この夏いちばん心ウキウキさせてくれた映画です!

「ロミオとジュリエット」「グレートギャッツビー」などの文芸作品を新感覚で映画化する一方で、「ムーラン・ルージュ」で音楽的センスの良さも披露したバズ・ラーマン監督だけに期待はしていましたが、もう期待以上でした。

アメリカポップス界の帝王とも言えるエルヴィス・プレスリーの生涯を描いた作品です。プレスリー かぁ〜オールドロックンロールの人だなぁ〜ぐらいの感覚しか私は持ち合わせていませんでした。大体、有名人の生涯を描いた映画って、子供時代から大人になって成功してゆくまでを順々に描いていきますし、それって退屈。でもでも、ご心配なく!監督はそんな野暮なことはしていません。

白人の貧しい家に生まれたエルヴィスは、黒人教会で行われていたミサに潜り込みます。そこでは、皆が大声で黒人霊歌を歌って、一種のトランス状態になっていました。その瞬間、彼は黒人音楽に脳天を打ち抜かれます。なんて、格好いい音楽なんだ!

そこから映画は一気に、場末のライブに出ている青年のエルヴィスに飛びます。そして、足腰を激しく振る独特のスタイルで歌い出します。その力強い美声とセクシーな姿に女の子たちが、熱狂するのも納得の主役オースティン・バトラーの演技です。そしてそこで、エルヴィスにとって最強で最悪の人物と出会います。生涯のマネージャーとなるトム・パーカーです。エルヴィスを世界的エンタテイナーに育て上げる一方で、酷使し、大金を巻き上げていたことがエルヴィスの死後明るみに出ました。演じるのはトム・ハンクス。そこまでやるか!という醜悪な悪役ぶりです。

エルヴィスは、ぐんぐんと人気が出る一方で、そのパフォーマンスが退廃的で黒人的だと指摘され、白人の保守層から糾弾され、妨害されます。エルヴィスの音楽の原点が黒人音楽にあったのだということを映画は見せてくれます。

オースティン・バトラーは、本物以上かもしれないと思うほどセクシーでクールなスタイルで歌い、踊ります。もう、彼を見ているだけで、心ウキウキですよ!この映画は、ぜひ劇場で見てほしいです。大画面で、いい音響装置を持っている劇場で見ないと損!!2時間半ほどの映画なのですが、監督のスピーディーな巧みな演出で疾走して、長さを感じることなく終わります。エルヴィスの人生と、彼が生きた時代のアメリカ社会の実態を描き、思っていたよりずっと厚みのある作品でした。

「時代が危険になってきたら、音楽に託せ」 搾取と差別の時代を生きたブルースシンガーが口にする言葉ですが、心に刻みたいです。