本来なら、古本市の本を紹介する連載ブログをアップする予定でしたが、先日観た映画があまりにも面白かったのでご紹介します。映画のタイトルは「ジョジョ・ラビット」です。

物語は、第二次世界大戦末期のドイツ。10歳のジョジョは、「青少年集団ヒトラーユーゲント」というナチ兵士養成学校の合宿に参加する予定でした。しかし、気の弱い彼は”空想上のお友達”のヒトラーに相談して、彼に頑張れと言われて、やっと合宿に参加します。映画の中で、ジョジョの友達として架空のヒトラーが何度も登場するところが面白いところです。まるで、二人で漫才をやっているような感じで物語を引っ張ります。少年にとって憧れのナチスを象徴するような存在として、彼が度々出てくるのです。

ある日、自宅に戻ったジョジョは、屋根裏でユダヤ人の少女エルザと遭遇して、驚愕し狼狽してしまいます。お母さんは何にも言っていなかったのに?なんで僕の家にユダヤ人が??排除すべきはユダヤ人、と確信していた彼の信念が揺らいでゆく様を、時にユーモアを交え、時ににサスペンスフルに描いていきます。

一丁前にジョジョはナチスを気取っていますが、気が弱く、何もできない子供。靴の紐さえ自分で結べなくて、母親に結んでもらっています。映画には、紐を結ぶシーンが何度も登場します。紐を結べないジョジョを、自分で何も考えることができない、何も行動できない少年の姿の象徴として描いています。しかし、そんなジョジョが、ラストでエルザの紐を結んでやるというシーンで、やっと自分の目で世界を確かめ歩み出す姿を、靴紐を通して表していました。 

物語のベースにあるのは「アンネの日記」だと思います。アンネの方は、追い詰められたユダヤ人の悲惨な人生を描いたものですが、一方、ここでは追い詰めた方のドイツ人の少年が、ナチスの人種差別思想からいかに離脱してゆくのかを描いています。「君は間違っている、ナチスに戻ろう」と説教する”お友達”ヒトラーを、ジョジョは躊躇なく蹴り出してしまいます。少年に幸あれと念じつつ劇場を後にしました

先日、ご紹介した「パラサイト」も傑作ですが、後味の良さでは、こちらが上です。娯楽性の高い映画作りながら、反戦、反レイシズムの思想を盛り込んだすごい作品でした。

 

★女性店主による『冬の古本市』は2/5(水)〜2/16(日)です。月曜日定休。12:00〜20:00

最終日は18:00まで。神戸・大阪・岐阜・東京・御殿場・神奈川・京都などの女性店主の選書です。ぜひお立ち寄りください

勝手ながら2/17(月)〜2/20(木)まで連休させていただきます。

 

 

 

今年読んだ本の中でも極めて刺激的な一冊をご紹介します。松田行正著「独裁者のデザイン」(平凡社/古書2300円)です。

「デザインに罪はない。ただし『過剰』な『繰り返し』には要注意」と本の帯にあります。過去の独裁者、ヒトラー、ムッソリーニ、スターリンそして毛沢東が民衆を洗脳するためにポスターデザイン、建築デザイン、写真などの媒体をいかに巧みに駆使したのかを、多くの図版や写真と共に解読してゆきます。

「『プロパガンダ』と称される、宣伝を使った戦略の一種、戦法に乗せられることである。本書で取り上げる『デザイン』は、その本質を隠して心地よいものにするためのイメージ作りに使われている。」

独裁者たちがいかに様々のプロパガンダを使って大衆を踊らせ、戦地へ送り、他民族への憎悪と差別意識を植え付けていったのかを詳細に論じています。本書では、独裁者の民衆への視線に注目して、六つのスタイルに分けてあります。

「近現代においてはじめて視線の強さが効果を発揮したのはリクルート、つまり新兵募集のポスター」だったみたいです。こちらを向いて、兵士になって欲しいという視線のお陰で、英米で多くの新兵を獲得しました。その後、あの手この手でポスターを制作し、民衆の心を掴んでいきます。街角に掲示されているポスターの威力。よくもまぁ、ここまで集めたものです。

ヒトラーは、呪眼と呼ばれる視線で人民を睥睨し、彼らに突き刺ささるように指さしを駆使しました。ムッソリーニもしかり。人差し指を立てて、断言口調で話していたそうです。そう言えば、トランプさんも人差し指を立てて話しています……。

第4章「遠望する視線」に、ローアングルで撮影された遠くを見つめるポーズをレイアウトしたポスターの話が出てきます。このスタイルは、政党ポスター、選挙ポスターのよくあるスタイルですが、全体主義国家の独裁者を皆が崇拝することに貢献してきた歴史があったと書かれています。

選挙ポスターで候補者が見つめるのは、理想に輝く未来像です。だから、「選挙候補者は、真摯に未来を語らなければならない。それが票に繋がる。」独裁者も同じです。

「未来を語ることによって、より良き独裁国家という幻想を与えられる。また、未来を語る預言者としてのイメージも付加される。そして『親しみ』も。」と著者は分析しています。北朝鮮の党首を讃えるポスターなんて、その見本ですね。

遠くを見つめるという構図は、プロパガンダマガジンの定番で、戦争中に日本で発行されていた「NIPPONN 」「FRONT」といった対外向け雑誌もこのパターンで製作されていました。収録されている雑誌の表紙は、今見ても優れたものです。

過去の独裁者たちを、こういう視点で見つめた本って、私は見たことがありませんでした。著者がグラフィック・デザイナーだからこそ、出来た本です。

林の中を全力で走り抜ける兵士。聞こえてくるのは兵士の鼓動と風だけ。立ち止まった兵士に一発の銃弾。死ぬ前に見たのは風に揺れる木々。無駄死としか言いようのない若い兵士こそ、貧しいけれども、勤勉な、どこにでもいる夫婦の一人息子でした。

映画「ヒトラーヘの285枚の葉書」(京都シネマで上映中)は、ここから、平凡な市民である夫婦が自分たちの出来る手段で、息子の命を奪ったヒトラーへの抵抗を描いていきます。

二人は、「ヒトラーを信じるな」と書いた葉書を、市内の至る所に置いていきます。対フランス戦で勝利を納めて、ヨーロッパでもドイツ帝国の優位が確実になってきた時代のベルリンで、こんな葉書を撒き、政権批判を繰り広げるのは、極めて危険な行為です。ゲシュタポと警察の捜査網をかいくぐり、2年間で285枚ものヒトラーへの批判の葉書を書きました。

映画は、ヒッチコックばりのサスペンス映像を組み込みながら、ささやかな抵抗を続ける二人の日々の生活を凝視します。市民としての日々の生活をこなしながら、毎夜、筆跡を隠して葉書を書き、置いてゆく姿に、息子を無駄死にさせたヒトラー政権への、戦争への怒りと悲しみが浮き上がり、心に沁みます。妻を演じたのは、名優エマ・トンプソン。夫役は、ブレンダン・グリーソン。二人の完璧な演技力は、観るものの魂を揺さぶります。

そして、もう一人、捜査をするフランスの若い刑事。彼は、ゲシュタポへの不信と、この夫婦への親近感を持ちながらも、時の巨大な権力には逆らえず、夫婦を処刑台に送ります。その後悔と自己批判の果てに待ち受けていたのは、やはり悲劇でした。おそらく、実際の戦争、例えば、第二次世界大戦下の日本でも、これは間違っていると思っていても、憲兵やら特高がうろつく街中では、黙らざるを得なかった人々は決して少なくなかったのだろうと思います。

285枚の葉書のうち、ほとんどは市民が警察に届けました。しかし、十数枚だけが発見できませんでした。心ある人達が読み、信用できる人へと回したのでしょう。小さな希望は消えなかったということです。

映画の原作は、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの記録文書を基に、わずか4週間で書き上げたと言われる「ベルリンに一人死す」です。実在したオットー&エリーゼのハンペル夫妻をモデルにしたこの小説は、1947年の初版発行から60年以上経た2009年に、初めて英訳され世界的なベストセラーとなりました。2014年、日本でもみすず書房から翻訳本が出版されました。

 

★8月9日(水)〜20日(日)「レティシア書房 夏の古本市」を店内で開催します。個性的な28店のよりすぐりの古本が大集合です!(14日は休み)

暑い日が続きますが、お立ちよりください。

★休業のお知らせ 8月7日(月)8日(火)は古本市の準備のため連休します。 

         8月21日(月)〜25日(金)は、夏期休業いたします。よろしくお願いします。