小学校で読んだりする偉人伝。聖徳太子やら織田信長、そして伊藤博文辺りがポピュラーなところですが、女性が少ない。無いなら作ろうということで、韓国の出版社ボムアラムが作ったのが「夢を描く女性たち イラスト偉人伝」(タバブックス1870円)です。

国も時代もバラバラ、活動分野も様々な、女性たちが登場しますが、さすが韓国の出版社だけに、母国の方が多く入っています。そして、その女性たちが頭を上げて、前を見つめて放った真っ直ぐな言葉が、韓国の素敵な絵描きたちによるイラストと共に書き込まれています。

「刀を向けると怯えると思ったのか? 私たちは死ぬ覚悟でここに来ているのだ」

と勇ましい言葉を残しているのは、ブ・チュンファ。彼女は海女です。日本占領時代、海女たちが収穫した海産物を、彼女たちの管理者が搾取し、安い賃金で働かせていました。それに抗議したデモを実施。阻止しようとして刀を抜いた日本軍人に向かって放った言葉がこれです。

「女性の私に祖国などない。女性としての私は祖国がほしくもない。女性としての私の祖国は、全世界だ。」

とは、ヴァージニア・ウルフです。貧困と差別の渦中で苦しんでいたイギリス女性たちの苦しみを描き、彼女たちの解放を求めた作家です。20世紀初頭の作家にも関わらず、現代でも多くの女性たちに支持されているのは、ちっとも状況が変わっていないという事なのでしょうか。

頭から順番に読まなくても、パラパラとめくって、好きなイラストと言葉をみつけたら、読んでみる、という気楽な本です。

このひとを収録しているのか!と嬉しくなったのがいました。一人は動物学者のジェーン・グドール。ちょっと前にブログで紹介した、星野道夫の「アフリカ旅日記」に登場します。彼女はこう言っています。

「あなたがすることが変化をつくる。あなたはどんな変化をつくりたいのか決めなければならない。」

もう一人は、グレタ・トゥーンベリ。10代にして、世界の政治家を相手に気候変動問題を問いかけた環境運動家です。

「私たちは未来がほしくて、ストライキをしているのです。」

この世界をこれから生きていく若者たちの悲痛な意志が込められています。

日本版追補として日本からは三人、作家の石牟礼道子、女子運動家の田中美津、評論家の山川菊栄と、数人が追加収録されています。グレタ・トゥーンベリもその一人でした。追補分のイラストを描いているのは日本人女性です。