面白い企画で映画ファンに人気のあった立誠シネマ。劇場があったのは、明治に設立された元小学校でしたが、すべて取り壊されて新施設が建築中です。

そんな中、一足早くオープンしたのが立誠図書館です。2018年4月に開館し、600冊程の本を所蔵しています。小学校で使用していた調度品を取り入れた図書館内には、TRAVELING COFFEEを併設しています。

この立誠図書館が、「人・本・地域をつなぐPage3」というフリーペーパーを発行しました。創刊号では、最近イラスト集「UKIYO」(玄光社/新刊2700円発売中)を出版した慈船山端泉寺住職の中川学さんと、同図書館の岡見館長(お二人とも立誠小学校卒業生)が巻頭対談をしています。立誠小学校って京都市の小学校で初めてプールを持ったところなんですね。木屋町という京都の歓楽街の真ん中に図書館がある構図は、なかなか面白いものです。

同図書館の企画を担当しているのは、ブックディレクターの幅允孝さん。以前ブログで幅さんの「本なんて読まなくていいのだけれど、読んでみるのもいい」を紹介したことがありますが、「京都歩き」「食べる」「立誠小学校DNA」という三つのテーマに沿って選書されています。2020年に完成する複合施設内にオープンするライブラリーに先駆けて開館して、規模も小さく蔵書もこれからですが、幅さんのセレクションは、ユニークできっと面白いはず。

創刊号、最新号共に、館長やスタッフの推薦する本が6点並んでいます。岡見館長のおすすめは「京都映画図絵 日本映画は京都から始まった」という本です。1896年、初めて我が国で映画が上映されたのが、同小学校の一角だったのだそうです。また、映画監督の故大島渚が文章を書き、絵本作家伊藤秀雄が絵を描いた「タケノコごはん」は、監督の子ども時代の思い出を描いた絵本。幅さんが選書した「食べる」本棚からチョイスされた、高土実「ママ、なぜ野菜を食べなきゃいけないの?」と、田辺聖子「おいしいものと恋の話」など、興味深い棚構成になっているみたいです。

一世帯当りの珈琲消費量日本一の、京都の魅力的な珈琲ショップも紹介されています。TRAVELING COFFEEでは、月替りで市内の焙煎所のシングルオリジナルコーヒーを提供中です。図書館帰りに寄ってみたいところです。尚このフリーペーパーは離月刊で発行される予定です。店には2号を20部程在庫しています。

 

一方、京都の様々なジャンルの職人さんを 紹介しているフリーペーパー「想いのしおり」も、19号になりました。

今回は家具職人を取材した「真摯に木と向き合う家具職人」というタイトルで、京都府亀岡市に、”YOSIDA _WOOD_STUDIO”を構える吉田欣司さんが登場します。実家は大阪箕面市で、三代続く造園業を営まれていて、昔から木と緑が大好きだったそうです。現在、無垢のオリジナル家具と、建築関係の造作家具を製作されています。ご興味のある方はHPアドレスが掲載されていますので、ご覧下さい。

高知県が出している「とさぶし24号」も入っています。今回の特集は土佐和紙の特集です。まだ若干在庫がありますので、お早めにどうぞ。

 

毎回、斬新な切り口で海外文学を、その訳者が紹介するフリーペーパー「BOOKMARK」最新号が入荷しました。今回の特集は「音楽と本」です。音楽が深く関わる作品が17点セレクトされています。音楽は、クラシック、ジャズ、ロック、ポップス等様々ですが、その個性的なチョイスに読書心がそそられます。

巻頭を飾るのは村上春樹。自分が翻訳に携わったジェフ・ダイヤーの「バット・ビューティフル」について書いています。この本は、ジャズの巨人たちの歴史をドキュメントしながら、そこに著者が作り出した物語を絡めてゆくという斬新な短篇集です。この手法を春樹は大いに参考になったと書き、「行間から音楽が溢れてくるような本です」と締めくくっています。

カズオ・イシグロの唯一の短篇集「夜想曲集」も取り上げられています。紹介した土屋雅雄が「副題の『音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』とあるように音楽と夕暮がテーマだが、味わいはなかなかシュールである」と述べています。個人的に唯一読んだイシグロ作品ですが、どこへ連れてゆかれるのかわからない雰囲気が面白い作品集です。

スティーブン・キングがロック好きとは知りませんでした。「いかしたバンドのいる街で」という作品が取り上げられています。豪華絢爛たるメンバーが総出演するロックフェスが永遠に続く街「ロックンロールヘブン」を、ホラー作家らしい手法で描いています。

私も読んで、これはお薦めしたいと思ったのが、T・E・カーハートの「パリ左岸のピアノ工房」です。人気のない裏通りにあるピアノ修理屋。なんか、入りにくそうな雰囲気なのですが、思いきってそこに飛び込んだ主人公の前に登場するのは、ピアノを生き物のように扱う職人と、この楽器に深い愛情を持つ人達です。メインストーリーと平行して、ピアノにまつわる歴史なども語られていき、理解が深まる一冊です。

大概のジャンルの音楽は聴くのですが、苦手なのがブルーグラスです。アメリカの伝的音楽なのですが、退屈、単調、一曲でもう結構、という感じです。S・M・ハリス「ブラックリバー」は、ブルーグラスで使われる、フィドルという楽器を小道具にした本です。刑務官として刑務所で働きながら、バンドを組んで収穫祭のステージに立つ、フィドル奏者の物語。「過酷な人生に真摯に向き合う男の物語には、凛として美しく、どこか物悲しいフィドルの音色が似合う」とは、この本を紹介した高山祥子さんの言葉。こう書かれてると読んでみたくなりますね。

という具合に、どの本も面白そうですが、フリーペーペーパーなので早いもの勝ち。今回はなんせ村上春樹が原稿書いてますから…….。