1975年生まれのアサノタカオさんは、2000年にブラジルに渡り、日系移民の人類学的調査に従事し、その後日本に戻り、東京の出版社で編集者として出版に携わる一方で、神奈川県にサウダージ・ブックスを立ち上げ、2020年随筆集「読むことの風」(1980円)を発行しました。

「読むことの風」はアサノさんが各種の雑誌に寄稿したエッセイやコラムをまとめたものです。自分を見つめ直すための言葉がいっぱい詰まった本だと思います。京都でのある出来事を綴った詩を見つけました。

「京都の善行堂で  詩の本を買ってバスに乗る  座席にすわり  かばんから本をとりだし ページをひらいたとたん たまらない気持ちになって 本をとじて かばんにしまう そして、かばんから本をとりだし ページをひらいたとたん  また、たまらない気持ちになって 本をとじて カバンにしまう そんなことをくりかえし 次の停留所を告げる 車内アナウンスを聞きながら この時間から降りるべきだろうかと 自問する」(2011/7.1京都)

「たまらない気持ち」という言葉が妙に心に引っかかってきます。

この本に挿画を描いているのが、絵本や様々なデザインワークで活躍するnakabanさんです。東京にある書店「title」の店主辻山義雄さんが出した「ことばの生まれる景色」(ナナロク社/古書1850円)で挿画を担当されました。出版社と辻山さんのおかげで、その時に、nakabanさんの挿画展を当店で開催できました。今回は大好きなnakabanさんの2回目の作品展になりました。

旅先で、あるいは本を読んだとき、アサノさんは言葉を紡いでいきます。nakabanさんが描く水の入ったコップの絵は、音楽のようにアサノさんの言葉に寄り添っているみたいにみえます。透明なグラスの中の透明な液体が、周りの色を吸い込むように取り込んで、自ら静かに発光しているよう。本では白黒の挿絵でしたが、原画は美しい色合いで存在感があります。本当にステキな展覧会になりました。この場をお借りしてアサノさんとnakabanさんに心より御礼申し上げます。

本を読んでいない方も、ぜひお越しください。じっと見ていると、コップがこちらに語りかけてくるようにも、また自分の気持ちを覗き込むような感じにもなります。(作品は、4点を除き非売品です)

なお「読むことの風」には、「夏葉社」の島田潤一郎さんとの対談「ことばは個人的なちいさい声を守るもの」という小冊子が付いています。お二人の言葉に対する思いが伝わってきます。(店長&女房)

⭐️アサノタカオ随筆集「読むことの風」刊行記念nakaban原画展は、9月22日(水)〜10月3日(日)13:00〜19:00 月火定休日

 

草木勝さんの写真展は、2018年のお正月以来で今回が2度目になります。日本写真協会・京都写真協会に所属するプロの写真家で、レティシア書房を開くずっと前からの知り合いでしたが、前回初めて「作品」を並べていただいてすっかり草木ワールドのファンになりました。

今回のテーマは「花」。花の写真はそこら中にあふれているので、草木さんがどう料理するのか楽しみにしていました。真っ黒な背景に美しい花がくっきり。これらは、いわゆる写真機を使わず、花を直接コピー機の上に置き、パソコンに繋いだスキャナーから直接データを読み込むという手法をとったのだそう。スキャナーは光源が極端に被写体に近いので、原稿台から数センチ離れると全て露出不足で暗闇に沈み、花を囲む背景は美しい黒になるというのです。草木さんは「これはこれで『写真』だといってもいいと考えている。」と、個展の挨拶文に書いています。

レティシア書房の店のサイズに合った、硬質な花の写真をスッキリと展示。迷いのない作品が、まっすぐこちらに向かってきます。これが妙に心地いいのです。

前回の個展は、川底に沈むカラフルな空き缶でした。それぞれの空き缶がゴミとは思えないほど美しかったのを覚えています。空き缶をそのまま撮り、後で加工を施さずに美しく仕上げるのは、川の流れのように自然体にしたい、という草木さん流のこだわりでした。写真を知り尽くして遊び、そして仕上がりは美しい。魅力的な写真家です。

京都国際写真祭(KYOTO GRAPHIE)が、今年も京都市内各所で9月18日から10月17日まで開催されます。「草木勝写真展」も一枚噛みたかったところですが、ちょっと日程が早すぎました。写真祭に先駆けて今日から始まりました。ぜひお運びくださいませ(女房)

 

✳️ 「FLOWERS」草木勝写真展は9月8日(水)〜19日(日) 13:00〜19:00

13日・14日は定休。

⭐️本の紹介をZOOMにてさせたいただく「フライデーブックナイト」。次回は9月17日(金)です。

⭐️北海道のネイチャーガイド安藤誠さんのトークショーを今年も開催します。

10月24日(日)19時スタート(2000円)要予約

 

 

Tagged with:
 

たがわさんのスケッチ展は今回で4回目。2015年はイタリアの、2017年2回目は南フランスの、という風にいずれも旅先で描かれた風景画でした。4回目のタイトルは「夏 旅したい。ー旅の記憶ー」展。このコロナ禍で大好きな旅行ができない今、描きためていた絵から旅の記憶を心に呼び戻すような展示になりました。

リヨン、パリ、アビニヨン、ローマ、アッシジ、フィレンツェなど、絵に添えられた地名を見ていると、このところ移動を極端に制限しなくてはならなかった窮屈さがあったせいか、楽しかった彼の地の時間を分けてもらっているような軽やかな気分になります。

学生時代にはクラブで油絵を描いていましたが、退職した後は毎日水彩画のスケッチを楽しんでいる、と初めての個展の時に話しておられました。旅先で急に風景を描こうとしても、どこから描き出したらいいものやら迷います。やはり、日々描くことで身についた技術が、その時々の想いを形にしていくに違いありません。

といっても、たがわさんの絵には気負いがなく、記憶を留めておきたい素直な想いが、見ている側にも伝わってきてほっこりします。「ローマ劇場跡のきのこ」は、遺跡の前に突然ニョキッと生えた大きなキノコが描かれています。アレ?と思ったままの印象が楽しい。旅のお土産など、身近にあるグッズのスケッチも、目の前のものをじっと見つめて手を動かす充実した時間を感じます。

清涼感のある水彩画で、ほっこりしたり、旅に思いを馳せたり…….。ジメジメした日が続いていますが、お時間があればぜひご覧くださいませ。(女房)

⭐️『夏 旅したい。〜旅の記憶〜』たがわゆきお展は、

7月7日(水)〜18日(日)

13:00〜19:00   月火定休日

 

京都御所の南西、梅林の中に立つ大きな榎の木は、見事な枝ぶりです。

これが、くさはらさんの絵本「おおきなきと であったら」(福音館書店・ちいさなかがくのとも/427円)の主人公。広く張った根は、まるで生き物のようで、初めてこの木と出会った女の子はぐるっと周り、枝を見上げて、その豊かさに感激するのです。

巨木の堂々とした絵は、小さな草花を描いてきた画家くさはらさん自身が目にした感激をそのまま写しとっているよう。色鉛筆を塗り重ねて、丁寧に描かれる木肌の表情、高い枝葉。一度でも、木のスケッチをしたことのある人なら、枝の複雑な形や葉っぱに四苦八苦したことを覚えていらっしゃると思います。何度も何度も通って、時間をかけて描きこまれた労作です。特にこだわって作ってきたという深い緑色の美しさ。個展のタイトル「緑と歩こう」に込められた思いです。

2019年12月、当ギャラリーで開催したあかしのぶこさんの絵本の原画展にくさはらさんが来廊された折、この絵本のことを知りました。

京都御所は、私の毎朝の散歩コース。地元で原画展をぜひ開きたいと思い、今年実現しました。
福音館書店の絵本シリーズの先輩であるあかしさんと、くさはらさんの出会いが、ご縁を繋いでくれました。

くさはらかなさんは、兵庫県生まれ。京都精華大学芸術部造形学科日本画分野卒業。今回の個展では、やはり色鉛筆の繊細なタッチで、新作絵本「ふゆのぺたんこぐさ」(福音館書店・ちいさなかがくのとも/440円)の原画も並びました。

こちらは、地面に張り付いたように咲くロゼット(地面に放射線状に葉を広げる植物)たちが主人公です。冬の間、ぺたんこになって春を待つ植物を1年かけて探して、そしてスケッチ、作画と3年かけて作られた絵本です。温かな土の色合い、見落としてしまいそうな草花の佇まいに、作者の自然に対する愛情を感じます。

二冊の絵本と、小さな手作り絵本「だれのあたま?」(1100円)も販売しています。他に、美しい草花のポストカード(165円)が10種類ありますので手にとってみてください。

蒸し暑い日が続きますが、くさはらさんの「大きな木」に会いに来てください。お帰りには、ぜひ京都御所へ。歩いて10分ほどです。(女房)

✳️くさはらかな「緑と歩こう」は6月23日(水)〜7月4日(日)

 13:00〜19:00  月火定休日

2018年6月に、梅田香織さんの日傘展を初めて開催しました。ちょうど梅雨入りの鬱陶しい時期でしたが、店内にパッと花開いたような日傘は見ているだけで楽しくて、元気が出たものです。

梅田さんは、長い間ファイバーアートの作家として活躍してこられました。日傘はもともと自分で使うために作り始めたのですが、生地を選び仕立てる工程がとても楽しくて、前回の個展から日傘作りにますますはまり、3年後、パワーアップして戻ってきてくださいました。

古い日傘(昭和30年〜40年代)を解体して、昔の職人さんの仕事に感心したり、何度も布を張り替えて大事に使われていることに感動し、そこへセレクトした布地を張り替えて、新しい命を吹き込みます。生地は主にアメリカのテキスタイルが多く、ユニークで素敵。さらに、梅田さんは傘に縁取りをします。編んだり、収集していたアクセサリーを組み合わせることで、ますます梅田さんのセンスが光ります。

アート作品に取り組んでいた頃も、色々面白い素材を集めて、組み合わせて、新しい作品を生み出してきた、それが、日傘作りにも生かされているようです。梅田さんの日傘は、他にはないユーモアと美しさがあり本当に魅力的です。ぜひ一度ご覧になってください。傘をパーっと広げた瞬間、嬉しくなりますよ。今回は、友人の漆塗りの作家、小田切裕美さん作の真っ赤な柄がついたものもあります。(日傘は18000円〜20000円)

本屋での個展ということで、ブックカバーも並びました。これがまた、梅田テイスト!表地と裏地の組み合わせが絶妙です。(1500円税込)

 

⭐️梅田香織「なつのひがさ」展 

6月9日(水)〜20日(日)13:00〜19:00   月・火定休

京都府亀岡市に窯を持つ高山正道さんと、日吉町胡麻で制作を続ける長元宏さんの「やります、二人展。」が始まりました。

2012年レティシア書房が開店した年の秋、狭い本屋のギャラリーで陶器展というのはどうだろう…….と、高山さんに相談したところ快く引き受けて頂いたおかげで、その後、ギャラリーの間口が広げることができました。それから1年おきに、他の人とのコラボも含めて開催していただいていますが、今回は、30年来の付き合いのある仲間の長元さんとの二人展。

長元さんは、2017年夏に個展をして頂き、実は昨年二度目の新作展をお願いしていましたが、コロナ禍で中止を余儀なくされました。その時にはまさか、今夏までコロナ感染拡大が続くとは思いもよらなかったのですが、気合いの入ったタイトルを引っさげて、ベテラン二人の作品が並びました。

長元さんの、焼き締めた硬質の皿やボウルは微妙な色合いがモダンで魅力的。貫入が美しい淡いクリーム色の、茶碗や器は、何を盛っても合いそうです。一方の高山さんの青磁は相変わらずスッキリしていますし、瓢の箸置きにも注目です。ぐい呑も色々揃いました。二人それぞれ違った雰囲気のマグカップもズラリ。壁に掛かった花器には、鮮やかな紫陽花が美しく、店に涼しさをもたらしてくれます。(花器/写真右が長元さん左が高山さん)

前代未聞の外出自粛が続く中、楽しみだった外食を控えているという方も多いと思いますが、おうち時間の楽しみに、新しい器で食事はいかがでしょう。(女房)

✳️「やります、二人展。」は5月26日(水)〜6月6日(日)13:00〜19:00 月火定休日

 

 

京都の出版社烽火書房より出た浪江由唯著「世界の紙を巡る旅」(2860円)の出版記念展がスタートしました。著者は大学時代、文化人類学を専攻し、その時にネパールの紙に出逢いました。そこから「紙」に魅了されて、大学卒業後、2019年から翌年にかけて約1年間、世界の紙を求め、「世界には、どんな紙があるのだろう。どうすれば、手仕事の紙は残ってゆくのだろう。旅の初めに抱いた疑問」を持って、世界へと飛び出しました。工房を訪問し、出会った紙を日本に持ち帰ったのです。アジア、北アメリカ、バルト三国、ヨーロッパと渡り歩き、そこで入手したものを整理し、各国で感じたことを文章にしてまとめたものが本書です。今回は、入手した中からほんの一部を展示しました。

メキシコで見たアマテについて、本でこう書かれています。

「紙の繊維を編みこんだり叩き潰したりして作られるアマテは、果たして紙と言えるのだろう

か。紙の定義に則れば、アマテは紙とはいえない。用途も、文字を記すよりも壁に飾られたり呪術の装飾に使われたりすることの方が多いらしい。」

実物を3点(写真右・上段がアマテ/下段は韓国の紙)飾っていますが、なるほど、紙にしてはゴツイし、存在感が半端ではありません。触ると暖かい感じがして著者が惹かれるのが何となく分かります。読むだけではわからない紙の魅力を再認識しました。

日本でも話題になった手書きの本を出版するインドのタラブックスで、印刷のミステイクで出た紙という珍品(?)も一点展示してあります。交渉されたとは思いますが、よくもまぁ、職人が自分の失敗作を放出したものですね。

販売コーナーでは、タイやネパールの紙で製作された封筒、メッセージカード、美しい透かしの入った紙(ブックカバーにもなります)などを販売しています。数量に限りがありますのでお早めにどうぞ。

⭐️「世界の紙を巡る旅」展は4月14日(水)〜25日(日)まで13:00〜19:00 月・火定休

大福書林が、ウズベキスタンとタシケントの地下鉄駅の素敵な装飾の世界を紹介した「メトロタシケント」(新刊/1980円)に続いて、ポルトガルの首都リスボンの地下鉄の駅々にあるタイル装飾を撮影した写真集「メトロリスボン」(新刊/ 2200円)の刊行しました。その記念として写真展を開催します。

1955年にリスボンの地下鉄の建設工事が始まりました。しかし、予算不足で装飾に回す資金がなくなり窮地に陥ります。その時考え出されたのが、安価で入手が容易だったモザイクタイルを代用することでした。59年に地下鉄は開通し、地下鉄の発達と共にモザイクタイル画も増えていき、地下鉄の壁がきらびやかになりました。本書の著者の鷹野律子さんは、地下鉄の主要26駅と、リスボンはじめポルトガルの街を彩る美しいタイルを探して歩き回りました。

とにかく美しい!これを見ることができるのかと思うと、ぜひ行ってみたくなりますね。今回は、写真集から一部を展示しています。既刊の「メトロタシケント」から、タシケントの地下鉄の美しいタイル装飾の写真もご覧いただけます。ウズベキスタンの地下鉄は、旧ソビエト連邦時代に建築が始まり、モスクワの地下鉄を意識した、駅ごとに装飾が違う華やかなものです。

今回、京都市内にあるポルトガルタイル専門店「アズレージョ・ピコ」さんのご協力で、可愛らしいタイル作品を出していただきました。ポルトガルの女性陶芸家インディーラさんの手描きタイルは、おおらかなデザインの一点物です(5500円〜)。そのほか、職人による異国情緒溢れるタイル(1320円〜)が並んでいます。インテリアの新しいテイストに加えてみては如何でしょう。

さらに、鷹野さんが作ったタイルをあしらったヘアゴム、ブローチ、マグネット(各500円)も販売しています。

冷たい雨も上がって、いいお天気のひな祭り。本日より中村ちとせさんの銅版画展が始まりました。

中村さんは、西宮市在住。毎年のように作品展を開いている銅版画の作家です。2021年から「ちとせ工房」を主宰して、銅版画教室も開かれています。どの作品からも物語が立ち上がってくるようで、登場人物の行く先を想像してみたくなります。縄跳びをしている女の子、箱に入ったまま歩いて行く子、ふと置かれたランチボックス、どれも独特のディープな色使いが、不思議なお話の世界へ誘ってくれます。ご本人は「物語性があるとよく言われるけど絵本は描いたことない。」と笑っておられましたが、本屋の壁にはピッタリはまりました。

3年ほど前、今は閉められましたが「UNITE」さんというブックカフェで初めて中村さんの銅版画を見ました。思いが通じたのか、ここしばらくは個展もままならない中、京都で個展を開きたいという中村さんの銅版画展を、レティシア書房でしていただくことができました。

51カ国をバックパックで旅行して、バーチャルではないそこで体験したもの(見たり、味わったり、触れたりしたもの)が作品に生かされているに違いありません。力強いフォルムや、ゆっくり時を刻むように静かに漂う空気感は、中村さんの体の中にしっかり蓄えられたものから発しているのかもしれません。

丁寧で美しい仕上がりには安心感があり、ゆっくり作品の世界に浸ることができます。ぜひご覧いただきたいと思っています。(女房)

✴︎「中村ちとせ 銅版画展」は3月3日(水)〜14日(日)

13:00〜19:00 (最終日は18時まで) 月・火定休 

 

Tagged with:
 

立春。まだまだ寒い日が続いていますが、ギャラリーは色鉛筆のあたたかなタッチの絵でほっこりした空気に溢れました。

平林香乃さんの「ひみつばなし」は、身の回りのグッズ、ごはん、本、果物、家、などが優しい色合いで描かれていて、ゆっくり見ていると、そこから物語が立ち上がってくるようです。

平林さんの絵に登場する動物たちは、みんな顔が見えません。木の陰に隠れていたり、本の中に入っていったりして、どの子も尻尾しか見えない。月の夜、テーブルの上に置いてある本の影に、キツネの尻尾が……..。ん?もしかしたら目の錯覚かもしれないし、そこでキツネが本を読んでいたのかもしれない。夢を見ていたのか?

日常の風景に潜む不思議ないたずら心が、なんともチャーミングです。ただ可愛いだけでない魅力的な世界が広がります。

「夜とひみつは、よく似合う。 紺色の世界は 冷たさと温かさ 厳しさと優しさを持っていて 赤いルージュも 悲しげな横顔も ほっこりとしたティータイムも どんなものも包み込んで 明かす前に、忘れる前に 朝を連れてやってくる そうして紺色はさらに深く美しく その世界に置かれているものは ひとつひとつが愛おしい 触れるときっと温かく まるで生きて呼吸しているかのよう そこに居た気配は形となって 目に映っているかのよう 夜を両手に抱けたなら 嘘も本当もきっと 優しく温か。」今回の個展に向けて書いた作家の思いです。

物語を探しにぜひお出かけくださいませ。(女房)

✴︎「ひみつばなし」HIRABAYASHI KANO EXIBITIONは、2月3日(水)〜14日(日)

月火定休 13:00〜19:00

 

 

 

 

 

Tagged with: