2012年、14年、17年に続き4回目となる澤口弘子さんの「風展・2019・いつもひつじと」が始まりました。澤口さんは、北海道でフェルト・ニット作家として活動されています。レティシア書房とは2012年開店時、京都文化博物館で開催された「羊パレット」に澤口さんが参加されたのを機会にずっとお付き合いいただいています。

手染めの毛糸は、毎回ファンの方が購入されていますが今年も美しいものが揃いました。二つと無い美しい色合いなので、私のようにガーター編みしかできない者にもユニークなマフラーを作ることができます。

フェルトのストールは軽くて暖かく、彼女のおおらかなデザインと優しい仕上がりは独特です。オーガンジーと羊毛の組み合わせなどもありますので、ぜひ手にとってみてください。無地の黒いセーターなどに合わせるだけで、とても素敵です。今回は、首を温める小さなサイズのマフラーもアイテムに加わりました。マフラー・ストールは、9900円〜26950円(税込)。

フェルト作品を毎回主に見てきたので、今回初めて展示した手編みのセーター(税込33000円)にもちょっとカンゲキ。ファストファッション全盛ですが、冬になればタンスから出して毎年愛おしむように着続けるセーターやストールを持つことも忘れたくはないし、長い目で見れば決して贅沢ではないと思うのです。

寒くなってきました。暖かい羊毛の作品展にお散歩のついでにもお立ち寄りいただけたら幸いです。(女房)

「風展・2019・いつもひつじと」は11月24日(日)まで 12:00〜20:00 月曜日定休

 

 

大阪の動物保護施設「ARK/アニマル・レフユージュ関西」が発行する2020年のカレンダー販売中です。

壁掛けタイプ(1000円)。机上タイプ(800円)があります。売上は、全てARKにお渡しいたします。当施設に保護されている動物たちのために使われます。

 

 

 

秋の深まってきたこの季節にぴったりの作品展「風展2017・いつもひつじと」が始まりました。

澤口弘子さんは北海道で活躍中の羊毛作家。2012年、京都文化博物館で行われた「羊パレット」という全国規模の展覧会に出品されていたご縁で、開店間もない小さな本屋で個展をして下さいました。2014年に続き、レティシア書房では今回で3回目になります。シルクの薄い生地と羊毛を組み合わせた独特のストールは、軽くて暖かで、とてもゴージャス。羽織ってみると、それだけで、特別な時間が流れるような気がします。色鮮やかな赤のストールとベレーを、店の入り口に飾って思わずため息をもらしました。ス・テ・キ!!

見ているだけで楽しいベレー帽もマフラーも、無地のセーターと組み合わせるだけでおしゃれ。今回は、いつものベレー帽に加えて、カジュアルな手編みの毛糸の帽子もたくさんあります。「寒い北海道でも、この軽いウールのベストをコートの下に着たらあったかいよ。」と、江別市在住の澤口さんお墨付きのベストも、4点出来上がりました。鏡を用意していますので、ゆっくりお試し下さい。

澤口さんの羊毛作品は、とても美しいので身につけると負けてしまうのではないかしら、と一見思うのですが、まとった人によって、表情が面白く変化して、その人らしくなるから不思議です。長年培ってきたセンスと技術は、さすがベテラン作家さんだと思います。

前回同様、手紡ぎの糸と原毛も届きました。どれも一点ものですので、手づくり作品の材料にぜひ活用して下さい。(女房)

 

 

澤口弘子「風2017・いつもひつじと」展は11月21日(火)〜12月3日(日)まで

12時〜20時 月曜定休日