昨日、このブログでご紹介した片岡義男の「珈琲が呼ぶ」など、珈琲に関連する本を集めたコーナーを作りました。珈琲の美味しい入れ方みたいな実用一点張りのものや、お店飲み歩きみたいなものは沢山出ていますが、読物として面白いものを探すのはちょっと時間がかかりました。

庄野雄治編集による「コーヒーと随筆」、「コーヒーと小説」(mille books/古書各1200円)は、珈琲が登場する小説、随筆がセレクトされているわけではありません。

コーヒーを生豆の状態で仕入れ、焙煎し、販売するコーヒーロースターとして徳島県内で店舗を構える庄野氏が選んだ10本の小説を集めた、「コーヒーと小説」の帯に、こう書かれています。

「小説は読まなければならないものではない。そこがコーヒーとよく似ている。コーヒーを飲まなくても人は生きていける。どちらも、あってもなくてもいい。けれど、あれば生活が豊かになる。だから、小説とコーヒーはよくあうのだ」

この本は以前、ブログで紹介していますので、今回は「コーヒーと随筆」をご紹介します。コンセプトは「繰り返し読める随筆集」です。二葉亭四迷、寺田寅彦、中原中也、北大路魯山人等々20名の随筆が並んでいます。お気に入りの珈琲店で、好きな所を読んでゆくのが良さそうです。

山川直人のコーヒーコミック、「コーヒーもう一杯」、「珈琲色に夜は更けて」、「一杯の珈琲から」(KADOKAWA/古書各600円)も、このコーナーに常備です。独特のペーソスで、現実世界を描いているのに、不思議なファンタジーの世界に迷いこんでしまいます。離婚した夫が、妻と暮す子どもと一緒に、大好きだった古本屋街を巡り、ひっそり店を開けているカフェで二人でコーヒーを飲む「バビロン再訪」など、中年男の哀感溢れる作品群をお楽しみください。

今話題のサードウェーブ・コーヒーの本もあります。何それ?と思われる方に、簡単な説明です。

「1960年年代に始まるインスタントコーヒーの普及で家庭に広まったファーストウェーブ、その後に続くスターバックなどの風味を重視するセカンドウェーブに次ぐ、第三のトレンドです。コーヒーの栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理に至る全てで適切な品質管理を行い、個性的で高品質の商品がこのトレンドです。」

私の感覚では、オーガニックコーヒーみたいなものだと思うのですが、詳しくは「サードウェーブ・コーヒー読本」(エイ出版/古書800円)を。

こちらは新刊ですが実用書で楽しい一冊。フランスでベストセラーになった「コーヒーは楽しい」(PIE2484円)は、サブタイトルに「絵で読むコーヒー読本」とあるように、カラフルなイラストで珈琲のすべてが学べます。

珈琲本の隣りには、名物書店店主の本などを揃えたコーナーも作りました。連休にのんびり読書はいかがですか?

 

 

 

入荷しました!

吉田篤弘「いつも晴れていた」(夏葉社1728円)入荷しました。サイン本1冊まだあります!

「一箱古本市」と言ってしまっておりますが、それって何ですか?ってお尋ねがありました。一箱単位で買うのですか?という方もいらっしゃいました。スミマセン。説明不足です。この催しは、一箱ずつ古本を持ち寄ってもらい、それぞれのお店の名前を箱に付けて、店内に並べて売ります。もちろん一冊ずつお売りしています。箱ごとに個性があり面白い品揃えです。ぜひ一度覗いてみて下さい。

さて、その一箱古本市も佳境に入ってきました。昨日は出店されている岐阜の徒然舎さんが、お仲間の三重、愛知の若き古書店店主と一緒にお越しくださいました。店内で「善行堂」山本さんと待ち合わせ。今度は、中部、東海地方の古書店ばっかりの古本市もやりたいね、と盛り上がりました。

今日の掘り出し物は、明治時代のジャナーリストで「外骨新聞」でお馴染みの宮武外骨の思わず手に取ってしまう「私刑類纂」(1200円)と「賭博史」(1600円)などいかがでしょうか。どちらも大正時代の本ですが、よくもまぁ、こんな本を編集しましたね。こんな私刑あるんだ、こんなバクチあるんだと笑いながら、或は唖然としながら読めます。「賭博史」には「詐欺賭博」という項目まであって、そのやり方まで懇切に書かれています。

本日よりフリーペーパー「コーヒーとおともだち」の配布を始めました。コースターと同じ大きさの冊子です。コーヒーと言えば、山川直人の名作コミック「コーヒーもう一杯」(300円)もあります。ご存知の通り、このタイトルはボブ・ディランのアルバム「欲望」に入っている曲ですが、ディラン聴きながら、コーヒーを味わうようなお話が一杯です。ささやかでハートウォーミングな世界が展開します。おっと、美味しいコーヒー飲みたくなってきました。

素敵なカフェに行くなら、高楼方子の「十一月の扉」(420円)をバッグに入れておきたいもの。「十一月荘」というユニークな人達が住む所に暮らす事になった少女の物語。日々の不安や、孤独を物語に変えていくことで前に進む女子中学生のお話です。「十一月にはきっといいことがある」なんて素敵な言葉です。梨木香歩好きには、手に取ってもらいたい一冊です。

 

次週からはミニプレス「日々」の全バックナンバー(品切れもあります)フェアと、なかむらけいこさんの「アンティーク帯バッグ」、川上宏志さん「木工作品」、今川たまみさん「リース作品」の展示即売が始ります。題して、「暮らしを楽しむ展示会」(23日まで)。また、2月16日夜には朗読会「藤沢周平『雪明かり』を詠む」を開催します。(入場無料ですが、ご予約下さい)

Tagged with: