いやぁ〜とんでもないアニメ映画を観てしまいました。堀貴秀監督「 JUNKHEAD」(アップリング京都で上映中)。監督、原案、キャラクターデザイン、編集、撮影、照明、音楽、絵コンテ、造形、アニメーター、効果音、声優など、ほぼ全ての仕事を一人でやっています。監督の本職は、内装屋さんだそうです。倉庫にセットを組み立てて、キャラクターを一コマ一コマ、一人で動かして作ります。

ストップモーションアニメと言われるアニメ制作で、キャラを一歩動かしては、シャッターをカチャと押し、また動かしては、一コマだけシャッターを押すという気の遠くなるような作業を延々続ける。以前、8ミリ撮影機で、自宅にあったゴジラの人形を動かした数秒程度のアニメを作ったことがありますが、たったそれだけでもかなりの根気と緻密さが必要でした。

それを7年間続けて、1時間39分の映画に仕上げたのです。舞台は未来世紀。人間の生殖機能が退化した時代に、地下世界に生きる人工生命体には生殖が活発に行われている。その謎を探るために派遣された主人公は、地下世界に降りる最中に、撃ち落とされバラバラになりますが、地下にいた科学者に、ガラクタ同然の部品をつけてもらって再生します。(右の写真が再生した姿)

化け物に追いかけられたり、地下住人と交流を持ったりしながら冒険物語は進んでいきます。登場するキャラクターが、B級SF映画さながらの不気味さと、気持ち悪さ、残虐さ、下品さ、そしてユーモアを持ち合わせていて、ワクワクします。そして、彼らが、それはもう画面狭しとチョコマカと動き回るのです。怪物に追い回されるシーンなんか、「インディージョーンズ」の迫力です。

彼らが喋るセリフは全てオリジナル言語の人造語。もちろん、これも監督がアフレコしています。不思議な言葉のやりとり、キャラクターたちの予想できない動きで、生き生きと喜怒哀楽を表現してくれて、思わず頑張れ!と声をかけたくなるのです。

 

監督によると、本作が第1部で、第3部まであるとか。第1部の成績次第でスケールアップするとか。期待大です。三部作全部観ます!