イラストレーターで漫画家だったフジモトマサルが、47歳の若さで亡くなって約2年。彼の本に、「聖なる怠け者の冒険 挿絵集」(朝日新聞社900円)があります。これは森見登美彦の新聞連載小説「聖なる怠け者の冒険」に発表された挿絵を一冊のまとめて、その絵ごとに、森見とフジモト両氏の楽しいおしゃべりのようなコメントを載せたものです。

学生時代を京都で過ごした森見は、舞台を京都に設定しているようです。小説の本文がない分、物語を想像してみていくと、フジモトの画もなんだかおとぎ話風で面白いのです。四条烏丸付近とか、四条大橋西詰めの交番、或は廃校になった立誠小学校とか、京都の人ならお馴染みの場所が、独特のフジモトタッチで描かれています。

こんな店あるねえ、と思わせるのが「蕎麦処 六角」。フジモトのコメントはこうです。

「これは実在しない架空の蕎麦屋さん。しかし設定上の高倉通りにあってもおかしくないような、それらしい店構えを考えて描きました。」

レティシア書房の前を南北に走るのが高倉通りなのですが、側にぜひあって欲しい蕎麦屋です。

四条大橋にある有名な「レストラン菊水」屋上から見る繁華街のネオンがあり、ひっそり佇む柳小路の八兵衛明神とかあんまり知らない場所も登場します。異次元にある京都をフラリ、フラリと歩いた不思議な気分になります。

さて、もう一冊ご紹介するは、「この世界の片隅で」が大人気のこうの史代の「日の鳥」(日本文芸舎650円)です。妻を探して東北を旅するニワトリの眼を通して、東北の今を描いてあります。

ニワトリは震災後5ヶ月、9ヶ月、そして1年、1年半、2年と旅を続けますが、何故、ニワトリが妻を探して東北を旅するのか?ということはさておき、巧みなデッサン力で、震災後の東北の姿が描かれていきます。震災の爪痕はもちろん描かれていますが、東北の様々な景色を丹念にスケッチした画集と呼びたい一冊です。

「この世界の片隅で」は、何気ない日常の風景の中に忍び込んでくる戦争の恐怖を浮かび上がらせていましたが、その作風は「日の鳥」でも見ることができます。何気ない街や自然の姿の中に、破壊の爪痕が垣間見えます。誰もいない風景が、生活の場を奪われた人々の悲しさを表現しています。そのままリアルに写し取った現場の写真以上に、もしかするとインパクトがあるかもしれません。

 

 

 

 

★レティシア書房臨時休業のお知らせ 4月17日(月)18日(火)連休いたします。


「女子の古本市」では、絵本専門店も参加されていることもあり、夏の古本市に比べて多くの絵本が出ています。大人向け、子ども向け様々な絵本の中から数点ご紹介いたします。

「雪のひとひら」で我が国でも知られるポール・ギャリコの文章に、アンジェラ・バレットが絵を描いた「スノーグース」(あすなろ書房600円)は、第二次世界大戦中のイギリスの人気のない海岸に住む青年画家と傷ついたスノーグースを抱えてきた少女のお話です。静謐で、孤独な影に満ちたタッチの絵にギャリコのストーリーがピッタリなのですが、戦争がすべてをぶち壊すラストは辛い…..。

「走れウサギ」、「カップルズ」等の小説でファンも多い作家ジョン・アップダイクが12ヶ月を詩で表現し、長田弘が翻訳した「十月はハロウィーンの月」(みすず書房600円)は詩と絵(ナンシー・エクホート・バーカート)のコラボによる不思議な絵本です。2月の詩は「ちょき ちょき ハサミの音がする ハートのかたちを 紙から みんなが 切りぬいているのだ ヴァレンタイン・ディのために」で終ります。それぞれの月に登場する子どもたちの絵がステキです。6月の「太陽がいっぱい。よろこびもいっぱい。金の時間に 銀の日々。」の詩には、海辺で遊ぶ少年と少女が描かれていますが、開放感のあるページで、初夏の太陽の眩しさがいっぱい

一度は読んだことのある船乗りシンドバッドの物語は、ペルシャやアラビアの古いお話を集めた「千一夜物語」の一部分ですが、ルドミラ・ゼーマンが絵本にしたのは「シンドバッドのさいごの航海」(岩波書店700円)。この本は先ず、その細密な絵を楽しんでいただきたい絵本です。象の表情なんか実に見事です。ルドミラ・ゼーマンはチェコ出身の絵本作家で、シンドバッドの奇想天外なお話を三冊の絵本にしています。後、二冊も探してみたくなりました。

谷川俊太郎が翻訳した本は二冊出ています。マーガレット・ワイズ・ブラウン(作)、レナード・ワイスガード(絵)のコンビによる「しずかでにぎやかなほん」(童話館出版500円)と「あかいひかり みどりのひかり」(童話館出版500円)です。どちらも、色使いとデザインがかっこいいのですが、特に「しずかでにぎやかなほん」の画面のモダンな感覚は上手いと思いました。谷川の翻訳も自由奔放な構成で絵本に溶け込んでいます。

最後に絵本ではないですが、一点。数年前になくなったイラストレーター、フジモトマサルが表紙の絵を書いている「創作市場研究所01羊のスケッチ」(マリア書房700円)は羊毛やフェルトに関心のある方のために編集された本ですが、フジモトファンは見逃せない一冊です。

「女子の古本市」は19日(日)まで。最終日は18時で閉店いたします。 

 

フジモトマサル。2000年初頭だったと記憶していますが、ケッタイナなコミックか、画集と言うべきか、はたまた都会派小説と言うべきか、わからん本に出会ました。それが彼の「ウール100%」(文化出版局650円)でした。

一匹の羊が、フツーに大都会に暮らすお話です。日々、満員電車にゆられ、会社ではPCとにらめっこして、ささやかな楽しみを暮らしに見つけて喜ぶ、ただそれだけの繰り返しの本です。よくある動物を擬人化した癒し系の本?と思われるかもしれませんが、ちょっとちがうんですね、これが。主人公は女性の羊で、仲のいい職場の女友だちや、羊友だちも沢山います。その、ちょっとおとぼけ気味の会話と、ウール100%の彼女の風体が醸し出す感じが、息を深く吸ってすっ〜とはいた後の気持ちよさに似ています。

詩人、長田弘は「深呼吸の必要」(晶文社700円)で「ときには、木々の光りを浴びて言葉を深呼吸することが必要だ」と述べています。それにならえば、ときにはウールのやさしさを吸い込むことも必要だ、というところでしょうか。この主人公が猫でもなく、犬でもなく羊であることがポイントですね。

なんともユーモラスで、おっとりしていている羊に着目したフジモトマサルはさすがです。彼は、この作品でブレイクし2004年「ウール101%」(文化出版局650円)を出版しました。その後「二週間目の休暇」(講談社850円)では一人暮らしの女性と擬人化された鳥たちが住む小さな町を舞台に、物語を描いています。この中で、フクロウの親父が営む古本屋が登場します。そこで、彼女が買う本が「給水塔占い」という不思議な本です。こんな風に読者を素敵な迷路に誘い込んでいきます。

この迷路感覚は、数年前に出た初の画文集「終電車ならとっくに行ってしまった」(新潮社950円)ではさらに深くなっていきます。本の帯に森見登美彦が「可愛さの底にあるヒヤリとするもの」と指摘していますが、同感です。

色々揃えて、展示中ですが、新刊書じゃないんで、一冊づつの在庫です。早い物勝ち!

Tagged with: