幸田文の随筆は、その文章の上手さに惹きつけられて、チョイチョイ読んでいましたが、こんなネイチャー・ライティング的な本も出していたのです。彼女の最後の長編「崩れ」(講談社950円)です。

この本の紹介をする前にネイチャー・ライティングを一般的に定義しておきましょう。基本的に自然環境を巡るノンフィクション文学をこう呼びます。。自然科学系の客観的な自然観察とは異なり、自然環境をめぐって「作家の思索や哲学的思考」が中心となるのが特徴です。おそらく原点は、アメリカならソローの「森の生活」、日本なら野尻抱影の著作あたりではないかと思われます。芦澤一洋の「アーヴィングを読んだ日」(小沢書店/絶版 950円)がそのアンソロジーとして優れた一冊です。

さて、幸田文の「崩れ」は日本の大自然の中で、各地で起きる山崩れ、河川の氾濫等を現地に出向き取材したものです。昭和51年11月から52年12月まで、雑誌「婦人之友」に連載されていたものを単行本にしてあります。どこから読み出してもいいのですが、第八章「十月なかば、富山県も常願寺川をさかのぼって、立山連峯のうちの一つ、鳶山の崩壊を見にでかけた。」がお薦めです。

砂防のメッカといわれる難所で、崩壊も荒廃も凄まじい場所なのだそうです。見に行きたいという欲求と、老体の自分が、そんな環境で耐えられるのかという不安のせめぎ合いの中、出かけてゆくところは、スリリングな出足です。幸田はその行程をリアリストの目線で見つめ、的確な日本語に置き換えて、読者に荒涼たる現場をつぶさに見せてくれます。リアルな自然描写のなかに、「作家の思索や哲学的思考」が巧みに織り交ぜられています。強力に背負われて、急峻な道を上り、その崩壊の現場に立った時、彼女はこう書き記しています。

「見た一瞬に、これが崩壊というものの本源の姿かな、と動じたほど圧迫感があった。むろん崩れである以上、そして山である以上、崩壊物は低いほうへ崩れ落ちるという一定の法則はありながら、その壊れぶりが無体というか乱脈というか、なにかこう、土石は得意勝手にめいめい好きな方向へあばれだしたのではなかったー私の目はそう見た。」

そして「おそらくここはその昔の崩れの時、人が誰もかつて聞いたことのないような、人間の耳の機能を超えるような、破裂音を発したのにちがいなかろう、と思わされたのである。気がついたら首筋が凝っていた。」と、長く佇むべきではないと確信しています。

「崩壊についての書物は、読んでもわかるところが少なくなかった。」と自分の読書体験を綴り、だからこそ誰でも容易に理解できる荒々しい日本の自然の姿を書こうとしたのかもしれません。そして、その果てにある風景に、帯にあるように「生あるものの哀しみを見つめる」ことに向かいます。

日常生活の様々な風景を描いたエッセイとは全く別の世界ですが、ネイチャー・ライティングの力量まで持っていた作家の大きさを知る一冊です。

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

★休業のお知らせ 8月7日(月)、8日(火)連休 21日(月)〜25日(金)夏期休業いたします