大阪府内の救命救急センターの医者犬養楓さんは、コロナウィルス感染拡大で過酷な勤務を続ける中、その日々を歌に詠んできました。それが「前線」(書肆侃侃房/1650円)という一冊の短歌集になりました。

こんな歌が詠まれています。

「昼が来て夜が来てまた昼が来て看護師はこれを一日と呼ぶ」

「世の中の風当たりにも耐えるよう防護ガウンを今日も着込んで」

本作品集には、コロナ禍が本格化する直前の2019年末から約1年分の歌が収められています。日々、厳しい状態にさらされている現場で、医者・看護師のやり切れなさ、その思いをすくい上げ歌に託して伝えます。

「同乗なき救急車でひたすら息子の名前を呼んでいた人」

家族の付き添いも拒否される状況で、搬送される患者の孤独と絶望。

「ご迷惑をお掛けしますと愛し子を身籠り看護師潔く去る」

やむにやまれず救急の前線を去る看護師の複雑な思い。

「マスクでも感謝でもなくお金でもないただ普通の日常が欲し」

医者も看護師も普通の人々で、使命感いっぱいの崇高な人間じゃない、という現場の本音です。

歌人はあとがきでこう書いています。「非常事態宣言が連発され、本来の非日常が日常化していく中で、言葉が持つ力が次第に弱まっていくことを危惧している。しかし、映像では伝わらない出来事や、声にならない声を言葉にすることが、現在の第三波まで続く不連続な局面を打開する希望になると信じている。」

そして続けて、「その不確実さや不連続な状況にもまれながら、医療従事者が目の前の出来事に、どう向き合ってきたかをこの禍が過ぎ去ったあとにも残しておきたいと思い、歌を詠んだ次第である。」と。最前線(命をかけた戦場のような)の、貴重な記録です。

「この国の『いってきます』と『おかえり』を奪って流行るコロナウィルス」

私たちの日常を破壊している現状を理解していれば、安心・安全なオリンピックなんて言葉が首相の口から飛び出すわけがない。ぜひ、この歌集をご一読いただきたい。