90歳に手が届きそうなクリント・イーストウッドの新作「リチャード・ジュエル」は、イーストウッドらしい正統派映画作りの一本でした。

物語は極めて現代的な「冤罪」を扱っています。1997年7月、オリンピック公園でのコンサートを警備していたリチャードは、爆弾を見つけ大勢の命を救いました。ところが英雄視される一方で、FBIは、彼を事件の容疑者と断定し、強引な捜査を始めていました。その情報を地元メディアが実名報道して、今度は世紀の犯罪者として世間に晒されることになってしまいます。これ、実話です。

「母親と一緒に住んで、ブタみたいに太っている、ゲイかも?」という差別的なメディアの主観で、主人公のリチャード・ジュエルは、あっという間に、犯罪者に仕立て上げられます。彼は確かに太っているし、独身で年老いた母親と暮らしています。しかし、そのことと犯罪は無関係なはず。状況証拠と、憶測だけで、下手をすれば爆弾犯人として絞首刑に処せられるところまで追い詰められます。この追い込まれ方は、アメリカだけでなく、日本でもどこでもありうる話です。イーストウッドは、冤罪に巻き込まれてゆく様をオーソドックスな手法で描いていきます。話の行く末はさておき、作り方のおかげで安心して観ていられる映画です。

リチャードと知り合いだった弁護士ワトソンが、彼を助けるためにFBIや地元メデイアに反撃を開始するあたりから物語は加速していきます。しかし、弁護士もの映画にありがちな、法廷で弁護士が朗々と主張し、正義を勝ち取るというような感動的な、あるいは観客に涙させるシーンが全くありません。それどころか、FBI捜査官とネンゴロな関係になって記事を書いていた女性記者も、後半ほとんど登場しません。

映画は主人公リチャードの心のあり様の変化へと向かいます。元々彼は、アメリカの正義を信じて警察官になろうとしていました。市民のため、アメリカの正義のため生きるのが彼の理想でした。しかし、事件の渦中の人物になった途端、正義のはずのFBIや警察は牙を剥いて彼を襲ってきました。始めはFBIに協力的だった彼でしたが、弁護士が見せつけてくれた「正義」の現実の中から、立ち上がっていきます。そこが映画のクライマックスですが、イーストウッド映画らしい静かな、派手さはないが力強いシーンで幕を閉じます。

エピローグ的なラストが、実にいいのです。再会したワトソンとリチャード。「相棒、元気かい」みたいな心地よさが漂い、ワトソンを演じたサム・ロックウェルの微笑みが、映画を後味の良いものに200パーセント引き上げていました。

ワトソンの恋人が、こんなセリフを言います。

「この国で有罪だと言われれば、それは無罪だ」

アメリカの、いや日本の現状も踏まえた恐ろしい、しかしリアルな言葉です。

 

★2/5(水)〜2/16(日) 恒例となりました女性店主による『冬の古本市』を開催します。今年も神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください。


 

クリント・イーストウッド監督・主演作品「運び屋」は、絶対お勧めの映画です。

現在89歳のイーストウッド。もうご老体ですが、何とまぁ元気な映画を作られました。鼻歌歌いながらアメリカ中をドライブ、モーテルに女性を引っ張り込むは、パーティではナンパするは…..。そんなノーテンキな爺さんですが、実のところシリアスなお話です。

主人公アールは、身勝手な振る舞いのせいでとうに家族からも見放された、孤独な90歳の男性です。ユリ科の名花「デイリリー」の栽培事業に行き詰まり、自宅も差し押さえられ、万事休すの状況になった時、「車の運転さえすればいい」という仕事を持ちかけられるのです。「簡単な仕事」とは、メキシコの麻薬カルテルの運び屋だったのだですが、深く考えもせず、中身を見るなという約束を守り、大金を手にします。しかし案の定、カルテルの内紛と麻薬取締局の捜索などで、危険が迫ってきます。
イーストウッド映画のセオリー通り、静かにゆっくりと物語は動いていきます。アメリカ中を麻薬を積んで旅するシーンは、西部劇風のところもあって心地良い感じが伝わってきます。車中のカーステから流れるに合わせて歌い出すと、監視のために後からついてくるカルテルのメンバーも、車に仕掛けた隠しマイクから、聞こえてくる彼の歌声に合わせて、いつの間にか歌ってしまったりと、ちょっと笑えます。
家族をないがしろにしてきたアールは、それまでの人生に後悔しながらも、なかなか家族と向き合おうとしません。そんな彼が、妻の元へと戻ってくるあたりから、映画は一気に緊張感を上げていきます。昨今のアメリカ映画の、すぐに場面転換して、刺激的なシーンを並べ立てるようなことをせず、ていねいな場面の積み重ね。あぁ〜映画を観ている、という幸福感で一杯になります。
自分の美学に酔って仕事を優先し続けた男が、家族から孤立してしまう当然の報いを受け止め、老人の孤独、悲愁、そして人生へのけりの付け方を、イーストウッドは、見事に演じていきます。長年彼を追っかけて来た身には、アールとイーストウッドが重なり、深い皺さえも格好いいと思いました。

クリント・イーストウッド監督「ハドソン川の奇跡」見てまいりました。お見事の一言につきる映画です。ごちそうさまでした!

まだ記憶に新しいNY で起きた飛行機事故。離陸直後に、鳥がエンジンに突っ込み、操縦不能になった旅客機を、機長がハドソン川に着水させ、乗員乗客全て無事救助された、あの実話が題材です。

あぁ〜パニック映画によくある感動ものか、という予想は裏切られます。こういう映画に必ず登場するのが、美人スッチーと不倫に悩む機長とか、会社が傾いて生きる意欲を失くしたビジネスマンとか、再起をかけるアスリートとか、その夫に付いてゆく健気な妻とか、重い病ですぐに病院に入院しなければ死んでしまう少女とか、とか……..。

しかし、そういった人達のストーリーは、全くなし。機長が着水を決定、実行に移すまでの208秒をひたすら検証して、91分の映像に描いています。この機長がマスコミで英雄扱いを受けたり、反対に査問委員会で彼の決断が間違いだ、と糾弾される姿を中心にして、まるでドキュメンタリー映画のように事故を再現していきます。主演のトム・ハンクスも、イーストウッドの演出意図を十分に汲み取って、淡々と全うに仕事を続ける男を演じています。

昨今のおバカなハリウッドなら、エピソード一杯詰め込んで、CGいっぱいはめこんで、ついでに大層なテーマソングを歌い上げ、無理矢理”泣かせる”大味な映画に仕上げるのでしょうが、アメリカ映画の良心が身に染み込んでいるイーストウッドは、もちろんそんな事はしません。無駄なものすべて除いて、ストイックに映像を組み立ててゆく映画手法に引込まれました。ラストの副操縦士のユーモア溢れる切り返しなんて、「お後がよろしいようで」と、拍手と共に幕が下りる感じ。

「映画作家」ではなく「映画職人」として、まだまだやるで、という心意気を見せてくれる作品でした。

 

 

 

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショー 「極北 カナダ・ユーコン&アラスカの旅と暮し」(7時より)を予定しております(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)

 

クリント・イーストウッド監督の「アメリカン・スナイパー」を観に行きました。戦争に行けば、人間が壊れるという当たり前の真実を、どう描くのか興味津々でした。

さすが、としか言いようのない出来上がりでした。戦闘シーン以外は、他の彼の作品の演出と同じく、役者に近寄ったカメラが微妙な視線や、表情の違いを捉え、その役の心情を体現するという手法で、実在の狙撃手の人生を描いていきます。

戦地から帰還した彼に、帰宅を待ち続けた妻が「身体は返ってきているけど、心が戻ってきていない」と嘆きます。心ここにあらず、自分は何故ここに生きているのかの意味を失ってしまったのです。戦地から内地に戻り、一直線に愛する妻と子供が待つ自宅に戻るのかと思いきや、近場のバーで、ビールをちびりながら、茫然と佇むシーンは象徴的です。何故、帰れないのか、観客に問うているみたいです。

しかし、イーストウッド監督は、単に戦争で真っ当な人間性を失くした男の悲劇だけを描くのが主眼ではありませんでした。

アメリカ映画の戦争活劇には、戦地での活躍を描く「小隊もの」というジャンルがあります。TVの「コンバット」なんかがその代表でしょう。彼自身「戦略大作戦」に主演したり、自らメガフォンを取って「ハートブレイク・リッジ」を作りました。だから、戦闘のアクションは、映画的にも秀れたものをみせてくれます。その最たるものはラストの激戦シーンです。しかし、それが単なるアクションの連続に終始していないのが、彼の凄みです。

その戦闘の最中に、恐ろしい強力な砂嵐が直撃し、アメリカ側も、中東のテロリスト側も吹き付ける砂のために、どこにいるのかも判断できなくなり、最後には観客も戦闘がどうなったのかわからないまま、先程の酒場に主人公が佇むシーンに変わっていきます。闘争本能や、憎しみや、国同士のエゴイズムさえも吹き飛ばしそうとしているかの様でした。

そしてラスト、悲劇的結末を迎える狙撃手の死(そのものズバリのシーンを見せず、暗喩的なワンカットで見せる辺りは、さすがですな)でエンドかと思いきや、彼の実際の葬儀のシーンが映し出されます。沿道にズラリ並ぶ星条旗。星条旗?え?こんな愛国的ラスト??・・・しかし、ここで席を立っては、この映画の本質を見失います。その後、何の音楽も鳴らない、エンドロールが延々続きます。

沈黙したスクリーン。

英雄扱いするアメリカから離れて、死んでいったこちらの、そしてあちらの多くの人達への鎮魂で映画は幕を下ろします。愛国的映画で終わるなら、この葬儀シーンに、盛り上がりそうな「アメイジンググレイス」なんかの曲をかけたエンディングでいいはず。あえてそれを避けたイーストウッドに脱帽しました。共和党員でありながら、イラク戦争に反対する彼らしい作品でした。

C・イーストウッド初監督作品「恐怖のメロディー」が封切られたのが70年代初頭。あ〜っ、この人映画を愛しているんだと確信して、それからは作品が封ぎられる度に、映画館に馳せ参じてきました。そして、最新作「ジャージーボーイズ」!ズバリ、この映画は観ないと、ごっつ損しまっせ。

作家小林信彦氏が、「ウエストサイド物語」以前のミュージカルを再現させたと週刊誌で語っていましたが、その通りだと思いました。お話は、フランキー・バリ&フォー・シーズンズという60年代アメリカを代表するポップグループの栄光と挫折です。ブロードウェイの人気舞台を、今回イーストウッドが映画化しました。彼の演出が冴えているのは、あれもこれもと過剰にならず、簡潔明瞭で、引き締まったリズムで映像を作っていくところです。

さて、ミュージカルの舞台をどう料理したか。お、こんな手法があったのかと驚かされます。ダレることなく一気にエンディングまで運んでくれます。フォー・シーズンズのメンバーが集まって、出来上がった曲を試しに演奏するシーンのワクワクするようなライブ感を初めとして、素敵なシーンは一杯ありましが、ぜひ劇場で楽しんで下さい。

そして、ラスト。こうなるだろうとは予想していましたが、吹っ飛びました。名曲「シェリー」にのって、出演者全員が登場、楽しげにステップを踏みます。控えめに“Directed byClint Eastwood”とクレジットが出た途端に、もう涙でぐしゃぐしゃになりました。これは、映画ですよ、お話ですよ、でも一時でも、こんなにも人を幸せにしてくれますよ、というメッセージ一杯のエンディングです。ひょっとして、リハの時、イースウッドも一緒に踊っていたんじゃないの?と思わせる程に、楽しい、ほんとに心底ハッピーなエンディングです。できることなら、このエンディングの部分を劇場のスクリーンと一緒に持って帰りたいぐらいです。