音楽を聴きながら毎日製作しているという9cueさん。骨太なアコースティックなものが大好き。同じ趣味のレティシア店長と話が盛り上がり、本屋の壁いっぱいに9cueワールドが広がりました。お気に入りのアルバムから、想像の翼をガーンと羽ばたかせて、ユニークなヤツらが、レティシア書房に3年ぶりにやってきました。

9cueさんがチョイスしたアルバム、ミュージシャンはアメリカンロックに親しんできた人にとっては、よくご存知のものばかりですが、華やかな音楽業界から見れば、地味で渋めです。アメリカ音楽のルーツへのリスペクトと、アーテイストとしての表現力、作風でそれぞれに頑張ってきたミュージシャンばかりです。呑んだくれの音楽詩人が、深夜一人で人生の哀歌を歌い続けるトム・ウェイツ。生まれ故郷を一歩も出ずに愛する音楽を奏で、そのまま天国へ行ってしまったJJ.ケイル。女性シンガーとして時代の最先端を走り続け、独自の世界を表現してきたジョニ・ミッチェル。アメリカだけでなく、日本の多くのシンガーにも影響を与えてきたジェイムズ・テイラー。姉御肌なんだけど、キュートな魅力一杯のマリア・マルダー。ノーベル文学賞を受賞しても、ひねくれぶりとマイペースは変わらないボブ・ディラン。アメリカ南部の荒くれ魂と強い女ってこれよね、と豪快に疾走するテデスキ&トラックバンド。(写真上)そして御大ローリングストーンズ。

そんな彼らのLPアルバムの横に、9cueさんが作り上げた独自の作品がディスプレイされています。音楽への限りない愛と、そんな音楽を通してこんな作品を作れる幸せが、本屋全体に漂っています。音楽のこと知らなくても、9cueさんが作り上げたキャラクターを見ているだけで、楽しくなってきます。閉店後、店の中でヤツらが音楽に合わせて、体を揺らしているかも。

9cueさんの作品はなんだか男前でとてもカッコイイんです。ザクっザクっと直線的に切り出した木に、渋い着色を施し、蒐集している古釘やネジなどの金属や革で作った小物を組み合わせ、独特の全く見たこともないようなヒトや鳥や動物を作り上げます。彫刻でもない、人形でもない。可愛いけれど甘くない。ヤツらはしぶとくリズムを刻んで生きています。

「人生のレールは生まれる前からもう既に敷かれているように感じる部分もあれば自分の力で敷いているのだよ感じる部分もある。ー中略ーそして、レールの上を走る汽車は自分自身で動かす。乗車してくれるのはやっぱり愛する者達なのだと思う。このアルバムはやっぱり信仰心について深く考えさせられます。自分は無神論者なのですが、運命の赤い糸は信じます。何か見えない力のようなものも。」これは、ボブ・ディランのアルバム「SLOW TRAIN COMING」(写真右)につけた 9cueさんのコメントです。丁寧に生きて、創作してきた 9cueさんの世界に触れてみてください。きっと元気になりますよ。

なお、素敵なペンダント(写真下・11000円〜)も沢山作ってこられました。ぜひ手にとってみてください。(女房)

 

 

 

「暮らしのリズム」展は10月16日(水)〜27日(日)12:00〜20:00 月曜定休日(最終日は18:00まで)

 

 

 

 

 

 

静峰さんによる書展が本日より始まりました。タイトルは「多次元書」。平面に書かれた二次元の作品ですが、「書」というものの固定観念を外して見てほしいという、作家の意図ではないかと思います。

レティシア書房では、書の展覧会は珍しいのですが、2013年に静峰さんの書展を初めて開いてもらってから、彼女のファンになりました。紙に筆で一気に書き上げることは、きっと想像以上に楽しく、そして難しいものだと思います。この一枚の作品の裏に、数十枚数百枚の修錬があったに違いないのですが、それをさらっと見せてしまう墨色の美しさ、何もないところに筆を置く潔さに惹かれます。

「息」という作品(写真上)が「生」という字に見えたりします。生きる、と息が画面で一つになる。「多次元書」というタイトルには、こういったことも含まれているのかもしれません。

作品「炎」は、メラメラ燃え上がっています。この筆跡の力強いこと。一つの作品を仕上げるまでにどれほどの積み重ねがあったのか。けれども、心を無にして白い画面と対峙する時間、そんな密度の濃い時間を持つことは、本当に素晴らしいと思います。

今回静峰さんは、更紗の生地をパネル張りにして書を展示されています。床の間の設えのないところでも簡単にかけて楽しめるような、カジュアルな仕立てです。「書」を身近に感じていただければと思います。

それにしても、本屋に「書」が似合っていて嬉しい。10月に入り、朝晩少しずつ秋めいてきました。お散歩のついでにぜひのぞいて見てください。(女房)

★ 静峰展 II『多次元書』は10月1日(火)〜13日(日) 12:00〜20:00(最終日は18:00まで)月曜定休

 

 

Tagged with:
 

ガラス絵の魅力は、つるんとした透明感です。パンジーの瑞々しい花弁をサッと捉えた一枚などは、ガラスにネイルカラーの鮮やかな群青色が美しく、小さな宝石のよう。

白崎和雄さんの「ミニガラス絵」展は今回で4回目を数えます。ガラスの上に速乾性のあるネイルカラーで、一瞬のきらめきを定着させる技が見事です。2016年に初めて作品を見た時から、きっとご自身がすごく楽しんで作っておられるのだろうと思っていましたが、毎年20枚以上の新作を作り続けることに驚きます。描くのは、身の回りにあるお気に入りの小物や、花や、果物などです。興味を持って一つ一つを作品にしていく豊かな時間。その余裕が、観る者に幸せを感じさせてくれるのかもしれません。

ガラス絵は、透明なガラスに裏から色をつけていきます。そのため、出来上がった時に一番上に乗る色から置いていくのですが「たんぽぽ」(写真左下)の作品では、背景の黒色を先に塗って少し花がぎこちなくなったと、反省されていました。でも、そのたんぽぽの花が、プリントの花柄のようでとっても可愛いのです。計画通りには描けないことも含めて、そのやりとりが、絵を描く楽しみのうちなのでしょう。

白崎さんは学生時代は油絵を専攻されて、会社勤めを辞めたのち、再び筆を取るようになりました。毎年、学生時代の仲間と、ガラス絵の個展と同じ時期に近くのギャラリー「ヒルゲート」(寺町三条上る・9/22まで)で作品展をされています。暑さも少しずつ和らいできました。京都の町の散策には良い季節到来。ギャラリー散歩にお出かけいただければ嬉しいです。(女房)

 

 

 

★ネイルカラーで描いた「ミニガラス絵展」は9月17日(火)〜29日(日)12:00〜20:00(最終日は18:00まで)

 

23日(月)は定休日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より松本紀子さんの写真展が始まりました。

タイトルの「そのかわり その代わりに」というのは、シンガーソングライターのヤマモトケイジさんの「ストーリー」という楽曲にある言葉。松本さんはヤマモトケイジさんの紡ぐ言葉が好きで、5ヶ月に及ぶフォトセッションを重ね、彼の魅力を写真で表現しようと「ストーリー」の歌詞とともに小さな写真集「そのかわり、その代わりに」(税込1000円)を作りました。レティシア書房に写真集を持ってこられたのがお付き合いの始まりです。

アコースティックギターの音色が聞こえてくるような作品の数々。松本さんが、ヤマモトさんの音楽を愛し、深く理解しようとしたから撮ることのできた写真ではないかと思います。岡山市内にある大正時代に建てられた「禁酒会館」の中で撮影された写真は、風格のあるインテリアがとても素敵で、そこにだけ流れる静謐な空気を感じました。

「声あげたその日から  数えきれぬほどに重ねてきた  すてきなこと  許せぬこと  涙あふれるほどふるえること  ひとりひとりが胸にあずけたもの  思い出でこの星はあふれている  知らぬ間に時は往き  楽しみに待つことも  ああ、減りました  そのかわり  その代わりに  あなたの横にいる、それが楽しく  ひとつひとつが意味を紡がずとも  今ここにあるものが偶然でも  めぐる季節がうたうように終わる日まで  どうかこころのままに歩いてゆけ」

この写真展のテーマ「そのかわり その代わりに」の歌詞です。歌詞のひとつひとつが写真のタイトルになっています。遠くを見つめる眼差しと、目の前にある愛しいものたちが、美しく捉えられていて、穏やかな心持ちになる作品が並んでいます。幸せというのは、実は小さなもので、大きな幸せなんてものはないかもしれません。静かに考える時間、大切な人と過ごすひとときを大切にしたいと思う写真展です。

松本さんは岡山県出身、京都の大学で4年間過ごされました。この写真展が、東京、岡山、大阪に続き、懐かしい土地で開かれたことにささやかなご縁を感じて、またこの続きをぜひ見てみたいと思っています。残暑厳しい折ですが、少しほっこりした気持ちになってください。なお、ヤマモトケイジCD「青図点描集」(1300円)も販売中。(女房)

★松本紀子Photo Exhibition「そのかわり  その代わりに」9月10日(火)〜15日(日)12:00〜20:00(最終日は18:00まで)

 

 

 

 

 

2015年、映画をテーマにした「荒野の二人展」を、イラストレーター朝野ペコさん楠木雪野さんコンビにより開催しました。レティシア書房の名前の由来である映画「冒険者たち」から始まって、連想ゲームのようにセレクトされた映画のイラストが並んだ楽しい企画でした。続いて2017年の「続・荒野の二人展」には「私たちのするめ映画」という副題がつき、地味ながら味のある映画の一場面のイラストがずらり。そして、映画好きイラストレーター二人によるお待ちかね第3弾!!「新・荒野の二人展」のテーマは「ヒーロー」です。自分にとって「ヒーロー」は誰か?ヒーロー映画とは何か?という二人の問いに、想いを巡らせてください。

選ばれたヒーローたちは、カッコいい「グロリア」のジーナ・ローランズや、「ドラゴンへの道」のブルース・リー、「サムライ」のアラン・ドロンもいれば、「幕末太陽傳」のフランキー堺というひねりの効いた人もいて、やっぱりこの映画好きの二人、一筋縄ではいきません。

モノクロの朝野さんの作品は、計算されたこれしかない!という気持ちのいい線は相変わらずですが、今にも次のシーンに続く動きがあって新鮮な感じがしました。シャッ!とか、バン!なんていう音が聞こえてきそう。「ピンポン」(写真上)の緊張感は本人が卓球を始めたせいもあるのか…….。ちなみに朝野さんが映画好きになったきっかけになった映画は「狼たちの午後」とか。

一方の楠木さんは、白い画面を大きくとった構図に、少しだけ加えられた色彩が美しい。添えられた文字がとっても上手くて洒落ています。こんな程よい軽やかさは、簡単そうに見えて実はとても難しいと思うのですが、センスの良さに舌を巻きます。映画好きになったきっかけになった映画は「明日に向かって撃て」、R・レッドフォードが楠木さんのヒーローだそうです。描かれた「コンドル」のレッドフォードには愛を感じます。

それぞれの作品には、「どんな映画?」「どんなヒーロー?」の説明が書かれていて、一つ一つ読んでいくのも楽しいです。私のヒーローは、「十二人の怒れる男」のヘンリー・フォンダかな。この展覧会が終わるまでに今まで見てきた映画をゆっくり思い出してみよう………。それにしても毎回楽しいこの企画。ぜひ続けてほしいと願っています。(女房)

なお、作品は全て販売しております。「ヒーローオリジナルグラス」(1200円)、ポストカードなどのグッズも販売中。

「新・荒野の二人展 ヒーロー」は8月24日(土)〜9月8日(日) 12:00〜20:00(最終日は18:00まで)月曜定休日

 

 

自称”お散歩フォトグラファー”で、建築家・インテリアデザイナーの呑海龍哉さんが、ブータンを訪れた時に、そこに暮らす人々を撮影した作品を集めた個展が本日より始まりました。

呑海さんが書かれた文章によると、他のアジアの国々では働いているために学校に行けない子供達を多く見かけるというのに、ブータンでは働いている子供達がいないのだそうです。国が子供の教育に力を入れているのです。そして、ブータンの人々は大地の恵みに感謝し、毎日何百回と祈りを唱え、国と国の文化に誇りを持っているというのです。チベット仏教を心の拠り所にして、お金や物質に振り回されることなく、穏やかに暮らす人々の美しい写真が並びます。

真ん中に、横幅1mあまりの大きなモノクロの作品「大地の恵み」が飾られました。空の広さ、澄んだ空気を感じ、そこで働く女性の力強さ圧倒されます。この写真は今年4月、フランスのサントスアートサクレに出展され、GalerieCombes賞を受賞しました。

呑海さんの写真展は2017年に続き2度目になります。連日36度を超えるような猛暑日の京都ですが、ブータンの自然と人々の優しい笑顔をご覧いただければと思います。(女房)

「ブータン祈りの大地」呑海龍哉写真展は、7月30日〜8月18日まで。なお、8月7日〜18日は恒例の「レティシア書房夏の古本市」を開催しますが、その間も写真展は一部を入れ替えて展示いたします。(8/5、8/6、8/12は休み)

 

 

 

さて、7月27日(日)北海道の森末忍さんと、京都で酒器を作っておられる「今宵堂」上原さんのトークショーが当ギャラリーで行われました。主催は NPO法人京都カラスマ大学。森末さんと畠山さんが作っている「その界隈 北海道と京都」というミニプレス10号発刊を記念した「僕らの界隈展」の開催最終日に実現したとても楽しいひとときでした。こだわった紙面作りをしているミニプレス「その界隈 北海道と京都」ですが、上原さんの掘り下げた質問に答えて、デザインのこと、文字情報の面白さなどについて1時間余り語っていただきました。その中で、しんどいこともあるけれど作り続けるコツは「やめないこと」と森末さんがおっしゃっていたのが印象的でした。何でもそうかもしれませんね。司会進行は京都カラスマ大学代表の高橋マキさん。猛暑の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

Tagged with:
 

東京の書店「Title」店主辻山良雄さんの「ことばの生まれる風景」(ナナロク社/2484円)は、とっても素敵な本です。辻山さんの文章は、本への愛情に満ち溢れています。そこで紹介されていた作家の多くは、うちの店長のリスペクトしている方々で、レティシア書房店長日誌に思いをこめて紹介しました。そのブログをコピーして辻山さんに送ったそうです。そうしたら、なんと辻山さんからご連絡をいただき、「nakaban(なかばん)さんの原画展を全国で巡回していますが、そちらでされますか」というご提案をいただきました。願ってもない話に我々は飛びつきました。

そうして実現したnakabanさんの原画展が、本日より始まりました。

ナナロク社の担当川口さんとメールのやり取りを重ね、「ことばの生まれる風景」の中の全ての原画を見てみたいという欲望を抑えて、選んだ12点の絵画。本の印刷もレイアウトも素晴らしいのですが、改めて原画の持つ力強さに、なんというか心打たれました。重ねられた色の深さ、筆の運び、ことばの中から一枚の風景を描くという力技。

店の扉の近く一番初めには、星野道夫「旅をする木」を飾りました。これは、星野道夫が大大好きな店長のたっての希望です。古本屋の本棚の前で手に取ったアラスカの写真集に見入る青年の姿。その周りにはアラスカの大自然が広がり、彼の未来が見えています。夏目漱石「門」は、都会の車窓の景色。原画で見るとより暗がりの深さが際立ちます。深沢七郎「楢山節考」の雪景色は寒さが滲みます(私はこの絵が大好きです)。エンデ「モモ」は、より身近に感じたくて柱に掛けました。夜、一人で建物の中に座り静けさに耳を傾けるモモを満天の星が見守っています。どの作品もいつまでも見ていたい。願わくはずーっとここに居て欲しい。

初日に辻山さんが来てくださって、一緒にゆっくり展示を見て「京都だから『方丈記』を入れても良かったですね」と言われ、迷った末にやめたことをちょっと後悔しました。

展示前の日曜日には、nakabanさんも立ち寄ってくださいました。実はnakabanさんの原画展(やはり辻山さんとのコラボです)は「誠光社」さんでも、昨日から同時開催中なのです。日曜日はそちらの搬入だったのだそうです。それにしてもnakabanさんの原画展を私たちの本屋で出来るとは思ってもいなかったので、とてもとても嬉しいです。さらに「ことばの生まれる風景」の著者お二人ともにお会いできて、幸せでした。店長日誌を辻山さんにお送りして本当に良かった。発信してみるもんですね。(女房)

●nakabanさんオリジナルスタンプを、しおりに押してお持ち帰りいただけます。このスタンプは、原画展をされた各書店のイメージに合わせてnakabanさんが作ってくださいました。ちなみにレティシア書房のデザインは女性の横顔。いいでしょ!

 

♫トーク&ライブのお知らせ  

7月13日(土)18時30分より 『澤口たまみ(語り)石澤由男(ベース)ライブ』

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが再びやってきます。澤口たまみがさんが岩手のイントネーションで賢治作品を朗読。ベーシスト石澤由男が伴奏を添えます。 朗読作品は、岩手の自然を見つめ、野原や林からおはなしを貰ってきたという「鹿おどりのはじまり」他を予定。

●18時受付開始  18時30分より (2000円)ご予約ください。

                     075−212−1772(レティシア書房)

 

 

『常日ごろ使ってもらえるような  季節になったら思い出してもらえるような  置いて和んでもらえるような  そんなものが作りたくて  日々制作しています。』

田頭さんがこう綴っておられる通り、さりげなく日常生活に馴染む使い勝手の良さそうな器が並びました。

毎年、精力的に個展を開催されているのでいつかレティシア書房で、とお話ししていたところ今夏やっと実現しました。

初夏らしいしつらえで、苔玉が涼しげに揺れています。苔玉のカバーにも使える素敵な器、スープもたっぷり入りそうな大きめのティ一カップ、なんとも可愛いい果物や気球の絵付けが施された豆皿、小さな一輪挿し、優しい色合いのぐい呑、赤い土を生かしたカップなどなど。どれも思わず手に取ってみたくなるものばかりです。

私自身も彼女のお皿を毎日のように使っていますが、控えめで、それでいてどこか愛らしい。作品にお人柄が出ていると思っています。

今も絵付けの勉強はずっと続けておられて、毎年仲間の方々と作品展をされています。今回壁に飾った大皿(写真上)には、港の風景の絵が描かれています。ここにお寿司なんか盛ったらもちろん豪華なおもてなしになりますが、ここでも田頭さんの器は堂々とした形だけれど、はにかんだような優しい藍色で控えめです。

素敵な陶器のブローチ(2700円〜)も加わりました。季節の変わり目、ぜひ新しい自分用の器を探しにお立ち寄りください。(女房)

 

「田頭由起 陶展」は6月18日(火)〜30日(日)12時〜20時 (最終日は18時まで)月曜定休日

 

 

♫トーク&ライブ決定 7月13日(土)澤口たまみ(かたり)石澤由男(ベース)

今年1月、当店で行われた「宮沢賢治愛のうた」(澤口たまみ著)出版記念イベントのお二人のトーク&ライブが決定。ゆったりとした豊かな時間の流れた前回同様、今回も期待度大です。賢治の言葉とウッドベースの響きが心地よく胸に伝わってきます。

 

 

 

Tagged with:
 

雨上がりの緑の木々が目に美しい本日より、はしづめさやか「緑の時間」展がはじまりました。

 

はしづめさんが、この展覧会に寄せた文章に、小学校の図書館で借りて読んだある本(「広太のイギリス旅行・緑色の休み時間」)の記憶が心にずっと残っていたと書かれています。5月に本屋のギャラリーで個展をすることを決めて、作家の記憶の底に横たわっていた緑の本が蘇ったらしいのです。ずっと前に読んだ本が、時を経て形になって絵に現れるなんて素敵なことです。水彩絵の具の上に色鉛筆で重ねたタッチが優しく、幸せな気持ちになれるような草花の絵がたくさん並びました。はしづめさん自身が、優しい人たちといっぱい出会い、そのご縁を一つ一つ大切にされてきたのだと思います。

絵が納められた額の多くは、木彫をされているお父さんの手作りだということです。個展に向けて、その額と対話しながら絵を描いてきたとお聞きました。そこにも温かな時間を感じます。なお、スウェーディッシュフォークミュージックのCDジャケットのデザインをされた関係で、このCD(2500円)を店内で流しています。お聞きになりたい方はお申し出くださいませ。なんかとってもいい感じに絵と合っています。

今まで作って来られた絵本もいくつか展示されています。小学生の作ったお話に、絵をつけた一点ものなどです。仕掛け絵本もあり、ゆっくりページをめくるのが楽しいです。また、12種類のポストカードは150円で販売しています。普段は編集のお仕事で忙しい毎日だそうですが、小さな自然に向ける優しい眼差しが、小さな本屋に清浄な空気を満たしてくれました。これもご縁。ありがたいことです。(女房)

「緑の時間」はしづめさやか展覧会は、5月21日(火)〜6月2日(日) 12時〜20時 最終日は18時まで月曜日定休 

 

 

 

当店での個展が3回目となる、たがわゆきおさんの個展「夏を旅する」展が始まりました。サブタイトルに「水彩で描く南欧の風景」とあるように、2015年〜2017年にかけて旅したイタリア、フランス、スペインの各地を水彩で描いた作品が展示されています。

イタリア北部、ミラノ付近に位置するコモという町にある、コモ湖はスイスと国境を接したリゾート地です。湖畔の町レンノでサマーバケーションを楽しむ人たち、街角の静かな風景を描いた作品など、ゆったりとした時間が流れます。

また、パリ近郊の港町オンフルールを描いた一枚は、帆船とその向こうに広がる街並み、そして夏空が描かれています。プロヴァンスにある、エクサンプロヴァンスという街角にあるカフェを描いた一枚。午前中のカフェの雰囲気が素敵です。このカフェの前の道はセザンヌのアトリエへとつながっていて、その向こうに広がるレ・ローブの丘をたがわさんは描いています。杉木立の彼方には、サン・ヴィクトワール山が見えています。ご存知のようにセザンヌも、この山を何度も描いています。

古代ローマ時代に整備されたアッピア街道(写真左)は、古代ローマの歴史好き、遺跡好きには欠かせない軍事街道です。大きな松の木の向こうに遺跡が見えていて、イタリアの暑い夏を吹き抜ける風の音が聞こえてきそうですが、本当に暑い場所だそうです。

イタリア中部の町アッシジにある城壁と、仕事帰りのライトバンに乗せた犬を描いた作品には、夕暮れ時のほのぼのとした風情が漂っています。

ヨーロッパの街角が見せる、様々な表情をお楽しみください。

 

★「夏を旅する。展」水彩で描く南欧の風景は19日(日)まで開催中。

12時〜20時(最終日は18時まで)月曜日定休