「新章パリ・オペラ座 特別なシーズンの始まり」(京都シネマにて上映中)は観客の鳴り響く「拍手」の音に、涙が溢れたドキュメンタリーでした。

2022年、バレエの殿堂パリ・オペラ座は、世界中の劇場がそうであったようにコロナ禍で閉鎖を余儀なくされます。映画はここから始まります。三ヶ月の自宅待機の後、同年6月15日にやっとレッスンが再開されます。

「1日休めば自分が気づき、2日休めば教師が気づく。3日休めば観客が気づく」という言葉がバレエ界にあります。多くの時間を割いて、そう人生の全てをかけて練習に明け暮れているダンサーにとって、満足に練習できなかった数ヶ月の後に始まった練習は大きな試練だったことでしょう。

けれども、また踊れる!という喜びに満ちたダンサー達の様々な表情をカメラが見事に捉えていきます。ぐんぐんと熱を帯びてゆくレッスン場。ヌレエフが振り付けた、極めて難易度の高い「ラ・バヤデール」の公演に向けて厳しいレッスンをこなしていきます。

しかし、再び感染拡大に伴い、開幕直前に公演中止という決定がなされ、たった一度だけ、無観客での舞台を配信するという形で上演されました。いつもならカーテンコールの際、ダンサー達は舞台から観客席に向かって深々と頭を下げて大きな拍手に包まれるのですが、無観客のため拍手は全くありません。およそ舞台に上がる表現者達にとって、観客の拍手こそがすべてのエネルギーの源なのです。それが全く聞こえない、終演後の空虚な舞台裏の空気感をカメラはじっと見つめます。

コロナが少し落ち着き、再び再開したパリ・オペラ座で上演されたのは「ロミオとジュエット」。ファンも待ちに待った舞台、もちろん満席です。ラストの万来の拍手。これほど素敵な拍手を見た、いや聴いた記憶はありません。拍手こそすべて。舞台を作るのは表現者と、そして観客なのだという真実を再認識させてくれました。コロナ禍が長引く今、舞台を愛するすべての人に捧げられた映画でした。

 

☆レティシア書房からのお知らせ

9月11日(日)〜15日(木)休業いたします。よろしくお願いいたします。