本日より一週間「やんちゃ挿絵原画展」始まりました。

「やんちゃ」は45年前に発行を開始した児童文学専門の同人誌です。今回、120号発行を記念して、使用された挿絵原画を展示いたします。児童文学誌とはいえ、大人が読んでも、その内容の濃さと文章の完成度に驚かされます。120号に載っている「ひとりじゃない」は、40ページ程のボリュームで今を生きる少年達の闇を見つめた小説です。閉塞感で圧迫される少年達。ラストの「そう、だれもひとりなんかない」という独白、少年も読者も解放されます。

或は、詩「春を嫌う」の最期はこんな感じです。

「絶望をしれっと覆い隠す 沼の色した春の空 どこ吹く風の 空のいきものたち 春なんか大嫌いだ」

初めて読みましたが、どれも面白そうな内容です。バックナンバーも販売しています。一部300円です

 

先日、三重県津市でミニプレス「kalas」を発行されている西屋さんご夫妻が、新刊を持って三重からご来店。聞けば、姫路で開催される西日本のミニプレスの編集者達の集まりに参加される途中に寄ってくださったとか。ありがたいことです。

「kalas」は先ず、表紙の写真がいい。すべて物語を感じます。今回の特集は「続けかたの創りかた」「続ける」ということを巡る四つの物語。秒単位で変化してゆく世の中で、一つの事を続ける困難さと、楽しさ。それは、小さな古書店を営む私にも、大きく関係することです。「創りかた」の漢字が「作り」ではなく、「創り」になっていることにヒントがありそうです。西屋さんご夫妻の郷土への愛に溢れた優れたミニプレスです。バックナンバーも置いています。このボリュームで400円!!

Tagged with:
 

児童文学誌「やんちゃ」は今号で120号になります。

児童文学には疎いのですが、実は編集責任者がレティシア書房のお隣さんなので、時々読ませて頂いています。

 

今回、ムラタさん(お隣さんです)の作品は長編で、大人の世界を覗いてしまった少年達の戸惑いと、大人たちの深刻な悩みが細やかに描かれています。

認知症の母親を手にかけてしまう息子の話が軸になり、一方で近所の仲良しの小学生3人の心情が綴られています。児童文学をたくさん読んで来たわけではないので、よくは知らないのですが、こんな複雑な深刻なことを取り込みながら、子ども達を生き生きと描くなどという事は、きっととても高度な技だと思います。すごく読み応えがありました。

 

こういう作家さんが、ごく近くに居られるのもご縁です。

というわけで、9月4日(火)〜9月9日(日)児童文学誌「やんちゃ」のさし絵原画展を開催します。(12時〜20時、最終日は18時まで)

まだまだ暑い時期ですが、お越し頂ければ幸いです。

そして、120号も続いている「やんちゃ」を手に取ってみてください。(女房)

 

 

 

http://yanchakyoto.blog116.fc2.com/page-2.html

Tagged with:
 

ギャラリーでは「一箱古本市」を開催中。

出店して頂いた個性的な18店舗のそれぞれの箱の中身は、毎日眺めていても飽きません。

 

そして一箱古本市と一緒にパン屋さんの写真展をやっています。

このブログでも度々登場の「はちはち」という西陣にあるパン屋さんです。

 

町の中の小さな森の中で、天然酵母のライ麦パンを焼いている手仕事の様子や、回りの風景、焼き上がった美味しそうなパンを、お店で働く田中さんが写真に収めました。

それに短い文をつけて、パンへの愛情たっぷりの優しい展覧会になりましたのでぜひご覧くださいませ。

んで、「わ、美味しそう!」となれば、お買い求め頂ければなお嬉しい!というなかなかに厚かましい企画です。

 

写真に添えられた素敵な文章から一つご紹介します。

 

『子どもの頃から、手仕事をみるのが好きだった。

畳を縫う職人の針さばき。

絹ごしを手の平で器用に切る豆腐屋。

理髪師のハサミを持つ手は絶えず動いているし、

料理人の仕事をこなす繊細な手はうっとり

ほかにも、手際よく縫い物をする優しい手。

土と格闘する陶芸家のごつごつした手・・・

どの手も、明快な動きで無駄がなく、見ていて飽きる事がない。

今、幸せなことに、パン職人の手を毎日のようにみている。』

 

会期中、はちはちのパンは火曜日と金曜日(24日、28日、31日)3時頃には届きます。

1袋500円です。(女房)

 

 

Tagged with:
 

ARK(アニマルレフュージ関西)の写真展が終わりました。

会期中ご来店頂いた皆様、暑い中ありがとうございました。

募金は最終日、ちゃんとお渡しいたしました。

直接ARKに行ってお手伝いすることはできませんが、写真展という形で少しでもARKの活動を知ってもらえて、よかったと思っています。

おいけ動物病院に置かせて頂いたDMを見て、来てくださった犬好きのお客様とも色々お話ができました。

来年以降も写真展を続けて、広報の一助になれば、と願っています。

 

ところで、お客様で「マロンちゃんは?」とお尋ねくださった方も何人かいらしたのですが、暑い最中でマロンは裏で寝ておりました。スミマセン。

 

一方、やんちゃ猫のベベは、暑さに負けず走り回っています。

拭き掃除をしようとすると、バケツに入りビチョビチョ。

新聞を読もうとすれば、飛びついて破る。

ベランダの戸を開ける音を聞きつけたら、すっ飛んできてプランターの土で遊ぶ。

家事の邪魔をすることにかけては、ホントに子猫は天才です。

 

さて、そんなこんなの猛暑の夏も、大文字の送り火でお精霊さんを送ったら少しは落ち着きます。ちょっと夏バテ気味ですが、「一箱古本市」も始まるので頑張ります。

 

最後になりましたが、お世話になったARKのエリザベス・オリバーさん、平田さん、写真家の原田京子さん、ありがとうございました。(女房)

 

 

 

Tagged with:
 

 

ARK(アニマルレフュージ関西)に保護された犬や猫の写真展が始まりました。

猛暑の中、初日から表情豊かな犬達、猫達に会いに来てくださったお客様、ありがとうございます。

 

彼らは我々のそばで淡々と生き続けて、いつも慰めてくれるのに、時々勝手な人間に惨い目に会わされます。

けれど、ARKに保護された犬や猫のじっとこちらを見つめる目は安住の地を得たおかげか、とても穏やかで健気です。

 

写真家原田京子さんは、2006年よりライフワークとしてARK の動物達の写真を撮り続けていらっしゃいます。

犬と猫、そして人と動物が、隣り合って生きているARKの世界を優しく見つめている素敵な写真の数々。

 

実はARKの写真展は、我々が店を始める時からの願いでした。

店主はずっと前からARKのサポーターになっていて、身体に障害があったり、人間不信になって引取先をみつけるのが難しい犬のスポンサーを、少しずつですが続けてきました。

そして、やっと犬を飼える状況が出来た時点で、このブログでも再々登場しているマロンをARKから譲り受けました。

あれから6年。

ARKの写真展を京都で開く事でサポーターとして少しでも貢献できれば、と申し出ていたところ、やっと実現いたしました。

多くの人にARKの活動を知って頂きたいと心から願います。

4日土曜日の昼過ぎにはエリザベス・オリバーさんもご来店予定。京都の夏は格別暑いですが、お越しいただければ幸いです。(女房)

 

 

 

Tagged with:
 

う〜ん、犬猫の力恐るべし。初日から、この暑さの中、多くの方にご来店いただいてます。

ARK (アニマル・レフュージ関西)との、私のお付き合いが長いことは、以前ブログに書きました。初めてARKに行ったのは、もう十年程前、ARK主催のエリザベスさんの最初の本が出版された時に、その本の販促の件で、電車に乗って行きました。オ〜山の中という感じでしたが、スタッフの方がお忙しいのに、園内を案内してくださいました。それから、5年後、今度は女房の車で、我が家に引き取る事になったマロンを連れに行きました。そして、今回ARKの写真展です。健気な犬、猫の写真が店内に一杯ですが、彼らの出生を考えると、決して「可愛い〜」という一言で済ませられるものではありません。

ARKのチラシにはこう書かれてあります。

ペットは「買う」ものですか? それとも『飼うもの」ですか?

人気の犬、猫をペットショップで買い、要らなくなったら捨てる、処分する。命あるものを、金銭のやり取りで獲得した途端に、それは物と化してしまい、消費される。幸せも、愛も99%までは金で買う事ができるかもしれない。しかし、残り1%。これだけはどうにもならない。その1%は、皆違うと思います。(100%買えるとお思いの方には、そんな1%は存在しませんもんね)

動物が人に寄せる愛情、信頼は、どうあっても金で買えるものではありません。それが、私にとっての1%です。ぜひ、この写真展にお越し頂き、犬、猫達の視線を見てください。

なお、期間中ARKのグッズも販売しております。エリザベスさんの本、バッジ、バッグ、写真等、これらの売り上げはすべてARKの動物達のために使用されます。

 

 

 

Tagged with:
 

 

目下、レティシア書房では妖しい世界が広がっております。

 

「Kyo Nakamura Print Works 2009〜2012」

 

舞踏家TAIZOさんをモデルにした作品は、時間が止まり音が消えて、赤い血が流れているこの世の者とは思えない。あるいは、マネキンの透明感のある顔を捉えた作品。今にもふと動き出しそうです。そしてまた、琵琶湖の畔の風景写真は、ヨーロッパ映画の1シーンのよう。

 

中村さんの世界は、今生活しているところから微妙にずれた異界を思わせる独特のものです。なんといっても写真自体がとても美しい。

 

ご本人は元ロッカーの面影を残した(?)穏やかなオジサンです。

かれこれ30年の長いおつきあいになります。

昔、撮影現場のお手伝いをしたこともありました。そうそう人手不足で急遽モデルになったこともありました!私、血色いいし、異界の人にはみえないですし、もちろん顔は隠しておりましたが。

 

中村さんは作品を並べながら「前から一度本屋で個展したかったんだ。」って言ってくれました。

一緒にお手伝いしながら、すっごく嬉しかったです。

 

暑い夏、本屋の壁に並んだ非日常の世界を覗きにおこしください。(女房)

Tagged with:
 

30年近く前、知り合った吹きガラスの作家さんが

「毎日の暮らしの中で麦茶かなんか飲む時、ちょっと贅沢かもしれないけれど自分の気に入ったコップで、っていうようなそんな器を作っていきたい。」

と言いました。

 

今もそうかもしれませんが、昔は結婚式の引き出物や、香典返しにガラスや陶器の食器類が多かったので、どこの家庭にも、箱入りの器などがたくさん眠っていたのではないかと思います。

 

当時私は親と暮らしていたし、家にはもらいもののガラスのコップがあったし、自分用のものを買うなんていう発想はありませんでした。

すっごく贅沢な感じがして、あこがれました。

 

働いて得たお金の中から、自分用の器を買い求める様になったのは30歳を過ぎてから。

7月3日、翁再生硝子工房の二人が、ギャラリーで優しい色のガラスの器をひとつずつ並べているのを見ていて、個展会場ではじめて自分用に買った器を思い出しました。飾ってある時より、水を入れた時に生き生きとした表情に変わる透明の小さなコップ。

 

懐かしい雰囲気の、素朴なガラスコップたちが涼しそうに並んでいる翁再生硝子工房の「氷コップ展」。

若い作家の器をぜひ手に取ってみてください。

 

尚、今回の「氷コップ展」の期間内、7月15日から17日まで「はちはち」のパンの販売をします。

「はちはち」は前にも紹介しましたが、とっても説明しにくい場所に店を構えています。

ところが、不思議な事に、レティシア書房に本を買いに来て下さる女性が何人も店内の案内を見て

「あ、はちはちのパンですね。私好きです。」とおっしゃいます。

なんか共通の匂いがあるのかな?

それともやっぱり「はちはち」が有名なのか?(女房)

 

 

Tagged with:
 

翁再生硝子工房の「氷コップ展」、本日から始まりました。

朝から京都地方には大雨警報の出る中、搬入開始。今まで、絵画や、写真といった平面の企画展が中心でしたが、初めて立体作品ばかりの展示です。涼しげな風鈴、冷えたワインに、ストレートで飲むスコッチウィスキーに最適なグラス、アイスクリームなんか載せれば、ひんやり感が倍増しそうなものまで、見ているだけで涼しさを誘う硝子作品です。

ちょっと、懐かしいような雰囲気にさせるシェードが、いつもと違う明かりを演出しています。

以前、この工房のストレートグラスを買いました。注がれるウイスキーの黄金の色合いと、さらに、美味しそうに演出するグラスのおかげで、お酒が進みました。ウイスキー好きにとって、ロックグラスのいいものは、割と容易く見つかりますが、ストレートグラスは見つけにくいものです。私が使っているグラスは、その手で持つ所の感触が素敵です。

蛇足ながら、ウイスキーを水割りで飲む輩がおりますが、邪道です。ウイスキーの語源は、「命の水」とか。それを薄めて飲むなんて!昨今流行のソーダで割る飲み方も感心しませんね。北山で書店勤務していた頃、深夜に営業が終わるため、冬、自転車で帰宅する前に机に隠しておいたバーボンウイスキーを、ショットグラスで一杯飲む、その一杯が一番美味しい酒でした。ウイスキーを飲みだしたのは33才。サントリーオールドから始まり、スコッチ、アイリッシュ、そしてバーボンとグレードを上げて飲み続けてきました。飲み方を教えてくれたジャズバーは無くなりましたが、数年前に店のすぐ近くに素敵なバーができて、今まで飲んだ事のないウィスキーを出してもらって楽しんでいます。

「氷コップ展」は17日(火)の鉾巡行日まで開催です。16日(月)の宵山は営業します。そして、15日(日)の宵々山から三日間限定で、「はちはち」の美味しいパンの出張販売もあります。祇園祭に行かれる前にお寄り下さい。

Tagged with:
 

 

「斎藤博素描展1972年乾期アフリカ・サバンナの旅にて」は盛況のうち第1週を終え、2週目に入りました。

そして、今なお作品の並べ替えは続いています。

 

本屋の壁にすっかりとけ込み、けれどもさすがに存在感があり、とても素敵な個展になっています。

 

私自身毎日ワクワクしながら、とてもいい勉強をさせて頂いております。

 

このスケッチは、今から40年前、京大霊長類調査隊に同行して、乾期の東アフリカを旅し、初めて目の前にひろがる原色の世界に感動した若き画家の感動そのものです。

 

さらに現在制作されているコラージュが加わり、それが若い頃のスケッチと一緒に並ぶとそこに、ある流れが見えて、大げさに聞こえるかもしれませんが、一人の作家の足跡をたどるような気がしてきます。

 

展示スペースを作っておいてホントによかった、と思う今日この頃です。(女房)

 

Tagged with: