トップ・モデルとして活躍した山口小夜子(1949- 2007)は、今、世界中で活躍しているアジア人ファッションモデルの先駆者でした。黒髪のおかっぱ頭と切れ長の目で「日本ブーム」を起こし、77年にはアメリカのニューズウィーク誌の「世界の6人のトップモデル」に選ばれました。

かつて、勅使河原三郎の前衛舞踊の舞台で、彼女の踊る姿を観たことがあります。思っていたよりずっと背が高く、存在感のあるカッコいい人でした。その山口の、モデル時代から女優、舞踏家としての半生を、膨大な写真、ポスター等で振り返った「山口小夜子 未来を着る人」(河出書房新社/新刊2916円)を入荷しました。

高田賢三、山本寛斎らのファッションショーで注目され、パリコレへと進出します。その独特の雰囲気が、欧米で日本ブームを巻き起こします。神秘的で、鋭い目線は、それまでのトップモデルのスタイルにはなかったものです。73年発行「毎日グラフ」の表紙などの古い写真も混ぜながら、モデルとして活躍した全盛時代を見ることができます。

この本に収録されている、イッセイ・ミヤケを着た写真(右)は、彼女の魅力を完璧に表現しています。能面のような無表情で、こちらを見つめる目の奥に冷たい炎が燃えています。

1973年、彼女は資生堂の専属モデルとなり、同社のCMに出演。86年まで続きます。資生堂は彼女の起用で、それまでの欧米一辺倒の美から、日本的な美を作り上げていきます。資生堂時代のポスターも数多く収録されていますが、写真家横須賀功光とアートディレクター中村誠とのコンビで創り上げられた香水のポスターは、大胆なトリミングで観るものを圧倒します。我々世代には、山口小夜子といえばこの頃の美しい大胆な姿が強烈に残っています。

竜安寺の襖に描かれた竜の前で撮影された「流行通信」の写真などは、芸術作品です。80年代の「流行通信」は、けっこう過激で面白い写真がいっぱい掲載されていました。その一方、彼女は舞台、映画女優としてのキャリアを積んでいました。77年、寺山修司「中国の不思議な役人」で飛躍し、舞台をダンスや舞踏の世界へと広げていきます。彼女に触発されたアーティストはさぞ多かったことでしょう。一昨年、公開された山口のドキュメンタリー映画「氷の花火」のことを以前ブログに書いていますので、よかったら読んで下さい。

時代の最先端を疾走しましたが、急性肺炎で58歳でこの世を去りました。それまでの日本女性の美しさから、クールで強くミステリアスな女性の美を創造した功績は大きいと、改めて思いました。

※紹介したばかりの「山口小夜子 未来を着る人」(河出書房新社/新刊2916円)は、売切れました。

「子どもは望まなかった。全てを手に入れるのは無理だとわかっていたから、キャリアと旅を選んだ」

と余裕綽々で話すのは、多くの有名デザイナーたちからリスペクトされ、今なおNYのカルチャーシーンに影響を与える、94歳のアイリス・アプフェルです。50年代からインテリアデザイナーとして活躍、夫と設立したテキスタイル会社が大成功をおさめた彼女の現在のNYの日々を追いかけたドキュメンタリー映画「アイリス・アプフェル」をレンタルDVDでみました。

元気のでる映画です。膨大な服のコレクションや、高価なものからチープなものまで彼女の審美眼で集めた雑貨、アクセサリーの山に囲まれて生きる姿をカメラは追いかけます。ただ大金持ちのコレクションを披露するだけの映画ではありません。

「永遠に所有なんて出来ないわ」と競売に出したり、寄贈したりしていて、モノを独占するという考えは毛頭ないみたいです。そして、ブランドに固執なんて全くしていません。ようは、「人の目を気にするのではなく、自分のために着るの」と、素晴らしくカラフルな服に袖を通します。いやぁ、お見事なコーディネート! センスがいいな〜、それに彼女の歳を重ねた顔もステキだな〜、と思っていたら、こんなことを言います。

「自分を美人だと想ったことは一度もない。私みたいな女は努力して魅力を身につけるの」

多くの本を読み、人に会い、愛し、色々な体験が積み重なった結果、内から輝く魅力を獲得していったのです。歴史も経済も社会も、その時々のファッションに関わっているのです。

この映画が描いているのは、既存の価値観に左右されず、己の感性を信じて世間と向き合ってきた、この希有な女性の生き方であり、長い人生経験から生み出された言葉です。現代の賢者の言葉を聞く映画だといってもいいかもしれませんね。

賢者は、冒頭で書いた台詞の後にこう続けます。

「人生にすべては無理。何かをあきらめなくちゃ」と。

だから子どもを持たなかった。昨今の何でもかも手に入れなくちゃ幸せになれないみたいな風潮に毒されないためにもご覧になっていただきたい映画です。(DVDレンタル中です)

 

★お知らせ

今週週末の19日(土)開催の「天神さんで一箱古本市」は会場が変更になりました。長岡天神から開田自治会館に変更になりました。最寄り駅は阪急長岡天神とJR長岡京です。詳しくはこのアドレスにアクセスして下さい

 

日本人ファッションモデルとして、初めてパリコレに出た山口小夜子(1949年ー2007年)のドキュメント映画「氷の花火」を観ました。

「遺品に深呼吸させよう」という台詞で映画は幕を開けます。

山口の死後、大事に保存されていた品々。生前、彼女が着ていた服やアクセサリーを、スタッフが並べていく作業を、この台詞にこめているのです。

71年、モデルとしてデビューし、高田賢三や山本寛斎のショーで頭角を表し、72年パリコレクションに初めてアジア系モデルとして起用され、ヨーロッパで大人気となります。翌年、資生堂の専属モデルとなり、その後、同社のCMに登場。あの頃は、資生堂=山口小夜子というイメージでした。

身長はヨーロッパのモデルに較べれば低いのですが、舞台に登場するや堂々たる風格が漂っています。山本寛斎は、彼女との関係を「ミューズだった」と語りました。日本人として誰も挑戦したことのないパリコレでスポットを浴び、トップモデルとして君臨するという前人未到のことを成し遂げました。しかしそこからさらに、山口小夜子は表現者としての自分の技術を磨いていきます。

ダンスパフォーマンスの世界に挑み、様々な表現力を身につけていきます。20年程前、京都の舞台で、勅使河原三郎とのコラボレーションを観たことがあります。真っ黒な服装で舞台を歩く彼女の神秘性は、忘れられません。

50代を越えてから、また新しい表現への興味が広がっていきます。

クラブカルチャーへの接近、若手ミュージシャン、DJとのコラボ等々。この感性の柔らかさ、は凄い!しかし、2007年、58歳の若さで、ふっとこの世から消えます。彼女の遺品の中には、安部公房、川端康成、寺山修司などの本、ゴダール等ヌーベルバーグ派の映画ビデオが沢山ありました。常に新しい刺激を取り込むことを怠ることなく、自らを高める姿は、ストイックでさえあります。

映画の本題からは逸脱しますが、彼女をリスペクトする若手写真家、デザイナー達が最後に登場します。彼らのその中性的佇まいと、男臭さが皆無の清潔感が、とても心地よく感じられました。こういう人達が、政治や経済に分野にどんどん出てくれば、この国は、もうちょっとマシになりそうなんですが…….。

★「氷の花火」は6月3日まで京都シネマにて上映中です

 

◉レティシア書房休業のお知らせ  勝手ながら6月6日(月)7日(火)休業いたします。

 

出版されていたのは知っていましたが、実物を初めて見ました。山口小夜子著「小夜子の魅力学」(文化出版局4000円)です。

山口小夜子。1949年生まれの国際的モデルです。71年プロとしてデビュー、72年に、パリコレコレションに日本人初として起用され、おかっぱ頭の切れ長の目はヨーロッパで大人気を呼びました。73年に資生堂専属モデルとして、多くのCMに登場しました。

若手モデルが、欧米のファッションショーにドンドン出られる時代と違い、この業界では後進国だった日本から、ヨーロッパのファッションビジネスに飛び込んでいった先駆者でした。現在ファッション先進国となった日本で、道を切り開いた一人といて記憶されるべき女性です。

その彼女が、モデルとしての生き方、ビューティケア、自分の人生のことを語ったのがこの本です。今なら、こんなモデルのおビューティ本なんて、どこにでもありますが、多分、これが最初ではなかったのでしょうか。ショーの舞台での動きを、世阿弥の「花伝書」の中に求めたりと内容も濃い一冊です。

彼女は後年、ダンスとパフォーマンスをクロスオーバーした舞台に情熱を注ぎました。もう、かなり前ですが、勅使河原宏演出の舞台に登場した彼女を観たことがあります。思っていたより大柄で、神秘的な表情、スラリと伸びた長い手足、そして吸い込まれるような瞳が魅力的でした。残念ながら2007年7月急性肺炎でこの世を去りました。

ファッションと言えば、金井美恵子が60年代の婦人雑誌「ミセス」を様々な角度から取り上げたエッセイ集「昔のミセス」(幻戯書房800円)も、素敵な文章と当時の雑誌「ミセス」の写真のセンスの良さがマッチした本として手に取っていただきたい一冊です。

 

 

Tagged with:
 

新しい豊かさを模索することをテーマに掲げたミニプレス「shuku shuku」の2号(800円)が入荷しました。テーマは「いい服」。

部屋を片付けたとき、いらない服を前にして思う事をこう書いてあります。

「山積みになったいらない服を友達にあげたり、フリマで売ったり、やむなく捨てたりしながら、心に湧いて来るこの疑問……..」

「いい服ってなんだろう」

そこから、この雑誌は3人のデザイナーと2人のセレクトショップオーナーに話を聴き、服について深く考えることを始めます。「記号」としてのファッション(消費材としてのファッション)ではなく、服を着ることを生きることの一部として展開するブランドオーナーや、陶器のボタンを使用したシャツを作るショップオーナーの話など、いわゆるファション雑誌とは、全く違った視点で「服」を捉えていきます。

後半で、哲学者、國分功一朗の「浪費としてのファッションは可能か」という刺激的な論考もあります。「衣服哲学」という初めて聴く言葉が登場して「浪費」と「消費」の差異を教えてもらいました。

1号では、誌面作りに未熟な部分もあって、それが初々しく感じたのですが、2号になると写真の配置や、全体のレイアウトも格段にスマートになって読みやすくなっています。スマートになったからと言って、もちろん内容が薄められたわけではありません。

ファッション関連の本では、山田登世子「モードの帝国」(筑摩書房1400円)、海野弘「ココ・シャネルの星座」(中公文庫200円)、秦早穂子「シャネル20世紀のスタイル」(文化出版局1200円)、ソニア・リキエル「裸で生きたい」(文化出版局600円)等、少数ですが置いています。

 

 

Tagged with: