京都の出版社烽火書房より出た浪江由唯著「世界の紙を巡る旅」(2860円)の出版記念展がスタートしました。著者は大学時代、文化人類学を専攻し、その時にネパールの紙に出逢いました。そこから「紙」に魅了されて、大学卒業後、2019年から翌年にかけて約1年間、世界の紙を求め、「世界には、どんな紙があるのだろう。どうすれば、手仕事の紙は残ってゆくのだろう。旅の初めに抱いた疑問」を持って、世界へと飛び出しました。工房を訪問し、出会った紙を日本に持ち帰ったのです。アジア、北アメリカ、バルト三国、ヨーロッパと渡り歩き、そこで入手したものを整理し、各国で感じたことを文章にしてまとめたものが本書です。今回は、入手した中からほんの一部を展示しました。

メキシコで見たアマテについて、本でこう書かれています。

「紙の繊維を編みこんだり叩き潰したりして作られるアマテは、果たして紙と言えるのだろう

か。紙の定義に則れば、アマテは紙とはいえない。用途も、文字を記すよりも壁に飾られたり呪術の装飾に使われたりすることの方が多いらしい。」

実物を3点(写真右・上段がアマテ/下段は韓国の紙)飾っていますが、なるほど、紙にしてはゴツイし、存在感が半端ではありません。触ると暖かい感じがして著者が惹かれるのが何となく分かります。読むだけではわからない紙の魅力を再認識しました。

日本でも話題になった手書きの本を出版するインドのタラブックスで、印刷のミステイクで出た紙という珍品(?)も一点展示してあります。交渉されたとは思いますが、よくもまぁ、職人が自分の失敗作を放出したものですね。

販売コーナーでは、タイやネパールの紙で製作された封筒、メッセージカード、美しい透かしの入った紙(ブックカバーにもなります)などを販売しています。数量に限りがありますのでお早めにどうぞ。

⭐️「世界の紙を巡る旅」展は4月14日(水)〜25日(日)まで13:00〜19:00 月・火定休

大福書林が、ウズベキスタンとタシケントの地下鉄駅の素敵な装飾の世界を紹介した「メトロタシケント」(新刊/1980円)に続いて、ポルトガルの首都リスボンの地下鉄の駅々にあるタイル装飾を撮影した写真集「メトロリスボン」(新刊/ 2200円)の刊行しました。その記念として写真展を開催します。

1955年にリスボンの地下鉄の建設工事が始まりました。しかし、予算不足で装飾に回す資金がなくなり窮地に陥ります。その時考え出されたのが、安価で入手が容易だったモザイクタイルを代用することでした。59年に地下鉄は開通し、地下鉄の発達と共にモザイクタイル画も増えていき、地下鉄の壁がきらびやかになりました。本書の著者の鷹野律子さんは、地下鉄の主要26駅と、リスボンはじめポルトガルの街を彩る美しいタイルを探して歩き回りました。

とにかく美しい!これを見ることができるのかと思うと、ぜひ行ってみたくなりますね。今回は、写真集から一部を展示しています。既刊の「メトロタシケント」から、タシケントの地下鉄の美しいタイル装飾の写真もご覧いただけます。ウズベキスタンの地下鉄は、旧ソビエト連邦時代に建築が始まり、モスクワの地下鉄を意識した、駅ごとに装飾が違う華やかなものです。

今回、京都市内にあるポルトガルタイル専門店「アズレージョ・ピコ」さんのご協力で、可愛らしいタイル作品を出していただきました。ポルトガルの女性陶芸家インディーラさんの手描きタイルは、おおらかなデザインの一点物です(5500円〜)。そのほか、職人による異国情緒溢れるタイル(1320円〜)が並んでいます。インテリアの新しいテイストに加えてみては如何でしょう。

さらに、鷹野さんが作ったタイルをあしらったヘアゴム、ブローチ、マグネット(各500円)も販売しています。

冷たい雨も上がって、いいお天気のひな祭り。本日より中村ちとせさんの銅版画展が始まりました。

中村さんは、西宮市在住。毎年のように作品展を開いている銅版画の作家です。2021年から「ちとせ工房」を主宰して、銅版画教室も開かれています。どの作品からも物語が立ち上がってくるようで、登場人物の行く先を想像してみたくなります。縄跳びをしている女の子、箱に入ったまま歩いて行く子、ふと置かれたランチボックス、どれも独特のディープな色使いが、不思議なお話の世界へ誘ってくれます。ご本人は「物語性があるとよく言われるけど絵本は描いたことない。」と笑っておられましたが、本屋の壁にはピッタリはまりました。

3年ほど前、今は閉められましたが「UNITE」さんというブックカフェで初めて中村さんの銅版画を見ました。思いが通じたのか、ここしばらくは個展もままならない中、京都で個展を開きたいという中村さんの銅版画展を、レティシア書房でしていただくことができました。

51カ国をバックパックで旅行して、バーチャルではないそこで体験したもの(見たり、味わったり、触れたりしたもの)が作品に生かされているに違いありません。力強いフォルムや、ゆっくり時を刻むように静かに漂う空気感は、中村さんの体の中にしっかり蓄えられたものから発しているのかもしれません。

丁寧で美しい仕上がりには安心感があり、ゆっくり作品の世界に浸ることができます。ぜひご覧いただきたいと思っています。(女房)

✴︎「中村ちとせ 銅版画展」は3月3日(水)〜14日(日)

13:00〜19:00 (最終日は18時まで) 月・火定休 

 

Tagged with:
 

立春。まだまだ寒い日が続いていますが、ギャラリーは色鉛筆のあたたかなタッチの絵でほっこりした空気に溢れました。

平林香乃さんの「ひみつばなし」は、身の回りのグッズ、ごはん、本、果物、家、などが優しい色合いで描かれていて、ゆっくり見ていると、そこから物語が立ち上がってくるようです。

平林さんの絵に登場する動物たちは、みんな顔が見えません。木の陰に隠れていたり、本の中に入っていったりして、どの子も尻尾しか見えない。月の夜、テーブルの上に置いてある本の影に、キツネの尻尾が……..。ん?もしかしたら目の錯覚かもしれないし、そこでキツネが本を読んでいたのかもしれない。夢を見ていたのか?

日常の風景に潜む不思議ないたずら心が、なんともチャーミングです。ただ可愛いだけでない魅力的な世界が広がります。

「夜とひみつは、よく似合う。 紺色の世界は 冷たさと温かさ 厳しさと優しさを持っていて 赤いルージュも 悲しげな横顔も ほっこりとしたティータイムも どんなものも包み込んで 明かす前に、忘れる前に 朝を連れてやってくる そうして紺色はさらに深く美しく その世界に置かれているものは ひとつひとつが愛おしい 触れるときっと温かく まるで生きて呼吸しているかのよう そこに居た気配は形となって 目に映っているかのよう 夜を両手に抱けたなら 嘘も本当もきっと 優しく温か。」今回の個展に向けて書いた作家の思いです。

物語を探しにぜひお出かけくださいませ。(女房)

✴︎「ひみつばなし」HIRABAYASHI KANO EXIBITIONは、2月3日(水)〜14日(日)

月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

京都は今朝から随分と冷え込んでいます。街中から北山を眺めると雪が積もっていました。

そんな寒い日、レティシア書房の壁はアフリカンカラーでいっぱいになりました。ジャナグルアートセンターから、アフリカジンバブエの雑貨が届いたのです。「ジャナグル」とはジンバブエの公用語ショナ語で「明るい月」という意味だそうです。

日本から遠く離れたジンバブエへ1986年に移住をした北海道出身の高橋朋子さんが、ジンバブエのミュージシャンと設立したのがジャナグルミュージックプロダクションです。かつて南アフリカと同じように人種隔離政策「アパルトヘイト」が敷かれていたジンバブエでは、1980年の独立後も白人系のレコード会社が一社で業界を独占しており、ミュージシャンには正当に印税も支払われていませんでした。そんなシステムを変えていこうと始められたプロダクションは、ジャナグルアートセンターと改名、毎年ジンバブエと近隣国のグループによる24時間コンサートを開催、国家芸術協会により2度表彰を受け、ハラレ市よりアートセンター建設用地の寄付を受けました。

その地に建設したアートセンターで、才能がありながら楽器にアクセスするチャンスのない子供たちの音楽教育、レコーディング、ビデオ製作をしています。高橋さんは、センターで伝統楽器やダンスを学んだ子供達によるグループ「ジャナグル」を伴い、2010年より日本ツァーをしてきました。京都で開催されたのをきっかけに知り合いました。

コロナ感染拡大の影響で、昨年末に帰国していた高橋さんがアフリカに戻れなくなったことを知りました。いつもコンサート会場で販売している雑貨が手元にあるというので、「アフリカンアート展」と銘打って開催します。

鮮やかなタペストリーや布、アフリカの暮らしを描いたカラフルなトレイ、缶バッチ、イヤリング、ゾウや鳥やワニなどの缶アート、石に彫った動物、ビーズ細工など楽しい雑貨がいっぱいです。クリスマスプレゼントなどにいかがでしょうか?ぜひお立ち寄りくださいませ。(女房)

JENAGURUアフリカアート展は、12月27日(日)まで 13:00〜19:00  月火定休日

★レティシア書房 年末年始の休み

12月28日(月)〜1月5日(火)休業いたします。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

山中さおりさんの「ペーパクイリング作品展」を今年も開くことができました。なんと9回目。ってことはレティシア書房開店以来ずっと毎年作品を発表されているということになります。

さて、「ペーパークイリング」の説明を少しさせていただきます。もともと中世期にイギリスで生まれた紙工芸で、聖書を製本した際にできた細長い紙の切れ端を、クルクル巻いて宗教画や宗教道具に装飾したとの始まりとのことです。現代では、世界中でアート、ホビーとして楽しまれています。

山中さんはざっと10年以上もクルクル巻いてこられたわけで、根気のいる作業を積み重ね、技術を磨いてきました。今回は、白一色で雪の結晶からイメージした作品が9点並びました。ペーパークイリングの特徴といってもいい華やかな色彩を封じ込めたモノトーンで作り上げた、彼女の新たな挑戦というべき意欲作です。白だけで作られた小さなパーツが集まった紙工芸は圧巻です。2㎜〜6㎜の細長い紙をクルクル巻いて行くのですが、9作品でなんと3200枚使ったというのです。3200枚なんて、やったことのない者には実感はないのですが、でもスゴくない??来る日も来る日も白い紙をクルクル・・・・。気が遠くなります。この作品群は6㎜の紙(つまり幅が広め)を使っているので、陰影が深く美しいシルエットが出ています。

そして山中さんは、来年の作品展に向けてもう始動しています。期待を込めて、ペーパークイリングが立体作品に展開していったり、あるいは風に揺れるモビールのようにか額から抜け出て新しい形に進化していかないかな、とか思っています。

ペーパークイリングの教室もされているので、興味のある方はお問い合わせください。初心者〜中級者向けのクイリングキット(1000円〜)や、道具も販売しています。(女房)

「山中さおり ペーパークイリング作品展」は12月2日(水)〜13日(日)13:00〜19:00 月火曜日定休。

 

本日から、なかま郁子の手袋展「ラトビアミトンに魅せられて」が始まりました。

「ラトビアミトン」というのは、北ヨーロッパバルト三国の真ん中にあるラトビアで、編み継がれてきた伝統柄のミトン(手袋)のことです。昔は結婚式などで、招待客に花嫁が編んだミトンが配られたことがあったのだそうです。

なかまさんは、北海道釧路湿原で26年間「なかまの家」という宿を夫婦で営んでいましたが、子供達が独立したのをきっかけに2016年に宿を閉めました。その年の春に、前から憧れていた「ラトビアミトン」を編むために思い切って現地に飛びます。羊を飼い、糸を紡ぎ、家族の着る物を編み、編み物歴はざっと50年という人ですが、ラトビアミトンは、見よう見まねで編んでみても納得できるものがなかなかできなかったと言います。現地では、バイブルのようなテキストに出会い、知り合った友人に毛糸を送ってもらい今も編み続けています。

少しハリ感のあるラトビア産の毛糸を、細い棒針できちっと編むのが良いこともわかり、今回の個展ではミトンに加えて指出しミトンやリストウォーマーもたくさん並んでいます。北ヨーロッパに比べると暖かなこちらの冬には指出しのミトンはとても便利そうです。(ミトンは、15000円〜20000円。指なしミトンは、7,000円〜。リストウォーマーは、5000円〜。ミニミトンストラップ1500円。など)

祈りを込めたような「太陽の女神」「月の神」「繁栄の神」「知恵とあの世」という伝統柄は本当に美しく、「きっと京都で個展してね」と2年前に頼んだ甲斐がありました。ラトビアミトンは、一生かかっても編み切れない奥深さが魅力なのだそうです。遠いラトビアという国に思いを馳せてご覧ください。(女房)

「ラトビアミトンに魅せられて」なかま郁子の手袋展は、

11月18日(水)〜29(日) 13:00〜19:00 月火定休

 

 

日本画家さわらぎさわさんの個展「絵から飛び出た楽しい仲間たち」が始まりました。レティシア書房では、2018年の秋以来2回目の個展になります。

さわらぎさんの絵は、可愛らしい動物や少女がテーマですが、日本画のせいでしょうか、独特の深い奥行きがあります。「ナルニア物語」にインスパイアされて描いた絵には、ライオンの思慮深い眼差しがこちらに向けられていて、壮大な物語に思いを馳せました。

「絵から飛び出た仲間たち」というタイトル通り、描かれた絵からそれぞれ可愛いキャラクターが、フェルトの人形になり絵とともに並んでいます。フェルトを手掛けるようになってからそれほど年月が経っていないはずですが、絵から飛び出してきたシマウマや牛やウサギや少女など、みんな楽しそうに踊ったり歌ったりしています。作家が心から楽しんで作っておられるのが伝わってきて、表現方法が変わってもセンスの良さが光ります。

今回、描かれた絵や立体をもとに小さな絵本に仕立てて500円で販売されていますので、こちらも手にとってご覧くださいませ。

日に日に秋が深まってまいりました。やわらかで美しい日本画に親しんでいただければ幸いです。(女房)

さわらぎさわ「絵から飛び出た楽しい仲間たち」展は、11月4日(水)〜15日(日)まで 月火定休日 13:00〜19:00

 

 

 

 

本日からコトコトことばさんの「ただいま、おかえり」展が始まりました。「コトコトことば」とは、なんとも可愛らしい響きですが中井泰佑さんという男性のアーティスト名です。大学生だった2006年から、社会人になった現在まで、心に留まった言葉とイラストをカードに描きつづけています。

言葉を紡ぎ始める時って、たいていは寂しい時だったりしませんか?彼ももしかして親元から独立して、一人暮らしの中で何か思う事があったのではないかしらと、想像します。

「自転車をなくした と思ったけど、スーパーの前に忘れていただけだった。なくしたんじゃなく 忘れていただけ。 全部そうだったら いいのになぁ。」は、2006年始めて書いた言葉だそうですが、(写真上)今回の個展のDMにもなっています。その時の自転車のように失ってきたものを思い出せれば良いのだが、と作品集に書かれています。

一つ一つの作品には優しさと寂しさが漂っています。誰かに思いを届けてみたい。それは見知らぬ誰かというより、目の前の人へ、そして自分の心に落ちるように。

野菜や食べ物をテーマにした言葉は、クスッと笑えたりします。私は「プリン」と「トースト」が気に入りました。作品の中から今の自分にフィットするような言葉を見つけてください。心にほわっと灯が点って、忘れていたものを思い出すかもしれませんよ。中井さんは、昨年結婚されました。一人暮らしから二人の暮らしに変わって、作品もこれから少しずつ変化していくのでしょう。「ただいま、おかえり」のタイトルに込められた幸せを感じます。

なお、この個展に合わせて4つ目の作品集が出来上がりました。(600円)1集〜3集も合わせて販売しております。

京都は朝晩めっきり冷え込んできました。毎朝散歩している京都御所の木々も、日に日に秋色になってきました。立ち止まってゆっくり季節を楽しむ時間を持ちたいなぁ、と思いました。この個展のおかげですね。(女房)

コトコトことば個展『ただいま、おかえり』は、11月1日(日)まで  月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

 

今日からギャラリーは、小倉ミルトンさんの楽しい絵に占領されました。

挨拶文に「友人は私が火星から来たのではないかと言います。私も時々そんな気がします。子供の頃の夢の世界 もしかしたら本当にあったのかもしれません」と書かれています。

ミルトンさんは、音楽を聴いているとき、お酒を飲んでいるとき、電車に乗っているときなどに、浮かんだ形をメモしておいて、その上をなんどもなんども自分の線になるまで描くのだそうです。そして下絵をパネルのサイズに合わせて拡大し、マスキングをして色を置き、気に入ったテクスチャーを作っていく。自由な線と、鮮やかな色の作品群は、見ている私を知らない星に運んでくれそうです。何もない画面からイメージを立ち上げていく、モノを作る人が持つことのできるワクワクする時間が、そのまま生きている時間に重なるような幸せな感じがします

 

生きることを肯定してくれるような、「なんかええことあるかもな」と肩を叩いてくるような、 ハッピーになれること請け合いです。コロナ禍の不安も和らげてくれる「Milton Loves Miltons」と題したワクワク・ウキウキの絵画展へどうぞお越しください。(女房)

Milton’s art exhibition「Milton Loves Miltons」は9月16日(水)〜27日(日)

13:00〜19:00(9/21・22は定休日)

 

Tagged with: