左京区の個性派書店ホホホ座が出版した「焙煎家案内帖 京都編・一」(1000円)を、山下店長自らお届けいただきました。

ページを開けると、「焙煎」「焙煎の方法」「焙煎の度合い」等々、焙煎コーヒーに関する基本的用語の解説が載っています。知ってる人も、知らない人もここを読んでから紹介されているお店に進みましょう。

「京都編・一」で取り上げられているのは、六曜社、swiss coffee plants、ガルーダコーヒー、Hifi Cafe、Windyの五件の店主さん達です。当店のお客様で、いつもレコードを買っていただいているHifi Cafeオーナー吉川孝志さんが登場!Hifi Cafeは、当店から歩いて十数分の所にあり、民家そのままをカフェにしてオーナーの趣味で集められたレコードが整然と並んでいるお店です。オーナーは、本当の深煎り豆の珈琲の味を求めて日夜研鑽されています。

「深く煎った珈琲っていうのは、酸っぱくない。酸味が飛んで苦みが増すんですけども、同時に甘味も増すんです。その苦みと甘味が拮抗して飲めるギリギリのところっていうのを目指すんですけど、それはある程度の濃度も必要なんです。それはペーパーでは落とせなくて、ネルでゆっくり落とさないといけない。」

職人さんの話を聞いている感じです。たかが珈琲、されど、その珈琲一杯に真剣勝負をしているオーナー達の姿が伝わってきます。ガルーダコーヒーのきたむらゆかりさんは、インタビューの最後でこう語っておられます。

「コーヒーは機会操作と化学変化が理解できれば誰でも焼ける。フライパンでも焼ける。だからこそ、誰がどんな思いで焼くかが大切なんじゃないですかね。」

「誰がどんな思いで」って、どんな商いでも、最も大切なことだと思います。

さて、コーヒーの香りの次は、ドーナツです。ドーナツの穴に関して、各界の気鋭の学者たちが論じる「失われたドーナツの穴を求めて」(さいはて社1944円)という本を入荷しました。ある種、オタクの極みの一冊ですが、いや立派です!

実際のドーナツ屋が登場して、ドーナツ屋に実情を語り、英国史の研究者がドーナツの歴史を紐解き、その一方で中国史の研究者が中国とドーナツの関係から東洋におけるドーナツの穴について論じ、果ては経済学者がドーナツの穴の経済的な価値を述べるという、もう四方八方に論考が飛んでゆくという内容です。

この本を作ろうと思い立った言語学者の芝垣亮介さんは、「ドーナツとドーナッツの違い」を検索したところ、画面に夥しい数の「ドーナツの穴」についての項目が出てきました。そこから、彼は「ドーナツの穴制作委員会」を立ち上げ、多くの学者をメンバーとして、不可思議な存在のドーナツの穴の解明に向かいます。その集大成がこの本です。

芝垣さんはこの本の目的を「今、そこにある謎を、今そこにある『知りたい』を探求する、その喜びと幸せを共有すること」だと書かれています。学問って、こういうところから発生するのかもしれません。

気合い十分の本書は、装幀にも力が入っています。本の右上にドーナツの穴らしきものがパンチされていて、本を貫いています。そして曰く「すべての穴はドーナツに通ず」。

知的好奇心の旺盛な人にはワクワクする本です。。

 

「かんしゃになろうよ。こころで」(発行ホホホ座1620円)は、1990年、大阪に生まれたダウン症の、佐藤春菜ちゃんの作品集です。

彼女は、生後2週間目にダウン症であることをつげられますが、小学校4年生の時から父親と交換日誌を始め、同じフレーズを毎日のように書きだします。77年、知的障害のある人達の「アトリエひこ」に参加します。2003年、かんでんコラボ・アート21審査特別賞受賞を皮切りに、詩集を発表しています。

ケント紙にマーカーで、ズラリと歌のタイトルを160個並べた作品を見ていると、この単語を描いている時の、彼女の想像力がどこまで飛翔しているのか、聞いてみたくなります。彼女の底知れない豊かさを垣間みた気がします。

「ドンドンドンドンドララララドララララみんなでもりあがっていくぞー。ドシャドシャドシャドンバドンバドンバとらペットとらペットらららとららら。」という踊るような文字を見ていると、身体がリズムを刻み踊りそうになってきます。思いのまま書いていく文字は、意味を超えて絵として面白い。右の写真は、「お買得品」と書いたセールの札に単語を書き並べ、貼ってあるユニークな作品。

東北の震災の後、「地震のひとへ」というタイトルで数多くの詩を綴って、なお現在進行形です。

「やまになろうよ。やまびこさん、おげんきですか。かわったかたちの石になろうよ。まんぞくになろうよ。みんなで、にんげんになろうよ。なつやすみをかんじでいこうよ。にんげんになって、げんきにいこう。からだに、しあわせをつくろう。」

彼女は今も「じしんのひと」のことを気にしています。コンピュータが変換して出て来た文字ではなく、個性いっぱいの彼女の文字で楽しんでもらいたいと思います。

裏表紙には、正方形の小さい紙に「OK」と書かれたものが散らばっています。自分は大丈夫とでも言い聞かせているようでもあり、こちらも元気づけてくれる作品です。

このステキで力強い本を発行したのは、ご存知ホホホ座さんです。山下店長がわざわざ配達してくれました。これからも、いろんな本を出されるはず。がんばって売りますよ、店長。

店の児童文学の棚の上に一枚の絵が飾ってあります。これ、阪急水無瀬駅近くの長谷川書店さんで得地直美さんの個展があった時に、購入した作品です。冬の街角をシンプルに描いた作品です。

得地直美さんは、富山県出身、京都精華大学卒業のイラストレーターです。書物への愛情の溢れた本作りでファンの多い「夏葉社』から出版されている「本屋会議」、「本屋図鑑」の装幀、イラストでご存知の方も多いはずです。

彼女の新作が夏葉社から出ました。モノクロ町画集「神保町」(1836円)です。本好きの聖地とも言える神保町の街角や、本屋さんを描いた作品集です。

上京して、印刷会社で働き始めた彼女は、印刷物を届けるために毎日、神保町へ歩いていきました。そして、その時間がとても好きになっていきます。

「ときどき垣間見える古本屋街の風景、そこに集まるいろんな人たち。私には何もかもが目新しく、神保町に行くと心躍った。」

と書かれています。古い佇まいの本屋さん、馴染み客が並ぶ食堂、店の前の均一箱で本を探す人、喫茶店で手に入れた本を読む人、等々、本と共に時間が流れるこの街の楽しさに満ちあふれた画集です。ヒョイと本の中に入って、本屋さん巡りが出来るような気になってきます。

えっ?と驚いたのは「室生犀星作品集全12冊 1000円」というプライスカードの付いた全集を描いた作品です。凄いな、1000円なんて!!

◉得地直美さんの個展を、年が明けてすぐ、2017年1月5日(木)〜15日(日)の期間、当店で開催します。ぜひ、お越し下さい。

 

★他店のイベントお知らせ

銀閣寺「古書善行堂」にて。11月13日(日)「古本屋ツアー・イン・ジャパン」の小山力也さんが来店されます(12時〜17時)。古本を巡るお話が出来そうです。何やら、特典も有りそう。詳しくは善行堂075−771−0061まで

浄土寺「ホホホ座」で開催中の「PANKICHI個展『本屋と女の共犯関係』」展には、PANKICHIさんが書いた本屋さんのイラストと物語が一緒になった作品展です。その本屋の中に当店も入れて頂きました。13日(日)まで開催です。

13日の日曜は、善行堂→ホホホ座→レティシア書房という本屋巡りで決まり(!?)ですね。

雑誌「ちゃぶ台」(1620円)発売です。全く広告が入っていません。だから、びっしりと読めます。創刊号の特集は「これからの生き方を考える移住×仕事」特集です。執筆陣を見て、読んでみたいと思われる方も多いはず。

内田樹、西村佳哲、益田ミリ、内澤旬子、佐藤ジュンコ、甲野善紀等々、当店でも人気の著者が並んでいます。そして、ページをめくると、編集部の気合い迸るこんな言葉が飛び込んできます。

「最初から最後まで読み通したくなる雑誌をめざしました。」

その言葉通り、面白い記事が並んでいます。

「移住」のキーワードで取り上げられているのは、最近、人口流出よりも流入が多い、瀬戸内海で三番目に大きい島、周防大島。ここで暮らす人々のことを、ミシマ社代表の三島邦弘さんがレポートします。

過疎に悩む島や地方では、様々な移住促進政策を行っていますが、そこには大きな落とし穴があります。これだけの人数は来てくれたという数至上主義的な考え方です。でも、この島にはそれがありません。数だけ揃えばそれでいいのかという問題ではありません。

その話を受けて、三島さんは数だけ揃えるという風潮にこう考えます

「女性の役員数を何割にしよう、といった話を聞くたび、違和感をおぼえていた。表面だけ繕っておけば、実体がともなっていなくてもOK。責められても、ちゃんとエクスクキューズするから。そんな浅はかさがすけすけだからだ。表面的数字が達成されようと、一人一人の幸福度が下がってしまっては本末転倒ではないか」

その通り!拍手、拍手!!

一人一人の幸福度を見つけようと、この島に渡ってきた若者達。彼等を前に内田樹先生が「街場の農業論」という講演をされました。もちろん収録されています。内田節炸裂のお話ですので、精読して下さい。

「世界屠殺紀行」、「身体のいいなり」等の著書内澤旬子さんも、小豆島に移住した一人だ。独身女性の移住はうまくいかないと回りから散々言われたみたいですが、なんと島には独身の女性移住者がとんでもなく多くいたことに驚く。暮らし優先の自然体の彼女たちの将来のことへの不安を感じながらも、見守る著者の視線に共感しました。

と、どんどん読み進めたくなる記事が満載。「ガケ書房」の山下店長達が立ち上げた企画編集グループ「ホホホ座」の対談「なのにあなたは京都にきたの?」もお薦めです。今回のお相手は、2013年に海外から制作拠点を京都に移した画家、下條ユリさん。「左京区女子」なんて言葉があったんですな。

付録「ちゃぶ台便り」も付いて元気に発売中です。「文藝春秋」に負けるな!