作家、開高健のノンフィクション全5巻が、文藝春秋から発行されています。その第4巻「孔雀の舌」は、全500ページ強に渡って、開高が生涯書き続けた、酒と食に関してのエッセイが網羅されています。通読したわけではありませんが、時々、ページを開けて、最強の健啖家の文章を楽しんでいます。(この本は頭から通読するのではなく、好きな時に、好きな場所を読んでは、積読するのが正しい読書法かもしれません)

吹き出したのは、作家が幼少の時より持っていたカニのイメージです。志賀直哉の小説「暗夜小路」に、女性を形容して、遠い北の海で取れたカニを思わせる箇所があり、そのイメージが頭から離れなくなります。彼がこの本を読んだ時は戦時中で、女性として一番近いところで、生きることに精一杯の母親に向かって「かあちゃん、遠い北の海でとれたカニを思わせるようなところがある女て、どんな女やねン」などと聞けたものではありません。それから、彼がその意味を知るまでのカニをめぐる文章が続くのですが、野性的な開高文学を楽しむことができます。

本の帯に「味覚へのあくなき探求を卓れた文明批評に高めた」と賞賛されていますが、その通りの一冊です。「食の極は人肉嗜食である。」なんて言葉が登場すると、ゲッ!この先生、人肉も口にしたんか??と思ってしまいますが、ご安心を。(ハードカバー550ページで、なんと400円!)

この濃い!ボリューム満点の本とは対照な薄さですが、新入荷のミニプレス「1/f」(エフブンノイチ734円)の1号が「おやつの記憶」という特集を組んでいます。日本のエーゲ海と呼ばれる岡山県瀬戸内市牛窓に住む、筆者の祖母の作る草餅が紹介されています。あぁ〜懐かしい味が漂ってきそうな出来上がりです。

「物語の中のおやつ」という企画で、シャーロット・ブロンテの小説「ヴィレット」に登場する「シード・ケーキ」なるものを取り上げています。英国の伝統的スイーツで、シャーロットの代表作「ジェイン・エア」にも登場するケーキだそうです。スイーツの話から、英国女流文学へと入っていくのが面白いところです。