いよいよ『ヒツジパレット2015京都』が、昨日より京都文化博物館で開催です。(8日まで5階6階)

昨日、朝一番に会場に行きました。10時の開場を待ちかねるように、エレベーターの乗り場に人の列ができていました。2012年の第1回目より、作品数が増えて300点を超える力作が並んでいます。

ヒツジパレットは、羊毛を主軸にした作品であれば、無審査で出展できる公募展です。誰かに審査される事無しに、経験豊富なベテランも新人も、平らに並ぶという素敵な展覧会。未年に当たる今年、物作りの人達が、全国から(世界からも)京都に集まるこんな大きなイベントが、すぐ近くで見られるなんてホントにラッキーです!

イベントの一環として、実行委員会代表の本出さんが作っている『スピナッツ』という雑誌のバックナンバー展をしている関係で、一昨日より、レティシア書房にもヒツジパレットの参加者の方が、ご来店くださっています。山口県から、栃木県からと、出展されている方も、ワークショップに、レクチャーに参加されている方も、8日まではヒツジ漬け(?)の時間を過ごされているようです。

第一回のヒツジパレットのご縁で、うちのギャラリーで個展をして頂いた方は、5名に及んでいます。

今年、澤口弘子さんは、原毛と優しい色の毛糸がマッチした暖かなブランケットを、中束育代さんは、繊細なため息が出る様な美しいシェットランドレースのストール。そして加藤ますみさんは、計算され尽くした色と形のフェルトケースを出されていました。

今回は出展されなかった、荒木さん勝田さんの作品なども思いだしながら、会場を見て回りました。糸を紡ぎ、染め、編み、織る、あるいはフェルトの大胆な造形と、作ることの素晴らしさを改めて見直しました。作家と、そしてイベントを実行されたスタッフの方々へ敬意を表します。ぜひ会場で、ヒツジに惹きつけられた人達とヒツジの魅力に触れて下さい。6階ではヒツジマルシェと題して、繊維に関する色々なものが販売されていますよ。

さて、当書房では、torio食堂による「だいどこしごと」展開催中。8日(日)12時から、店先でお善哉の屋台が出店予定です。(雨の場合は中止)こちらへもお立ちより頂けたら幸いです。(女房)

 

「torio食堂」は、京都市内の西、等持院南町で、毎月一度だけ開いているごはん屋さん。三人のお母さんたちで運営しています。

今日から2週間、レティシア書房のギャラリースペースは、そんな食堂からの出張販売所になっています。

並んでいるのは、「雑穀みそ」(あつあつのごはんに乗せて食べたい)「かりんシロップ」「梅ジャム」「みかんジャム」「長崎の釜だき塩」「アレコレたれ」(煮物などに活躍しそう)「まこも茶」「黒米」「竹の箸」「あずま袋」「ガーゼの布巾」「torio食堂おすすめレシピ集」等々。日々の生活の中で役に立ちそうな、安全安心素材のものがいっぱい。私はまだ、お邪魔した事がないのですが、きっとそのごはん屋さんは、ゆったりほっこりした場所に間違いなさそうです。

そうそう、初日の今日は焼きたての「りんごのスコーン」が届いています。7日と11日にも焼き菓子が、そして8日(日)には店先でお善哉(12時から)の屋台も予定しています。

レティシア書房が開店したのは、2012年3月6日でした。ちょうど3月8日〜11日、近くの京都文化博物館で公募展「ヒツジパレット」が開催されました。これは、全国から染め・織り・紡ぎの手仕事をする人たちの作品が集結した大規模な展覧会でした。旧くからの知り合いであった主催者の本出さんが、「本屋さんをするならこの開催に合わせて、手紡ぎの雑誌スピナッツのバックナンバー展をしたら、人がそちらへ動いてくれるかもしれない。」と励まされ、開店日時を合わせました。おかげさまで、たくさんの方々がご来店くださいました。本当に人のつながりに感謝しています。

そして、開店当時、最初のギャラリースペースを飾ってくれたのが、torio食堂の伊藤サンと富永サンだったのです。その時、富永サンは二人目のお子さんを妊娠中、伊藤サンは赤ちゃんを抱いていらっしゃいました。

今年2月5日〜8日「ヒツジパレット2015 京都」が、再び開催されます。前にも増して多くの作品が集まり大きな祭典になりそうです。それに合わせて「スピナッツ」バックナンバー展をまたレティシア書房で開催します。そこでご縁のあった、伊藤サンたちに展示をお願いしました。あれからお二人の生活が少しずつ変化して、もう一人の仲間、酒井サンと共にtorio食堂を立ち上げられたと聞いて、私たちもとても楽しみにしていました。来し方を行く末を立ち止まって考える良い機会とも喜んでいます。ぜひお立ち寄り下さいませ。(女房)

torio食堂のだいどこしごと展 2月3日(火)〜15日(日)

 同時開催 SPINNUTS(スピナッツ)バックナンバー展

Tagged with: