先週、爺さん主演のスパイ映画「83歳のやさしいスパイ」をご紹介しましたが、今回は過激な婆さん4人が暴れまくる?映画をご紹介します。

シルヴァン・ショメ監督の長編アニメ映画「ベルヴイル・ランデブー」です。2003年のカンヌ映画祭に出品され、高い評価を得て、その後、世界各国の映画祭で数々の賞を受賞しました。

おばあちゃんと暮らす孤独な少年シャンピオンは、買ってもらった自転車に大喜び。そこで一念発起したしたおばあちゃんは、世界最高の自転車レース、ツール・ド・フランスに向けて孫の特訓を開始します。デフォルメされた練習シーンが楽しい!

その甲斐あって、なんと彼は出場を果たします。しかし、レース途中でマフィアに誘拐されてしまうのです。孫を奪還するため、愛犬ブルーノと共に追跡の途中、知り合った三つ子のミュージシャンの老婆が、助っ人となって参加。巨大都市ベルヴイルで、マフィアと立ち向かい、とんでもないカーチェイスを展開するという物語です。

今や、CGが主流となったアニメ映画ですが、監督は3D技術を駆使しつつも手描きにこだわり、不思議な雰囲気を持つベルヴイルの都市空間を生み出します。その中でアンバランスな体形で奇妙な動作をする人物が、観る者を驚かせ、存分に楽しませてくれます。

この映画、ほとんどサイレント映画のようで登場人物はほとんど喋りません。目の動き、動作ですべてを表現していきます。チャップリンなどのサイレント映画へのオマージュに満ちています。ラストの大追跡も、まさにサイレント時代の活劇の雰囲気です。

で、何が凄いって言って、おばあちゃんと3人のミュージシャンたち婆さんの行動力です。ミュージシャンたちが料理をつくるシーンでは、手榴弾を川に投げ込み、そこにいるカエルを殺して、シチューにしてしまいます。

また、彼女たちがステージで演奏するシーンが実に楽しいのです。ステージに楽器はなく、冷蔵庫をピアノ代わりに、新聞紙をクシャクシャにする音をドラム代わりに、掃除機をベース代わりにするのです。そこに加わるおばあちゃんは、自転車の車輪をヴィブラホン代わりに。こんなライブがあれば、見てみたい!

そしてラスト、ポスターにあるように、おばあちゃんとマフィアの対決です。もちろん、彼女は武器なんて持ってません。え?どうなるの?? 大丈夫!拍手喝采(実際劇場内で拍手が起きました)の結末が待っています。

「極めて個性的な長編アニメーションの傑作。そのあまりに突き放した人間の描き方に驚き呆れ、笑いながら超一流の表現を楽しんでいるうちに、黙々と行動するおばあちゃんのけなげさが、ワン公のトラウマが、シャンピオンの哀れさが、要するに人生のほろニガさが、側々と伝わってくる」とは高畑勲のコメントです。さすがにうまいこと言いますね。

元気の出る映画ですよ!