クラシックファンのみならず、あらゆるジャンルの音楽ファンに支持されているピアニスト、グレン・グールドの膨大なアルバムから、ちょっと面白い企画物CDが入荷しました。

1枚は、グールドの音楽を使った映画を集めた「グールド・アット・ザ・シネマ」(SONY/国内盤1600円)です。

カート・ヴォネガッドjrの奇想天外な小説「スローターハウス5」は、「明日に向かって撃て」や「スティング」で有名なジョージ・R・ヒルが監督し、グールドの演奏が映画の中で使用されました。原作者ヴォネガッドjrは、この映画をくだらないと発言していましたが、時空を巡る原作を、SF的手法で巧みに映像化していて、ジョージ・R・ヒルの傑作だと思います。バッハ「ゴールドベルグ変奏曲」他のグールドのピアノが静かに画面に溶け込んでいきます。

もう一枚は、坂本龍一がセレクトした「グレン・グールド」(SONY/国内盤2CD2500円)です。お馴染みのグールドベストではなく、坂本的感性で選ばれた作品集で、あぁ〜この瞑想的な雰囲気は坂本らしいな、と感心します。グールドと言えばバッハですが、バッハはたった2曲のみという布陣です。

グールド関連の書籍も沢山出ていますが、あまりにも学究的なものは退屈してきます。やはり一番のお薦めは「グレン・グールドとの対話」(晶文社950円)でしょう。とはいえ、音楽の技法の話になると、私には「???」なので、吹っ飛ばしましたが。クラシック界きっての変人、奇人扱いされているグールドが、「北極圏で少なくとも一回越冬してみたい。太陽のある夏ならだれでも行けるが、ぼくの行きたいのは、太陽のないとき。本当に行ってみたい」と北極への憧れを告白したりと、素顔の彼を知ることのできる一冊です。

そして、フランスの精神分析学者、ミシェル・シュネデール「グレン・グールド孤独のアリア」(ちくま学芸文庫600円)も、やや難解ですが、面白い本です。

「グールドは性的なるものへと話題が及ぶのを好まなかった。彼がバーブラ・ストライザンドを高く買うのも、こまやかな愛情のセンスが彼女にそなわっており、それはあからさまに肉体的接触を求めたりするような種類のものではないということによる。」なんて、記述には驚かされました。

最近入荷した、青柳いずみこ「グレン・グールド」(筑摩書房1500円)も、グールドファンなら手に取ってみてください。

 

なお、この「坂本龍一セレクトグレン・グールド」CDが載っている重量感ケースはハンドメイドの作品です。興味のある方はKADEFのHPをご覧下さい。

Tagged with:
 

深さ16cm,縦横20数cmの立派な箱を開けると、400ページ程の豪華ブックレット。その製本と写真の上質な出来上がりにため息をつきながら、ブックレットを除けると、なんと紙ジャケ仕様のCDが78枚。ほぉ〜と見ているだけで、気分が良くなってきます。抱きしめたくなるような気分です。丁度、上質の製本を施された文学全集を持った感じに似ているかもしれません。

で、そのCDボックスですが、クラシックピアニスト、グレン・グールドが生涯にCDS Columbiaに吹きこんだアルバム全部を収めたものでタイトルは

“GLENN GOULD’S  Remasutered  The Complete Columbia Collection”です。

1955年、バッハ「ゴールドベルク変奏曲」を録音。発売されるや爆発的人気となり、57年から、ワールドワイドなツアーを敢行。「バッハの再来」と絶賛されました。しかし、演奏会の有り様に疑問を持ち、65年のシカゴでの公演を最後に、コンサートから退き、レコード録音とラジオ、TVの放送媒体のみを活動の場としました。

私はクラシック音楽への造詣がありませんので、専門的解説は出来ません。しかし、この人のピアノの音に一度取り憑かれると、抜け出すこができません。リリカルな音があれば、冷ややかで人を寄せ付けないサウンドが延々続く時もあります。文学的であるかと思えば、まるで電子工学の技術者の如く、全く隙のない世界を作り出すこともあります。

CDは、1955年のファーストレコーディングから、82年録音の「R・シュトラウス:ピアノ・ソナタ&5つのピアノ小品」までの78枚のCD、さらに彼自身の語りのCD3枚が網羅されています。値段は25000円。生涯楽しめるボックスです。

なお、44枚目のCDは、カート・ブォネガット原作の映画「スローターハウス5」に収録されたグールドの演奏を収録したものです。時空を吹っ飛ぶ複雑怪奇なファンタジーを、「明日に向かって撃て」や「スティング」のモダンな感覚のジョージ・ロイ・ヒルが映像化しました。TV放映された時、偶然見たのですが、面白い映画でした。さすがに、音楽までは覚えていませんでしたが……..。

酷暑の夏に聴くと、体中のエネルギーを吸い取られそうですが、これからの季節にはピッタリの音楽かもしれません。一年で、最もつまらない番組ばかりを放送する元日とか、終日グールドにつき合うなんて如何ですか。

 

★毎年恒例になりました『ネイチャーガイド安藤誠さんの自然トーク「安藤塾」』は、10月28日(金)7時30分より開催が決定しました。(要・予約 レティシア書房までお願いします) 

★★カナダ在住で、ドールシープを撮影されている写真家、上村知さんの写真展を11月1日(火)〜13日(日)まで開催します。5日(土)夜に、上村さんによるスライドショーを予定しております。(要・予約 同じくレティシア書房までお願いします)