えき美術館で開催中(14日まで)の「ショーン・タンの世界展」に行ってきました。

ショーン・タンは1974年オーストラリア生まれのイラストレーター、絵本作家です。2008年、新しい国へと旅立った男を文章を全く入れずに描いたグラフィックノベル作品「アライバル」(河出書房新社/古書1400円)で国際的に評価され、日本でも注目されました。怪奇と幻想、そしてユーモアが巧みにブレンドされた作風は、シュールなサイレント映画のような世界へと誘ってくれます。

ひずんで変な形の生物なのかロボットなのか判別できない、怖いのに可愛いキャラクターが、大挙登場します。繊細でありながら、壮大な、こんな世界あるわけないよな、と思いつつ、でもあったらいいかも、と思ってしまう不思議な作品世界です。

とりわけユニークなのが、2000年に刊行された「ロストシング」です。ある日、少年は海岸で奇妙なものに遭遇します。軟体動物と、カニと、ダルマが合体したような生き物です。少年は、この生き物が何で、どこから来たのかを探そうとします。しかし、その答えは見つかりません。やがて少年は、そんな変な生き物たちが生息している楽園を見つけて、その生き物を送っていきます。

タンは、この絵本を元にして、4人のクリエイターと8年間にも及ぶ制作期間を経て、 CG と手描きで15分のアニメーション短編映画を完成させました。本作品は、アカデミー賞短編アニメ賞を獲得しました。会場で上映されていますので、ぜひ観てください。少年とヘンテコな生き物の別れのシーンで、思わず涙が出ました。

展覧会では、大きな油彩作品も集められています。

今、店頭には、「夏のルール」(河出書房新社/新刊2200円)、「遠い町から来た話」(河出書房新社/新刊1980円)、「エリック」(河出書房新社/新刊1100円)、「鳥の王さま」(河出書房新社/新刊1980円)等と共に、展覧会の公式図録兼書籍「ショーン・タンの世界」(求流堂/新刊2750円)も販売中です。作品をパラパラ観てから美術館に行かれるも良し、その逆もまた良しです。(残念ながら古書はあまり出回っていませんので、新刊でお求めください)