「コペルニクス的展開」略して「コペ転」。とんでもない考えや発想、或は物に出会った時に口から出る言葉ですが、本日発売の「コトノネvol.22」(780円)に掲載された岡田美智男さんへのインタビュー『弱いロボット』だから、できること」は、まさに私には「コペ転」でした。

私たちのロボットへのイメージの底辺にあるのは「鉄腕アトム」でしょう。人間のために働き、人びとの幸福のためにその能力を駆使する、というものです。生産ラインで働くアームロボットも、介護現場に投入されつつある介護ロボット、最近で銀行等でも見受ける人体型営業サポートロボット等々。みんなアトムの延長上にいます。

しかし、豊橋技術科学大学教授、岡田美智男の提唱するロボットは、ゴミが落ちていても、拾ってくれない、仕事を与えてもオロオロ、ドジなロボットです。ゴミが落ちているあたりでモジモジしていると、傍にいた人がつい手をだして、ゴミを拾ってゴミ箱に入れてしまう。結果、その部屋は片付くということです。

不完全なロボットという、世の常識をひっくり返す発想について、こう語ります。

「ぼくらのコミュニケーションは、そもそも不完全なんです。それでも、ぼくらが何も不自由さを感じないのはなぜかっていうと、その不完全な部分を補ってもらって完結させている。なら、ロボットも必ずしも自己完結する必要がないんじゃないかな、とつくりはじめました」

そうか、僕たちが不完全なら、ロボットも不完全でいいや、なんてフツー考えます?

「もともと、わたしは役に立つっていうのが好きじゃない。むしろ、気持ち悪い。完成したロボットに周りを囲まれる生活って嫌だなと、それではぼくらは完全に受け身になる。俺は何すればいいんだって、とまどいだけあった。」

役立たずのロボットは、人を能動的にしてゆくのか!不完全な存在である人と、同じく不完全なロボットが手助けをして、目的を達成する共存の関係へと話は続いていきます。

これは、SFアニメの世界ではありません。現実に、弱さの共有から、新しいコミュケーションを模索している科学者たちのプロジェクトです。ロボットに興味なんかなくっても、「コペ転」的驚きで、ご自分の脳内をシャッフルしてみては如何でしょうか。新しい見方、発想が生まれるかもしれません。

「社会をたのしくする障害者メディア」を標榜するミニプレス「コトノネ」(780円)の取り扱いを始めました。

先日、この雑誌の編集担当の方が来られて、こんな本を出していますと見せて頂きました。「障害者」の本…..?。少し消極的に、最新号をパラパラとめくってみました。

最新号(11号)の特集は「時を染めるストール」というもので、宮崎県の「茶臼原自然芸術館」で、岩手県の「ひつじ工房アドナイ・エレ」でそれぞれに織り物を作っている人達を取材したものです。素敵な作品が並んでいます。その工房を捉えた写真は、カントリー系、シンプルライフ系の垢抜けたフツーの雑誌と変わりません。

記事を読んでみると、そこで働いている人たち、織り手たちが、障害者の方々だったんだと初めて判ります。

11号のもう一つの特集は、野菜の生産、販売を手掛ける「特定非営利活動法人 縁活おもや」の日々の活動です。「野菜の声を聞いて」、「野菜に売り方を教わって」という方針で農に従事する「おもや」代表の方の話は興味深く読ませてもらいました。販路拡大に向かって、ネット販売の準備をしていた時に、「野菜がそんなことしたらあかん、て言ってる気がしたんです」、だから中止して、直販だけに戻られたんだそうです。

自然栽培の野菜は、形も出来具合も不揃い。その「クセ」は、例えば面白い野菜を探しているレストランのシェフなどには、かえって人気があるのです。野菜の声に耳を傾けて販売する人がいれば、その声を受け取って買うお客さんがいるということです。

インタビューも充実しています。10号では、「あまちゃん」の音楽で一躍有名になった大友良英が登場。即興音楽家としての彼の世界観を知る事が出来る、素敵なインタビューです。「音遊びの会」という障害者との音楽活動で新しい表現を目指す彼の言葉には、優しさと暖かさが満ちています。

このインタビューで、障害者との音楽活動されてますね、という問いかけに彼はこう答えています

「それ『健常者』と関わっていらっしゃいますよね、って言われるのといっしょじゃないですか。俺なるべく固有名詞でいきたいんですよ。アメリカ人とじゃなくて、アメリカの誰々さんとか、どこどこのグループと関わっているっていうなら言える」

真っ当な意見です。だから、この本の紹介もこう書きます。

「コトノネ」は、様々な場所で、様々に生きている個性的な人達の笑顔を見て、いいなぁ〜この商品、買ってみようかなぁと言う気分にさせる、仕事と人生を見つめる雑誌です。

Tagged with: