北海道江別市のフェルト作家、澤口弘子さんの「風展・2014・いつもひつじと」が始まりました。

澤口さんは北海道を中心に精力的にグループ展、個展をされていて、京都では二回目になります。

大胆な色使いのストール・ショール・ベスト・帽子などがいっぱい並びました。書房内は一気に深秋の気配が漂っています。

フェルトというと、四角い均一的な布(紙みたいに切り口がきれいな)を思い浮かべられる方も多いと思いますが、羊の毛を刈って、その羊毛から縮毛して作るフェルトの美しさは格別です。そして、軽い。澤口さんの作品を前にすると、この軽くて暖かなひつじの布を、ぜひ一度手に取っていただきたいと思います。

旅に出る時に、暖かいストールは旅のお供、肌に一番近いシェルターと言う人さえいます。薄手のものは首にも卷けるし、もちろん膝掛けにもなります。寒い夜羽織って眠ることもできるでしょう。染めもオリジナルで、時間をかけてつくり上げた個性的なストールは、いまどきの「フリース何百円」のものに慣れてしまうと高価なものかもしれません。しかし、何年も、時には次の世代にも受け渡せるほど長く付き合える布は、やはり魅力的です。

今回は、美しい手染めの糸が沢山あります。壁一面の糸はなかなかのみものです。一足はやい冬の訪れを楽しんで、ご覧ください。(女房)

☆澤口弘子「風展2014・いつもひつじと」は11月4日〜16日(日)まで

一足早いといえば、クリスマスのCDがたくさん入りました。定番ものから、おシャレな企画物まで揃っています。また、兵庫県の作家さんによるリースも入荷していますので、一緒にご覧下さい

 

Tagged with:
 

本日より、釧路湿原の端っこにポツンと建っている宿「なかまの家」の暮らし展が始まりました。

「なかまの家」と言いますが、「仲間」の家ではなく(あ、もちろんそれもきっとかけてありますが)名嘉真さんというご一家が経営されている旅人宿。25年前、牛舎を自分の手でコツコツと直し、周りの環境を一つ一つ整えながら始められました。そういうご家族の手づくりグッズと、写真を並べて、自然とともに暮らしている様子を見て頂く展示となりました。

十数年前、初めてこの宿にお邪魔してから、その居心地の良さと、暖かいお人柄に魅了されてしまい、北海道を訪れる度にお世話になりました。一昨年、当書房開店の折、ミセス名嘉真がちょうど京都に滞在中で、なんと引越しの手伝いをしっかり頼んでしまった、というエピソードあり。というわけで今回こうして並べてもらえるのが、心底嬉しいです。

長らくご夫婦で切り盛りしてきたこの宿に、(なかまの家通信によると)2012年から娘さんが返り咲きしました。それからというものホームページの開設、充実したブログ、と飛躍的な進歩をし続けている注目宿!?です。ブログが面白いので、これを京都の街のど真ん中に展示したい、と思ったのが今回の企画です。よくぞ乗ってくれました。なかまの家スタッフご一同様お疲れさまでした。

それぞれが個性的で特技をお持ちなので、手づくり市のように、たくさんのグッズを送ってきてもらいました。ミスター名嘉真は、罠猟で仕留めた鹿の角から、イヤリング・ピアス・ボタン・キーホルダーなど。ミセス名嘉真はフェルト作家で、ルームシューズ・帽子・キーホルダー・髪ゴム・ポーチ等々、力作揃い。名嘉真娘は、元編集者。さすがに写真も文章もお上手で今回の壁面展示すべては、彼女の作品です。(女房)

 

 

Tagged with:
 

1昨年、釧路湿原の「なかまの家」で、Mrs.なかまの手づくりのフェルトの上履きを買いました。その年の冬から、寒い間ずーっと履いて履いて、とうとう真ん中から割れるように破れてしまいました。

きっと頼んだら快く直してくれるとは思ったのですが、ふと、思い出しました。フェルトを直すのにニードルとスポンジみたいな物を買ったことを。

北海道の弟のところで、義妹(彼女は羊毛で色々作れるヒトなのです)が、破れたフェルトの小物を直してくれました。その時、固めのスポンジみたいなものを台にして、修理する物をその上に置き、フェルトを薄く延ばして破れたところにかぶせ、ニードルと呼ぶ千枚通しのような針でコツコツ刺していくと、破れ口が塞がりました。

これは、便利!と、デパートの手芸売り場に行き、15センチ角くらいのスポンジ(のようなもの)と、ニードルと、10色ほどの羊毛がセットになったものをゲット。そのまま、手つかずで(忘れて)しまっておりました。

そうそう!あれあれ!

で、思い出しながら、コツコツ修理しました。

少し時間はかかりましたが、うまくいきました!(猫のベベがちょっかい出して困りました)

それにしても、つくづくフェルトで何かものを作るのは時間がかかるもんだ、と思いましたね。

ギャラリーのフェルト展をみながら、作家さんの技量と根気に改めて脱帽です。(女房)

 

●なお、ギャラリ−の「 荒木敏子フェルト展」は本日限りです。

Tagged with:
 

15日より、フェルト作家、荒木敏子さんの「FELTED WORKS」展が始まりました(27日まで)。荒木さんには展示会前日の雨の中、作品持って、電車乗り継いで搬入に来て頂きました。肌寒い一日でしたが、作品を全部展示した後、感じたのは「あ、春がきた」ですね。

店内にはストール、ベレー(リバーシブル仕様)、コサージュ、ピアス、ペンダント等40数点が並んでいます。寒い冬を少しでも暖かくしそうな温かい色使いのものが多く、店内の空調の風があたって、ふゎ〜と揺れているのを見ていると、何だか春風を運んできてくれそうです。私のお気に入りは、このブルーを基調にしたストールです。一見すると、赤を基調としたスカーフに比べれば、暖かさがないように見えますが、すっ〜と心の中に入ってきてホットさせる不思議な魅力を持っていて、壁に掛けておくだけでも、部屋が落ち着きそうです。

ペンダント、アクセサリーに使用されている丸いフェルト玉は、美味しいワインを作るブドウの実を思わせます。熟したブドウをイメージさせるような中に、一点奇麗な緑色の、小さなフェルト玉が目を引きます。春になって、大きく成長してゆく新しい実という感じです。やはり、春ですね。

作家が丹念に、時間を掛けて産み出した作品は、どれも生きています。作家の手元を離れて自分たちの生を楽しんでいます。この作品達を身につけて、北風真っ正面の鴨川沿いを歩いてみたくなるかも。

Tagged with:
 

 

20日の店主のブログでご紹介しておりますように、ただ今「羊・フェルト・風」展を開催中です。初日、北海道江別市から来て下さったフェルト作家の澤口弘子さんが、うれしいことに一日中在廊でした。

 

彼女は3月に京都文化博物館で行われた「羊パレット」(羊毛を主軸とした公募展)に出展されていました。出展者のうち何人かの作家さんに、レティシア書房で個展をしていただけませんか?とお願いした中で、快くお引き受け頂いた方のおひとりです。「羊パレット」を開いたスピナッツの本出さんも、初日に駆けつけてくださいました。

 

30年ぶり、新婚旅行以来の京都だということでしたが、月曜日に来て水曜日には帰るという強行スケジュールでした。でも、初日のお客様の隙間をぬって、四条のギャラリーギャラリーへ作品展を見に行ったり、レティシア書房の近く、寺町通りを散策したりと、短い滞在を精力的に楽しんでおられました。

 

北海道の茶路めん羊牧場とは羊毛の関係でお付き合い頂いているようで、牧場からもスゴイ作家さんだよ、ということは聞いていました。

初めてお会いした方のようには思えず、散策にご一緒しながら随分親しく楽しくおしゃべりいたしました。私は、フェルトの技術については門外漢ですが、並べられた作品はどれも軽く暖かく美しいものです。

 

北海道のご自宅に帰宅後、すぐメールを頂きました。「江別はみぞれまじりの雪が降り、長い冬の始まりです。暖かかった京都が懐かしい(笑)」と書かれています。その寒い冬もフェルトのベストがあれば、あとはコートを着れば大丈夫!と、ご本人から聞いたことを思い出し、ギャラリーの作品を眺めながら、遠く離れた北の風景を想像しています。(女房)

 

 

 

 

Tagged with:
 

本日より、北海道江別市(札幌のお隣だそうです)の「Simple風」主催の澤口弘子さんの、フェルト作品展が始まりました。男子禁制です。(嘘ですが)

古本屋があっという間にブティックに変身しました。暖かそうな手袋、ショール、ベストそして帽子等の作品がズラリ並んでいます。私は帽子が気に入りました。しかし、冠れません。これ、着こなせる男性いたら凄いです!!。写真取ってブログに載せます。お店に飾ってある作品は、すべて手に取って、着ていただいても構いません。これ、可愛い、あれも、となると男子はきっと無理です。いや、その輪に堂々と参加出来る男子いたら、男の中の男ですね。蛇足ながら、女子会にふわぁ〜と参加できて、ニコニコできる力のある男子こそこの国の首相になって欲しいもんですね。消費の半分を引っ張ってる女性のことわかんなさそうな爺さんじゃね。

ご来店された方同士で、似合うわね〜と褒めちぎり大会していただきたいものです。実はもう、なってますが…………。

フェルト作品と一緒に、同じく北海道白糠の茶路めん羊牧場のサフォーク靴下や、羊油せっけん「サボーの丘」も販売中です。ハッキリ言っておきます。高いです。しかし、けれど、but、使用感は最高です。靴下は、私も愛用しております。三足某の靴下ではこんな暖かさは期待できません。身体全体が暖まってきます。石鹸は、羊油から作られた国内初の化粧石けんです。合成の香料、着色料、防腐剤は一切使用していません。お肌の弱い方をはじめ、少なからず愛好者がおられます。牧場の愛らしい羊フォトも販売中です。

さらに、北海道発の雑誌「カイ」の羊特集号やら、北海道紹介マガジン「スロウ」(バックナンバーも在庫しています)果ては立松和平の写真集「釧路湿原」まで揃えております。以前、安藤誠さんの「安藤塾」に来られて、彼の話にすっかり魅了された貴女!なら絶対に来るべき展示会です。北の大地の暖かさにほっこりして下さい。

ご注意ー入店された時に、ぷう〜んと動物の臭いがするかもしれませんが、これが羊の匂いです。一度その匂いに魅入られるともうたまらん!!

こういう企画の時って、ライ・クーダーやボビー・チャールズ、レア・カンケル等のシンガー&ソングライター系のシンプルなサウンドって似合います。さらに北の大地気分を盛り上げてくれます。

Tagged with:
 

 

手に乗る程の小さな羊毛から、こんな大きな作品に仕上げるまでに、何を思いながら手を動かしていくのだろう。

最初の縮絨から始まる遠い旅。想像してもわからない。

一つ一つ手の先から生まれていくものたち。

増殖し、ちぎれ、またくっつきながら、まだまだ先の見えないどこかへ向かって作られて行く。

 

ギャラリーの壁に貼り付いたフェルト作品を見ていると、勝田さんにとって、生きることと、作ることが同じなのだ、思いました。

2011年、出産を経験し、しばらくは製作をするのも難しいと思っていたらしいのですが、今年3月「羊パレット」の出展が縁で、お母さんになって初めての個展会場に、小さな本屋を選んでくれました。

初日「羊パレット」の主催者スピンハウスのポンタさんが来て下さり、「スゴックいいよ!!迷いがなくなった感じがする。」と勝田さんに話しておられました。

新しい出発になるかもしれない場に立ち会えて、幸せです。小さなギャラリースペースではありますが、ここで毎日作品を眺めていると、力をもらえるのです。明日につながる力とでもいえばいいでしょうか。

 

どうぞ、素敵なフェルトに会いにきてください。力が湧きますよ、きっと。(女房)

Tagged with:
 

可愛さだけでフェルト作品を想像すると、大火傷しますよ、この展示会は。

本日より、勝田真由「フェルト造形展」が始まりました。写真をご覧くだされば、わかりますが、もうストレート、直球勝負のフェルト展です。アメーバか、異星人か、まるで今にも動き出しそうです。目の前に立っていると、ガブリとやられそうな迫力です。フェルト作品=可愛いなんて思い込みは、一瞬にして吹っ飛びます。もちろん、小物のブローチには、可愛いものもありますが、「凄い」というのが、最初に来られた方の感想です。フリージャズや、ノイズ系のアバンギャルドロックをガンガンかけたい気分です。

初めて「エイリアン」のギーガーの原画を観た時のような驚きがここにはあります。18日まで展示、販売していますのでぜひお立ち寄りください。ブローチは1000円から、トレーは1800円から販売しています。もちろん大きな作品も販売します。お部屋に飾って、日々成長してゆくフェルトを眺めるというのは?最初ちょっと距離をおきそうですが、何故かこれに巻かれて眠りたいという欲望が出て来るところが不思議ですね。

フェルト展開始に伴い、絵本の棚が、ギャラリーサイドの平台に移動しました。チェコ絵本も同時に移動しました。人気の「ダーシェンカ」シリーズも2冊ございます。お早めににどうぞ。チェコ絵本の内容は近々詳細をアップいたしますが、内容をお知りになりたい方は、お気軽にお電話、メール下さい。

 

Tagged with: