躍中の写真家原田京子さんの『Spanish Sentiment & Ireland』が本日から始まりました。

2016年と2018年に、「Spanish Sentiment」と題して、スペインを旅した時に撮りためたという素敵な写真を飾っていただきました。この度3回目の個展では、スペインの明るい日差しの下、休日を楽しむ人々の姿を撮した八つ切大の写真に加え、アイルランドの広大な風景をセレクトしていただきました。

一日のうちに、晴・雨・虹・嵐と天気が変わるというアイルランド。ダブリンから船で渡ったイニシモア島で、写真家が夢中でシャッターを切った、その時の澄んだ空気を感じます。断崖の上空を飛ぶ鳥、波と風の音。中でも私が好きなのは、まっすぐに伸びた道と、その上に広がる大きな空の写真です。生きていくには厳しいに違いない荒涼とした大地、けれどそこにある明るい光は太古の昔から変わっていない恵みのようです。人の営みが愛おしくなる大自然の風景。

一方、スペインの街角の人々の生き生きとした表情にも心が動きます。老夫婦が一つの買い物袋を二人で持っている後ろ姿、車中ののんびりした時間、もの思う若い女性の横顔。どれも彼らにとって大切な一コマ。原田さんがこの写真展のために書かれた文章に「スペインとアイルランド。陽と陰のように違うこの二つの世界も、この地球の時間を同時に刻み続けている風景なのだ」とあります。

そして、「今、私達は世界規模で蔓延する目に見えないものの存在に翻弄されています。街から人の姿は減っても、この島は変わることなく風に吹かれ、潮の満ち引きや、太陽や月は世情に関係なく機能し続けている。撮影の地に思いを馳せて、この世界を遠くから眺めてみることも、心のバランスのために必要かもしれません。」と括っています。

世界中の街角に再び豊かなで幸せな風景が戻るように願ってやみません。この時期にも関わらず、写真展を開いてくださった原田さんに改めて感謝いたします。京都の街中の桜は満開です。お散歩がてらお立ち寄りいただければ幸いです。

写真は、すべて販売しておりますが、展覧会終了後に作家からお送りすることになります。(八つ切サイズ18000円・大衣サイズ25000円) 他にポストカードセット(2000円)があります。(女房)

原田京子写真展『Spanish Sentiment & Ireland』は3/31(火)〜4/12(日)

月曜定休日12:00〜20:00(最終日は18:00)

 

 


 

 

西山裕子さんのミニプレス「イギリスの小さな旅シリーズ」刊行を記念して、イギリスの写真と水彩画展が始まりました。

レティシア書房では2016年に、西山さんがイギリスで描かれた花の水彩画展を開いていただきました。2019年9月に出された「イギリスの小さな旅」は、4冊シリーズで、約10㎝角の手のひらサイズの文字通り小さなミニプレスですが、その中に、西山さんが見つけたイギリスの魅力が詰まっています。イギリスの田舎のTea Roomでの紅茶の楽しみ方や、ガーデニンググッズのこと。「ピーター・ラビット」の著者ビアトリクス・ポターの別荘を改装したホテル、ポターがナショナル・トラストに賛同して広大な土地を寄付したことや、ポターが保存を訴えたおかげで残った小さな家の写真。中世の豪族「エア」の名が刻まれた教会の写真と、小説「ジェーン・エア」がこのエア一族の名前をかりて命名したらしいことなど、西山さんの心を動かした小さなエピソードがいっぱいです。もちろんレティシア書房では、昨年から店頭販売していますので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

なお、青幻舎発行「英国ヨークシャー 野の花たち」「さくら」を始め、「誕生」「愛おしいひととき」「英国ヨークシャー想い出の地を旅して」などの著作、水彩画の花々の便箋・封筒・一筆箋・ポストカードなども揃っています。この機会にぜひ美しいイギリスの風景写真と優しい花の水彩画をお楽しみください。(女房)

★「イギリス小さな旅シリーズ 刊行記念展」は、

3月17日(火)〜29日(日)月曜日定休 12:00〜20:00(最終日は18:00まで)

 

 

 

 

 

 

 

http://www.soukasha.com

 

「ちょっとしんどいことを『いつものこと』と思って流したり、日々大切にしている『いつもやっていること』があったり、そんな私の日々のなかに、つくることはあり、ただ、それだけのものを展示しています。ゆるくご覧になってください。」

すずむらのどかさんが個展に際して書かれた一文です。

絵本を自主制作されてきたすずむらさんの最新作「いつものこと」の原画展が今日から始まりました。彼女の近くにいる人たちの営みや、愛してやまない犬との生活が描かれています。描かれたディテールがなんとも懐かしい、昭和の香りに満ちています。

お正月やお盆やお祭りなどの決まりごとが、折折に、当たり前のように家の行事としてあり、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に過ごして来られたのだと、見ていると温かな気持ちになります。きっと彼女は優しい人たちに囲まれて、幸せな時間をいっぱい持つことができた人なんだと思いました。

私としては、昨年死んだうちのわんこマロンにそっくりなシバ犬の背中の絵に抱きつきたくなりました。すずむらさんの絵からは、匂いとか手触りとかがリアルに伝わってくるのです。彼女の初めての絵本「ぼっとんべんじょ」なんて、ホント、笑えてくるほど臭ってきますよ。

彼女は兵庫県たつの市出身。成安造形大学イラストレーションクラスを卒業後、しばらく奈良の就労支援施設「たんぽぽの家」アートセンターHANAのアトリエで、障害者の方達の絵を描くサポートの仕事をされていましたが、2年前から地元に戻り、制作に専念しています。今回は、原画とともに、手ぬぐい・カバン・Tシャツ・ポーチなど、すずむらさんの生み出すおおらかなキャラクターのグッズが、たくさん並びました。ぜひお立ち寄りくださいませ。(女房)

すずむらのどか「いつものこと」は3月15日(日)まで 12:00〜20:00

 

 

 

 

松浦正幸さんの初めての個展『松浦織物展』が本日より始まりました。

布は、縦糸と横糸が組み合わさってできています。そんな当たり前のことを思ったのは、松浦さんの織物が、その枠からはみだすようにして、動いているように見えるから。

紫と淡い朱色と金色の糸が作り出した美しい布から、横糸が流れ出た作品は「織物は立体だ」という作家の主張を静かに伝えます。ともすれば平面のように扱ってしまう布から、糸が意思を持ってはみ出してきたかのようです。

白い縦糸に、まるで話しかけるように絡む横糸の小さな作品群も、整然と縦横に織られるはずの糸が、勝手に歌ったり笑ったりしています。じっと眺めていたら、白い糸が色んな表情を見せてくれます。作り手が糸と対話しながら出来上がった感じがよくわかります。

織りあがった布の上に、後から刺繍などの加工を施すというのではなく、織りながら横糸が布から立ち上がる面白さ。こういう技を事も無げに見せられるのは、松浦さんが長い間、糸を触ってこられたからだと思います。松浦さんは、倉敷芸術科学大学工芸学科染織コース卒業後、京都の大きな織物会社で、ずっと織物の仕事にデザイナーとして携わってこられました。展示の中に、既製品の布が額に入っているのではないかと思うような、藍色と白の織物がいくつか並べられていますが、実は作家が糸から染めて織り上げた作品です。こういう技術があるからこそ、できることがあるのだと改めて思います。織物とは何か、と問いかけてくるような面白い展覧会となりました。(女房)

★「松浦織物展」は、2月25日(火)〜3月8日(日) 月曜定休 12:00〜20:00 

尚、土曜日・日曜日は作家在廊予定。

Tagged with:
 

お正月休みも明けて、1月7日の本日より通常通り営業いたします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2020年ギャラリーは、京都の法蔵館書店による「本づくりへの願い・版木とともに」の展覧会で幕開けしました。

京都は日本の出版文化発祥の地で、その中核は仏教書でした。法蔵館さんは江戸時代から仏教書を中心に出版活動をされてきました。展示されている年表によると、慶長7年(1602)西村九郎右衛門、大坂城落城により京都へ転居、一向宗(浄土真宗)の仏書肆開業とあります。法蔵館と名乗られたのは明治時代からだそうですが、なにしろ長い長い歴史を紡いで400年余り。今回は、そんな法蔵館さんの蔵の中から掘り出した(?)版木の展示をしていただきました。

写真(右上)を見ると、蔵の壁は下から上まで版木の山。10000枚の版木は多くは明治以降のものですが江戸期のものもあるとか。実は店長がこの企画に先立って蔵の見学に伺いましたが、あまりの量と、蔵の息づかいみたいなものに当てられた様子で帰ってきました。金子貴昭著「近世出版の板木研究」(法蔵館書店)という本が出されていますが、その金子先生によって現在も調査中だとか。

紙の本から電子書籍へと、読書環境の変化に伴い出版業界の構造も変化しつつある今ですが、こうして手で彫り上げた美しい版木を眺めていると、情報を伝える熱い思いを改めて感じました。

また、版木のワークショップコーナーを設けました。法蔵館の小さな版木を白い紙にスタンプして、ブックカバー(文庫用)を作ってお持ち帰りください。空き缶にいっぱいに入った版木(写真右下)が、あまりに可愛いので早速押してみましたが、楽しいですよ。

昨年12月に京都新聞で大きく取り上げられた「A級戦犯者の遺言」(青木馨編・法蔵館)は、巣鴨プリズンでA級戦犯の最期に立ち会った日本人僧侶で教誨師花山信勝氏の講演録。(CD付き2420円)さらに、昨年法蔵館文庫が創刊、次々と新しい文庫も生み出されています。こちらの方はすでに店に並べています。今年、文庫第2弾新刊「アマテラスの変貌」(佐藤弘夫著・1320円)「正法眼蔵を読む」(寺田透著・1980円)も先行発売中ですので、この機会に手にとってみてください。

そして当店でも人気のミニプレス「ドーナツのあな」「おきらく書店員のまいにち」でお馴染みのいまがわゆいさんと、法蔵館がなぜかコラボした(!)かわいいクリアファイルやマスキングテープも販売しています。

というわけで、法蔵館の歩みは、これからも続きます。版木の歴史を振り返り、本の未来を少しだけ考えてみる機会になれば幸いです。(女房)

「本づくりへの願い・版木とともに」は1月19日(日)まで。13日(月)は休み

12:00〜20:00  最終日は18:00まで 

 

 

Tagged with: