「デルス・ウザラー」と聞いて、あぁ、あの黒澤明の映画と思いだされる方もいらっしゃるでしょう。(映画の題名は「デルス・ウザーラ」)黒澤監督がソビエトに出向き、アルセーニエフ原作の国民的文学を映画化した作品は、「七人の侍」「天国と地獄」とともに彼のベスト3だと私は思っています。(写真は映画のワンカット)

さて、原作を書いたアルセーニエフは、1900年代初頭、調査隊を率いてロシア極東の探検を行い、多くの貴重な記録を残しました。そして、その探検行を下敷に、「デルス・ウザラー」を書き上げました。日本では長谷川四郎が翻訳。紀行文学の名作として人気があります。

この原作に、本の挿絵で高い評価を受けているバウリーシンが、絵を提供して出来上がったのが「森の人デルス・ウザラー」です。

実は、こんな見事な絵本が出版されているなんて全く知りませんでした。先月、短い夏休みを利用して、釧路のヒッコリーウィンドに泊った時、そのリビングに置いてありました。版元を調べてみると群像社という小さな出版社。早速連絡して販売させてもらうことになりました。

森を住処とするデルスと調査隊の前に出現する豊かな森と、森で命を育む多くの動物たち。見事な自然描写、細かく描き込まれた生き物たちの表情と植物の見事なこと。バウリーシンは、極東ロシアの大自然の大きさ、美しさを余すところなく描き出しています。映画も原作も、デルスと隊長との友情がじっくりと描き込まれていますが、絵本版の方ではサラリと流してあります。しかし、その一方、襲い来るトラや、ちょっとユーモラスな山猫の姿、細密に書き込まれた鳥達など、絵本ならではの魅力がいっぱい。

森と共に生き、生き物たちと会話してきたデルスですが、ラストはとても悲しい運命が待ち受けています。隊長の厚意で、町に住むことになったデルスは新しい生活には馴染めません。「わし、まったく町に住めん。薪は買う、水も買う、木きると、ヒトしかる」という言葉を残して山に戻りました。その後、森の中で、もらったお金と銃を奪われ人に殺されてしまいます。映画の哀切に満ちた美しいラストを改めて思いだしました。読み応えのある素晴らしい絵本です。ぜひ手に取って見て下さい。(新刊2160円)

 

 

昨日午后7時半より書房内で、北海道のネイチャーガイド、安藤誠さんの「安藤塾」を開催しました。今年で3回目ですが、満席となりました。狭い店内で、窮屈な状態の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

北海道の野生のスライドと、安藤さんの軽妙なトークに、初参加の方も、常連の方もきっと楽しんでいただけたと信じています。フクロウ、鷲、隼、丹頂鶴を中心にセレクトされた鳥達のダイナミックな写真はどれも見事でした。猛禽類のグッと睨んだ視線には、こちらの心の中を射抜かれている気分になります。一方、細やかな感情を表現する丹頂鶴の求愛ダンスの仕草は、まるでモダンバレエのワンカットを見ているようです。

今回は、女性を画面に入れた「夕暮れのフローラ」や、蜘蛛の巣に絡み付いた水滴を捉えた「小宇宙」とか、ご本人曰く、「芸風を変えた」作品も続々登場しました。もちろん、知床で撮影された熊の親子の作品も健在です。北海道の自然の素晴らしさを訴える安藤さんですが、毎年企画しているアラスカツァーで撮影された、オーロラの不思議な魅力の写真も披露してもらいました。

店内に北国の自然の中にあるんじゃないのと錯覚させる1時間でした。CD付き写真集「Ordinary Miracle 」最新版の即売会も盛況のうちに終了。音楽好き、本好きのご本人は大量のCDと本をゲットして、次の講演地の大津に向かわれました。また、来年もお願いします、安藤さん!

ところで、店内には安藤さんが文章を寄せられた「探鳥見聞録」(文踊社1200円)を在庫していますが、本人撮影による蝦夷フクロウのポストカードをレティシア書房特典としていただきました。森の仙人というイメージの素敵な写真です。

安藤さん夫妻経営のロッジ、「ヒッコリーウインド」のオフィシャルパンフレットもありますので、興味のある方はお申し出ください。

北海道発の雑誌「スロウ」別冊の「スロウな宿を訪ねて」(1645円)では、「ヒッコリーウィンド」が紹介されています。

 

 

今年も北海道から、北国の自然の事、アラスカのオーロラの事などを魅力的に話してくださるネイチャーガイドで、釧路鶴居村のロッジ「ヒッコリーウィンド」オーナー、安藤誠さんの講演が決まりました。

10月25日(土)夜7時30分からです。(有料、要予約)

昨年は、日本の野生の熊の危機的状況や、アラスカの大自然の美しさを熱心にお話いただきました。さて、今年は何について語られるのか、今から楽しみです。

レティシア書房開店の年から、毎年講演をお願いしていて、今年で3回目。いつも店内の本棚を楽しげに見ておられますが、とりわけネイチャー関連の棚は熱心です。今年も彼好み?の本を揃えています。もちろん、お客様にも気に入ってもらいたくて、こちらも気合いが入ります。

北海道と言えばアイヌ民族のことは外せません。で、「先住民族の本」という棚を拡張しました。従来の在庫に加えて、人類学者の山田孝子がアイヌの言葉が形成する宇宙と自然を解説した「アイヌの世界観」(講談社900円)、萱野茂がアイヌ民族に伝わる数多くの昔話を紹介する「ひとつぶのサッチポロ」(平凡社1300円)などが新しく加わりました。

アイヌ民族だけではありません。イヌイット、ネイティブアメリカンへと、先住民族というカテゴリーに捕われることなく、アジア、アフリカ等で暮らす人々を見つめた本もターゲットにしています。

例えば、ギニア出身の作家カマラ・ライエが自分の少年時代を振返った自伝的小説「アフリカの子」(偕成社600円)、トルコ遊牧民と共に暮らした記録をまとめた新藤悦子「羊飼いの口笛が聴こえる」(朝日新聞社500円)、写真家稲垣功一がぐるりアジアを巡った経験を文章と素晴らしい写真で構成した「アジア視線」(毎日新聞社600円)等々入荷しました。

本だけではありません、ロシア、モンゴルに囲まれた小国ブリヤード共和国の遊牧民の女性ナムガルの、或は西サハラの難民キャンプ生まれの女性アジサ・ブラヒムのエモーショナルに響く歌声の詰まったCDが入荷しています。この音楽に関しては、また別の機会に詳しく紹介いたします。

Tagged with: